« 目の前の目標 | トップページ | 知性より体力 »

2011年1月29日 (土)

卵のつかみ取り

 家の近くのショッピングモールに買い物へ。インフルエンザが心配なので、開店直後のまだお客さんの少ないところに行きました。お米を買いに行ったのですが、お米を買うと卵のつかみ取りができるとのこと。卵のつかみ取りなんて、つかんだ卵を落としたりしたら、グチャグチャになってとんでもない状況になるって目に見えているのに。もしかしたらゆで卵なのかなぁ、なんて考えていたのですが、発想はもっとシンプルでした。箱の中に入っているゴルフボールを取った数だけ卵がもらえるとのこと。

 お米を買ったという証拠のレシートを見せると、そこにいらした方がどうぞと。すると何のためらいもなく下の娘が箱の中に手を突っ込んでしまいました。周りにいた人が、お父さんが手を入れた方がいいよと。まあ、手の大きさからすれば大人の方が良いに決まっています。ただ、僕が気になったのは、上の娘もそこにいたことです。お米を一袋しか買っていないので、チャンスは1回です。下の娘がやってしまえば、それで終わりになります。

 しかし、そこにいらっしゃった方は寛大でした。上の娘の存在が分かったら、「子どもだから2人で1人分でいいんじゃないの」って。ということで、上の娘も箱の中に手を入れることができることに。2人とも3つずつボールを取って、計6個でした。ということで、卵を6個いただきました。僕が1人でやってもボールは6つも取れません。粋な計らいです。

 こういう柔軟な対応って心が温かくなります。決まりきったルールであっさり「1人だけですよ」ってなってしまえば、他の人はできずに終わるわけです。もちろんそれがルールとして正しいのです。ただ、ある程度の融通を利かせるって、本当は大切なことでもあります。この融通のお陰で、心が温かくなりました。この融通がなかったら、姉妹のなかで、何で?というモヤモヤが生まれていたでしょう。

 その時々で融通の利く人間でありたいです。結局、それが心の広さなんだと思います。小さい心でいると、ゆとりがなくなります。最近、自分にゆとりがない感じがします。何だか、自分の心の幅の狭さをリアルに感じます。深呼吸、深呼吸。

|

« 目の前の目標 | トップページ | 知性より体力 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 目の前の目標 | トップページ | 知性より体力 »