« 元気のよいあいさつって | トップページ | 二次試験 »

2011年2月24日 (木)

リビア

 リビアは大変な状況です。カダフィさんもいい加減あきらめればよいのに、独裁者のプライドが許さないのでしょう。でも、あなたのプライドのせいで多くの人が傷ついているというのに。

 リビアの国旗は世界的にも珍しい国旗です。緑一色です。昔はリビアはエジプトとかとアラブ共和国連邦を結成していて、エジプトの国旗を共用していました。ところがエジプトがアラブの宿敵でもあるイスラエルと単独で和解をしてしまいました。友好条約まで結んでしまい、アメリカ寄りの外交を始めてしまいました。カダフィさんは激怒します。即、エジプトとの合邦を解消して、翌日までに新しい国旗を完成させるよう側近たちに命令をしたそうです。明日までに旗を完成させろなんてビックリです。しかも、それも深夜のことだったらしいです。そこで苦肉の策でイスラームの最高の色である緑一色の布を国旗としたそうです。全く困った独裁者です。わがまま放題の子どものようです。独裁者につきあわなければならない周りの方々は悲しすぎです。

 ちなみにリビアという国の正式名称は大リビア・アラブ社会主義人民ジャマーヒリーヤ国というものです。ジャマーヒリーヤというのはカダフィさんが勝手に作った言葉です。意味は大衆による共同体制といったものらしいです。共同どころか自分の都合だけで41年間国を動かしてきたカダフィさん。そのツケが回ってきたようです。あきらめましょう。

|

« 元気のよいあいさつって | トップページ | 二次試験 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 元気のよいあいさつって | トップページ | 二次試験 »