« 最後の参観日 | トップページ | 40歳の教科書 »

2011年3月 5日 (土)

ポイントの2周目

 土曜日なので走ります。今日はいつもの公園へ。でもこの公園で走るのは1ヶ月ぶりです。1周約2㎞のコースを2周します。体調が8割ぐらいなので、1周8分30秒のペースで2周で17分を目標にスタート。走ってみると案外楽に走れます。走りながら結構速いペースだなという感はありました。すると1周目のタイムが7分54秒でした。7分台は初のことです。がしかし、2周目一気にガクンと落ちた感がします。頭の中で走る姿勢や歩幅や腕の振りを意識するのですが、体が思うように反応しません。それでも負けるな、負けるなと思って走ります。そしてゴールへ。結局16分5秒でした。今までの中では最高のタイムでしたが、2周目は1周目よりも11秒も遅れました。あらら。

 2周目の状況はいろいろなときによく経験します。頭ではがんばろうと思っているんだけれども、体がついてこないのです。でも、それでも負けちゃダメなんです。楽なときはそれなりに勝手に進むので、しんどいときにこそ無理しないといけないのです。腕を振らないといけないのです。歩幅を広げないといけないのです。しんどいときにしんどいと思うのは当たり前なのです。そういう自分が苦しいときにこそ、真価が問われるのです。2周目に強い人間になりたいものです。

|

« 最後の参観日 | トップページ | 40歳の教科書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 最後の参観日 | トップページ | 40歳の教科書 »