« お墓参り | トップページ | 時間を有効に »

2011年2月27日 (日)

試験漏洩問題

 入試問題が試験時間中にインターネットの質問掲示板に投稿された問題で、京都大は偽計業務妨害の疑いがあるとして被害届を出すことを明らかにしました。刑事事件として処理されそうです。まあ、当然のことといえば当然のことです。

 この日のために、寝る間も惜しんで必死になって勉強してきた人からすれば、カンニングで安易に合格してしまおうなんて考えている人の行為は卑劣きわまりません。1人そういうくだらない人がいると、受験者全員が疑いの目で見られてしまいます。それにしても、どうやって試験中に外部に漏らすことができたのでしょう。1人でするのは難しそうだし、複数の共犯者がいたように思われます。何はともあれ恐るべき携帯パワーです。

 来年度から持ち物検査が厳しくなりそうです。もしかしたら飛行機の搭乗ゲートみたいになるかも。悲しいことですけどね。でも、人生の道を決める大きな関門で、卑怯な手を使って安易に通り抜けようとする人を通らせてはいけません。努力しないものが得する社会は良くありません。間違っています。

|

« お墓参り | トップページ | 時間を有効に »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

相当かしこい人(たち)なのだと思います。そのかしこさは、ここで使うべきものではないですね。ここでの八百長はダメです。

投稿: パパ | 2011年2月28日 (月) 23時23分

このニュースは驚きました。
試験中に試験監督員の目をかいくぐって、よくそんなことができる隙があったと思います。また、見つかったら今後の人生にも影響するかもしれないかなりのハイリスクを背負ってまでする意義がわかりません。学力的には優秀なのかもしれませんが、頭悪すぎです。

投稿: とーる | 2011年2月28日 (月) 06時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お墓参り | トップページ | 時間を有効に »