« 川嶋あいさん | トップページ | コーヒー »

2011年3月20日 (日)

承認

Photo  本屋さんへ。3時間ぐらいボーッといました。本屋さんによっては、椅子が置いてあるところがあります。これはまずいです。そこに腰掛けて、ずーっと本を読んでしまいます。ということで、ずーっと本を読んでいました。今日読んでいたのの1つは、別冊宝島の『まんがで哲学しよう!!』。そういえば、ドラッガーの本も別冊宝島から出てました。哲学の本は興味を惹かれてしまいます。

 ヘーゲルさんの考える『自己』とは、自分にとっての自分、そして他者との関係における自分ということ。私が私だと確信が持てるようになるには、他者からの承認が必要になるということ。承認かぁ。人間って、1人で生きているわけではないですからねぇ。

 昨日、保護者との飲み会がありました。僕に学校の先生という『自己』があるためには、保護者からの承認が必要です。保護者にとってみれば、僕という人を承認するのはかなり大変なことだと思います。でも、保護者の心が相当広いから、何とか承認されているような気がします。いろいろご迷惑をおかけしました。そして、ありがとうございました。

 それにしても、親は学校の先生を選べません。4月に勝手に担任が決められて、有無を言わさず1年間その人に愛する我が子を預けなければならないのです。人生という大きなくくりでみれば、ほんの1年間のことかもしれませんが、人としての土台を作る子どもの時の1年間はかけがえのないものです。本当の意味で承認される先生になるように努力しないと。もう少し緊張感を持たないと。

|

« 川嶋あいさん | トップページ | コーヒー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

kikiさん、いつもステキなコメントありがとうございます。
腑に落ちるものでないと、伝えることはできるけれど、教えにくいです。ゴールへのアプローチの仕方は1つではありません。ただ、アプローチの仕方が若干(?)自由気ままなところがあるので、周りの方に迷惑をかけることが多いです。今の勤務校では、同学年の先生をはじめ、周りの先生、そして保護者がかなり心の広い方だったので、受け入れてもらえてはいたようですが・・・。
まあ、子どもに力がつけば、それで良いのですが。

投稿: パパ | 2011年3月21日 (月) 07時52分

こんばんは。

パパ先生は、保護者の方に承認されますよ!!
だって、とっても素敵な先生ですもの。
うちの子供も、パパ先生みたいな先生にお世話になりたいです。

サプライズの卒業式も、本当に素敵な企画だと思いました。
わくわく感を共有する事、とても素敵ですよね・・・。
詩のボクシングもそうですが、今まで、その先生独自の教材(?)やり方(?)で授業を進める先生にあたった事がありません。皆さん、まじめな先生方ばかりで(いえ、パパ先生がまじめじゃないと言ってるわけじゃありませんよ)、教科書を読んでその通りに授業を進めてくれる・・・。
勿論、それはとても大事な事だとは思いますが、個人的にはその先生独自の進め方をしてくれる先生に出会いたい、子供をそんな先生の元で学ばせたいと思ってしまうのです。
だって、教科書はとてもわかりやすく出来ているから、ただ読むのは誰にだってできますもの。

ほんと、パパ先生に出会えた生徒、保護者の方が羨ましいです。

最後に、「それにしても、親は学校の先生を選べません。4月に勝手に担任が決められて、有無を言わさず1年間その人に愛する我が子を預けなければならないのです。人生という大きなくくりでみれば、ほんの1年間のことかもしれませんが、人としての土台を作る子どもの時の1年間はかけがえのないものです。本当の意味で承認される先生になるように努力しないと。もう少し緊張感を持たないと。」という言葉。
ほんとその通りですよね。
私達は、先生を選べないんです。(先生も、生徒と保護者を選べないかも知れませんが・・・^^;)
でも、こういう気持ちが心にある先生は、信頼ですますね。

うちも今度こそ!!!!あたりますように!!!!!

投稿: kiki | 2011年3月20日 (日) 21時40分

足りなくて当たり前です。迷惑かけて当然です。人なんて頼りないのです。だから補うようにがんばるのです。1番良くないのが、「そのまま」にすることです。まずは1歩踏み出すことです。

投稿: パパ | 2011年3月20日 (日) 20時10分

こんばんは!母は昨日の夜の飲み会(?)では、先生ともっと話したかったと言っていました。

わたしはちゃんとみんなに承認されているのだろうか。
まだまだ私に足りないことはたくさんあります。
他の人たちにすごく迷惑かけてるし、たよりない人だなぁと、色々な人に思われていると思います。
たよりになるなぁと思われるためには、嘘をつかない、片付けをちゃんとたのまれたらやる、ということ。
これが私の今年の目標です。

投稿: hiro | 2011年3月20日 (日) 19時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川嶋あいさん | トップページ | コーヒー »