« 1.5倍高騰 | トップページ | 娘と走る »

2011年5月30日 (月)

がんばりの報い

 3年生で始まる社会科。市の勉強をすることに。だいたい「市」の教科書的なものが1人ひとりに配布されます。「わたしたちの町○○市」のような類のものです。教科書は全く別の県をとりあげているので、使い勝手が悪いです。だからこちらを使って授業をします。たいてい最初は市の大まかな様子です。山に囲まれているところとか、海の近くとかです。市によってはすべてが同じようで変わり映えのないところもあるでしょうが、勤務先の市は山あり海あり湖ありの結構バラエティに富んだ場所です。それぞれの特性がよく分かります。

 写真を見ながら、気づきを書いていきます。最初は箇条書きでどんどん書くようにしていました。とにかく数を意識させるためです。今日は少しレベルを上げて2行以上で書くように指示しました。2行以上になると気づきだけではなく、思ったことや考えたことも加える必要があるからです。でも2行以上となっても、1行とちょっとの人がいます。まあ2行っちゃ2行です。でも3行も4行も書く人もいます。だから点をつけて差をつけます。基本は1点で、たくさん書いていたり、良い気づきが書けている子は点を一気に上げます。その点を累積していきます。がんばった証ができます。

 授業の最後に「先生はテストの点の数字よりも、今日のノートにつけた先生の数字の方が大切だと思います。テストの点は運が良ければ100点取れますが、今日の数字はがんばらないと取れないからです」と言いました。

 がんばりが報われないと。がんばりを報わせないと。

|

« 1.5倍高騰 | トップページ | 娘と走る »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1.5倍高騰 | トップページ | 娘と走る »