« ハイボール | トップページ | 1.5倍高騰 »

2011年5月28日 (土)

海をかっとばせ

 下の娘の国語の教科書を何となく読んでみました。娘たちが通う小学校と勤務している小学校は市が違うので教科書も違います。だから掲載されている話の内容も違います。娘の教科書には山下明生さんの『海をかっとばせ』が載っていました。

 主人公のワタルくんはピンチヒッターでもいいから夏の大会には試合に出たいと浜辺で秘密の特訓をします。毎朝浜辺までランニングをして、素振りを百回します。すると白い帽子に青い服のちっちゃな子が突然現れ、練習の手伝いをします。そしてワタルくんはたくさんやってくる白いボールを打っていくのです。そこでかけ声が聞こえてきます。
 がんばれ、がんばれ
 かっとばせ、かっとばせ
 気をぬくな
 球をよく見ろ
 一発ホームランだ
 フレー、フレー

 ワタルくんの純真さと前向きな気持ちがとってもステキです。教科書に載せるにはもったいないくらいのエネルギーがもらえる作品です。最近、こういうポジティブな話に非常に弱いです。ウルルときてしまいます。心の隙間にスパンっと嵌っていく感じがします。穏やかになれます。

 ただ、今の僕は隙間が多すぎるので・・・。でも、がんばれ、がんばれ。かっとばせ、かっとばせ。気をぬくなって自分に言い聞かせて。

|

« ハイボール | トップページ | 1.5倍高騰 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ハイボール | トップページ | 1.5倍高騰 »