« ねごと | トップページ | ほんのりとステキな時間 »

2011年3月 9日 (水)

一体感

 もうすぐ卒業式です。呼びかけや歌の練習をするときに、よく運動場でします。運動場の端から校舎に向かって声を出します。校舎には僕がいます。校舎にいる僕に声を届かせないといけないので、必然的に大きな声になります。ただ大きな声を出すことだけが目的ではありません。運動場で、クラス全員が一列に並んで、同じ目的に向かって何かをすると一体感が生まれるのです。しかも大きな声を全員で出しているので、ものすごいパワーになって返ってきます。結構感動的です。

 1人ひとりががんばることは大事なことです。ただ1人では限界があります。でも誰かが背中を押してくれたら、限界を少し超えることができます。その背中を押す存在を、お互いが担えばよいのです。そうすると1+1=2ではなく、3にも4にもなります。

 みんなすごくがんばっています。すでにMAXの状況です。でも、もう少し行けるかな。行かせるように仕向けるのは僕の仕事です。

|

« ねごと | トップページ | ほんのりとステキな時間 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ねごと | トップページ | ほんのりとステキな時間 »