« 卑劣 | トップページ | エアーサロンパス »

2011年1月25日 (火)

くじらとり

Photo  上の娘がまた新たに星新一さんの本を借りてきてくれました。実によい子です。せっかくなので下の娘に読み聞かせていました。がしかし、下の娘は、まだ星新一さんの話のおもしろさにピンとこないようです。まあ、そんなものです。不憫なので、下の娘に「何か本、持っておいで」と。すると下の娘は子ども部屋から『いやいやえん』を持ってきました。

 その中から「くじらとり」の話を読みます。ぞうとらいおんまるに乗って、くじらをとりにいく話ですが、ちょくちょくおもしろい小ネタが交じっているのです。下の娘は多数決を取るときに両手を挙げる子がいて、1人で2人分手を挙げないように注意されるところが嵌ったらしく、爆笑していました。

 年相応の本を読むことは大切なことです。分からない世界の中では共感できませんしね。まあ、そのうち分からない世界も知らなくてはならなくはなるのですけどね。

|

« 卑劣 | トップページ | エアーサロンパス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

しげるくんですよね。この人は存在感のある子です。「ちこちゃん」に登場する彼は最高です。

投稿: パパ | 2011年1月27日 (木) 20時29分

「いやいやえん」私も小さい頃(おそらく、幼稚園か一年生の頃)
読んで、とても印象に残った話がありました。
男の子が、例のごとく、1人で好きな事をして
また、例のごとく、色々な出来事にまきこまれていくのですが(笑)
遠足(?)で山に出かけ鬼に遭遇するという
話ですが、今読み返すと対して怖くないのに…あのちょっと崩れた感のある、鬼の絵がひっかかってたのでしょうかsmile
同様な印象を持ってた本に「押し入れのぼうけん」
がありました。まあ、こちらは押し入れに入れられる。
という時点で怖いですがwink

投稿: とめ | 2011年1月25日 (火) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 卑劣 | トップページ | エアーサロンパス »