« 字を書くということ | トップページ | 自分の価値 »

2011年4月 9日 (土)

警備システム

 まさかまさかの休日出勤です。というのも、全く仕事が進んでいないのです。休みの日は仕事をしないというモットーを崩さざるをえません。昨日は歓迎会だったのですが、今日のために多少飲むのを控えました。本当は朝早めに行って、午前中にケリをつけたかったのです。ただ、新しい職場なので休日の際の学校の開け方とか経験したことがないので、誰かがいそうな時間帯まで待つことに。9時には誰かいるかなと思って、学校へ行ってみました。すると1番乗りでした。そりゃそうです。昨日は飲み会だったのに。

 というわけで扉を開けることに。鍵保管庫からの鍵をとる方法を聞いていたので、鍵はゲットできました。そして扉を開きます。できました。そして職員室に入ります。職員室の鍵を開けて、中に入った途端、ものすごい警報音が。やってしまいました。警備システムを解除していませんでした。すぐに電話のベルが。警備会社からです。事情を説明して、来てもらうことに。でも30分くらいかかるとのこと。

 延々と警報音が鳴っています。完全に強盗犯のようです。どうにも仕事にならず、適当に解除を試みると解除できました。あらら。またすぐに電話が。今、解除できましたよねと。でも、帰るときが困るし、警備の人が向かっている途中なので、そのまま来て下さいと。で、警備の方にかなりくわしくシステムの説明を受けました。結局、この騒動で1時間くらい時間を費やしました。

 まあ、考えようによっては警備システムを知ることができたというステキな経験ができたということです。こういうリアルな経験がないと身にならないこともありますからね。でも、仕事は進まず。悲しいことに、家に持ちかえることに。

 まずはこの流れを断ち切らないと。

|

« 字を書くということ | トップページ | 自分の価値 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 字を書くということ | トップページ | 自分の価値 »