« Love letter | トップページ | サプライズ »

2011年3月19日 (土)

最後の15分間

 昨日は卒業式でした。7回目の卒業担任なのですが、毎回悩むのが卒業式後の最後の学活の15分間です。最後の最後に何を子どもたちに話すべきか。いろいろとインターネットとかで調べました。そしてとりあえずの原稿を作ってみました。そして寝たのですが、寝ながら考えました。これでいいのだろうかって。

 インターネット上にはさまざまな情報が載っています。過去に最後の15分間をどう過ごしたかという経験談や実践例が多く載せられています。おっ、これはなかなか良いなぁと思われるようなものがたくさんあります。しかし、それはあくまで、その人の思いでやったものです。僕の思いではありません。他の人の実践とか授業でするのは良いことだと思うのですが、卒業後の最後の15分間では適切ではないです。だから原稿をクシャッとして捨てました。

 この1年間、今まで僕がやってきたことを振り返りました。僕は毎朝、黒板に偉人の名言を書いています。そして、1時間目が始まる前にその言葉に関する話をします。朝のちょびっと道徳の時間です。この言葉は、その時々の子どもの様子や状況で選びます。だから、何度か同じ言葉が登場してきます。そのベスト3形式で紹介しながら、それを最後のメッセージに換えることにしました。当日の朝、パワーポイントで作成しました。

 第3位 人は考えることによってではなく 行うことによって成長する ダンテ
 第2位 お前は逃げろ!おれが戦う! チンギスハーン
 第1位 習慣は変えようとしなければ すぐに悪習となる 聖アウグスティヌス

 最後に、流されることなく、自分で考えて正しい判断をすること。そして行動すること。それがみんなを支えてくれた多くの人に対する恩返しになるから、と締めました。

 この1年間は、いろいろな意味で特別の1年でした。あまり卒業式で泣くことはないのですが、保護者の顔を見ていたら泣けてきました。でも、あまりにも寒くて、涙が引っ込んでしまいました。

 

 ありがとうございました。

|

« Love letter | トップページ | サプライズ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Love letter | トップページ | サプライズ »