« 卵のつかみ取り | トップページ | 優しい雪 »

2011年1月30日 (日)

知性より体力

Marasonn  同ブロックの先生に本を借りました。『頭のいいマラソン超入門』というものです。キャッチコピーは「マラソンは知性が5割!!」。つまり、残りの5割は体力ということでしょう。いろいろと書いてあるのですが、実際にマラソンを走るわけではないので、情報として有効なのはフォームのことです。僕は昔っから「ペンギン走り」と言われていました。多分ちょこちょこと走るのでしょう。自分では全くよく分からないのですが、子どもが先生の走り方のマネといって、ちょこちょこと走っていました。競歩のようです。

 ここに書かれてあったフォームのことで大切なことは『骨盤の真上に頭が乗っているように意識すること』『腕振りはひじを曲げて後ろに大きく引くことで、前4・後ろ6程度の割合』と。ということで、今日はこの2点を意識して走ることに。今回は家の周りコースです。しかし、今日はものすごい風です。常に向かい風です。雪もガンガン顔に当たります。非常に走りにくいです。途中途中で、頭の位置と腕の振りを意識します。意識はするのですが、それがきちんとできているのかはよく分かりません。知性が5割なのでしょうが、実際に走ると、しんどさがあまりにも上回って知性はあまり働きません。

 それでも19分3秒でゴールしました。今までの中では最高記録です。今月の初めに同じコースを走ったときには20分40秒だったので、知性よりも体力が少しついた気はします。

|

« 卵のつかみ取り | トップページ | 優しい雪 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 卵のつかみ取り | トップページ | 優しい雪 »