« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月30日 (木)

代表を決める

 児童集会がありました。集会が終わったあとに、体育館に全校児童が集合します。そこで、各クラスの代表が前に出て、運営委員会からのインタビューに答えます。だから各クラスで1名代表者を決めて下さいとのこと。

 こういう代表を決めるときは、たいてい当日に決めます。で、やりたい人?と聞くと、5.6名が手を挙げます。まあ、よくある光景です。もちろん、この5.6名の中から選んでも構いません。その方がスムーズに事が進むことも多いです。しかし、ここからこだわります。全員に手を挙げさせます。

 「ただ、インタビューを受けて答えるだけです。誰でもできます。やる人?」ともう一度聞きます。すると8割方手を挙げます。さらに、「人にやってもらって当たり前なんて思ってはいけません」とか、「こういうことは自分から進んでやるのです」などなどいろいろ難癖をつけます。そして、「やる人?」と聞きます。全員の手が何となく挙がります。だから、「手を挙げるときはビシッと挙げます」と言います。全員の手がピーンと伸びます。そこで一言、「いやぁ~みんな、やる気ですばらしいです」と。

 で、「みんながやりたいというので抽選で決めます」と言い、黒板に貼ってある全員のネームプレートをトランプのようにしてくっていきます。そして、「今から順番にネームプレートを貼っていくので、1番最後に貼られた人が当たりね」といい、抽選をします。結構ドキドキの抽選です。

 最初にやりたいと手を挙げた人は、やる気もあるし、おそらく上手にコメントもできる人です。クラスの代表なのでその中から選ぶのもひとつの手です。でも、このような形を繰り返すと、やる人とやらない人が完全に分かれてしまいます。これはまずいです。誰もがそこそこの緊張感をもち、誰もが代表になるチャンスを与えるのも先生の仕事だと思います。

 まあ、逆にいえば、誰が代表になってもそこそこのコメントが言える力を先生がつける必要もあるんですけどね。

| | コメント (2)

2011年6月29日 (水)

ゴミの日

 今週は、月1の分別ゴミの日が重なりました。昨日は燃えないゴミの日で、今日は缶の日でした。住んでいる市ではこれらのゴミ収集は月に1回しかないので、この日を逃すとまた1ヶ月先になります。ため込んでいたゴミがたくさんあったので、車に積むとちょっとした引っ越しのようでした。

 缶のゴミの日は、捨ててある缶に目がいってしまいます。たいていがビールの缶です。中には金色に輝くエビスの缶が大量に捨てられていたりします。何となく上流階級(?)っぽい感じがします。そういえば、昔、ある知人がエビスしか飲まないといっていました。その人は別にお金持ちとかではないのですが、ビールの味にはこだわりがあるようで。多少高くても、うまいものを飲むそうです。ビールなんてあんまり味わって飲まないから、その辺の価値観はよく分かりません。エビスというネームヴァリューには心が奪われますが。

 暑くなってきました。来月の缶の日は、もっとゴミが増えるでしょう。我が家も同様です。

| | コメント (0)

2011年6月28日 (火)

ハイパーリンク

 突然の雨かと思えば、突然の晴れ間。不可思議な1日でした。教室内はモアモアムンムンした空気が充満しています。そんな中でも普通に勉強している子どもは立派です。

 総合的な学習でオクラをパソコンで調べることに。しかし、まだ3年生です。いきなりインターネットを使ってではハードルが高すぎます。ということで、毎度おなじみのハイパーリンクを使って、最初っからオクラサイトを作っておきます。少なすぎても物足りないし、多すぎても路頭に迷うので、チョイスした5つのページを一太郎にリンクします。それをすべてのパソコンのデスクトップに貼り付けます。すべてといっても5分くらいで終わる作業です。だから、授業しながら貼り付けます。

 パソコンで調べる学習となると、時代の最先端のような感を受けますが、案外、本で調べた方が効果的なことも多いです。パソコンは情報が多すぎて、適当なものがなかなかヒットしないのです。もちろん、その中から探すのも大切なことですが、そればかりに時間を掛けていては本来すべきことができなくなってしまいます。だから、ハイパーリンクのようなもので、こちらが最初っからある程度の枠を準備していた方がスムーズにことが進みます。

 何事も段階が必要です。1段1段上がらないと。一気に屋上までは上がれません。

| | コメント (0)

2011年6月27日 (月)

8歳の子まで使って

 アフガニスタンで、8歳の少女が反政府武装勢力タリバンから渡されたかばんを持って警察に向かっていたところ、かばんに入っていた爆弾が爆発。少女が死亡するという事件が起きたそうです。武装勢力は手製爆弾入りのかばんを8歳の少女に手渡し、それを警察に届けるよう頼んだようで、少女が警察に近付いたところで、爆弾が爆発して少女は死亡したそうです。

 8歳です。下の娘と同じ歳です。まだ8年しか生きていないのです。それなのに・・・。少年兵にしてもだけど、子どもは従順です。大人のいうことをよく聞きます。それを操る最低な大人が存在するのです。

 毎日のように世界のどこかで命を粗末にする事件が勃発しています。そのせいで無関係な人まで巻き込まれています。人の命がなくなるなんて本来とんでもないことです。しかし、メディアを通して、○人死亡しましたと伝えられるだけです。あまりにも事件が多すぎるから。麻痺してしまっているのです。8歳の少女が亡くなった事件も氷山の一角なのでしょう。最低の大人のために、今も生死を彷徨う状況にさらされている人がたくさんいるように思います。

 それで楽しいのだろうか。結局、どうしたいのだろうか。

| | コメント (0)

2011年6月26日 (日)

消えた扇風機

 扇風機を買いに電器屋さんへ。しかし、予想外のことが。扇風機がないのです。チープな物や超高級な物はあるのですが、手頃な物は売り切れだと。どうも東北の方へいっているようです。違う電器屋さんへ行ったのですが、ほぼ売り切れでした。次の入荷もいつになるのか分からないとのこと。もしかしたら8月になるかもって。

 我が家にある扇風機で最も活躍しているのが、もう20年近く使用しているものです。昨年あたりから変な音がするようになりました。まだ十分動くのですが、寝ている間に発火でもしたら困るので、新たなものを買いに来たのですが。震災の影響に加えて節電意識が広まったせいもあるのでしょう。扇風機が電器屋から消えました。

 消えた扇風機が、しっかりと東北地方で活躍しますように。

| | コメント (0)

浅い考え

 雨予報なのですが、雨降らず。多少風は強いですが。ということで走ることに。上の娘が自転車で追走します。そこそこのペースで走っているつもりだったのですが、郵便局前での計測では17分50秒。ビックリです。昨日よりも遥かに遅いタイムです。このペースでは24分を切るのも困難です。少しペースを上げようと考えるのですが、上がりません。学校前で、昨日よりも40秒遅れ。結局、24分を切れず、24分4秒でゴール。1キロ4分38秒のペースです。ペースを上げられなかった悔しさもあるのですが、それでも走り終わったあとの心地よさの方が勝っています。実に気持ちがよいです。

 マラソンランナーの市原有里さんの本に、走っていると疲れで思考が低下して余計なことを考えなくなるといった類のことが書かれていました。だから良い意味でリフレッシュできると。確かに複雑なことを考える余裕はありません。でも、明日の授業をどうしようかなって考えたりはします。まあ、浅い思考です。ただ浅くても何かを考えていないと、ふと考えが止まったときに、ゴールまでの遠き道のりが頭を支配してきつくなります。だから浅くても何かを考えるようにします。浅くても20分以上何かを考えるわけですから、そこそこな時間です。貴重です。

 でも、次回は24分以内を目指して。今日、24分を切れなかったのは、多分、昨日ハイボールを飲み過ぎたせいですから。 

| | コメント (0)

2011年6月25日 (土)

やることの多い1日

 土曜日なのですが、かなり活動的な日に。まずは朝から走ります。日中走るのは酷なので、涼しいうちにと。ただ走っていてもなかなかペースが上がらず、23分26秒でゴール。まあ、だいたい1キロ4分30秒のペースです。しかし、走っているとしんどいときと楽なときが明らかに分かれるのでおもしろいです。しんどいときは意識的に腕を振るようにしています。と、走りながら客観的に自分を見ています。

 その後、子ども部屋の大改造を。風通しを考えて、ベットの位置やらつくえの位置を一気に変えました。スッキリしました。

 次に週末日記作りです。毎学期恒例の文集作りです。ひたすらパソコンに打ち込んでいきます。これは集中力がいるのでやるときに一気にやります。でも途中でくたびれてきたら誤字脱字が多くなるのでやめます。

 さらに家庭菜園の玉ねぎほりとジャガイモほりを。明日から雨予報なので、とるなら今日しかありません。と、掘り始めていたら雨が・・・。途中でやめるわけにもいかず、一気に堀りあげることに。

 と、充実した土曜日でした。ハイボールの美味しさが増しました。

| | コメント (0)

2011年6月24日 (金)

ジメジメ

 暑くてジメジメしてさらには風が吹かないという不快指数が極めて高い日です。やる気をすべてそぐわれるような日ですが、どういう日であれ勉強は普通に行われます。快適な環境の方が能率よく行われるのが分かっているのは百も承知ですが。そんな中でも、子どもたちは勉強するのです。偉いのです。

 それにしても暑いです。子どもたちには「暑いと言ったら、余計に暑くなるから言わないように」と言いますが、暑いものは暑いのです。そのうちジメジメがどこかへ行って、『暑い』夏がやってくるのでしょう。

 梅雨真っ盛りです。 

| | コメント (0)

2011年6月23日 (木)

初水泳

 今年度初の水泳です。梅雨の合間のめったにない好天です。しかも5.6時間目という絶好の時間帯での授業です。初の水泳としてはベストの条件です。だいたい初泳ぎの時って、猛烈に寒くて、唇を青くしながら泳ぐってことよくありますからね。

 水泳の時に気をつけるのは指示の通し方です。それでなくても水の中に入ればキャーキャー言い出します。だから「先生がピッっと短い笛を吹いたら、手を頭の上に置いて先生の方を見ます」と言います。これは新採の時の同学年の先生に教えて頂いたことです。指示が通るとテンポよく授業が進みますから。

 授業終了後、子どもからゴーグルを借りて泳いでみました。縦の25mの方ではなく、横の短い方ですが。毎年、最初の授業のときに泳いでみます。横なので10mあるかないかくらいなのでしょうが、相当くたびれます。がしかし、今年はくたびれませんでした。調子に乗って往復しましたが、くたびれませんでした。多少は体力がついたのかな。でも、少し時間が経ってからかなりの睡魔が押し寄せてきました。あらら。

| | コメント (0)

2011年6月22日 (水)

集会に向けて

 来週、全校集会があります。過去の様子が全く分からないのですが、今年は例年とは違うとのこと。例年は縦割り班ごとにお店を開いていたようですが、今年はクラスごとにとのこと。開くお店は、何でもよいようではありますが、昨年度のお店リストから参考に。本来ならば大々的に取り組みたいのですが、時間を掛けていられないのが現状です。限られた時間の中でどの子も活躍できるようなシステムを作るのが、先生の役目です。

 集会の準備のための時間は2時間しかとらないことにします。で、今日がその1時間目。役割を分担します。企画・掲示・ダンス・準備・PR・景品の6つの係を作ります(ダンスという謎の係を入れるのが好きなのです)。この係は事前にこっちが用意しました。他にもあった方が良いものを聞いたところ、大してなかったので、この6つで。ここで子どもたちから意見を吸い上げるところから始めていては時間が足らないし、もともとゼロの状態からスタートするので、この方が効率的です。そしてそれぞれの係のキャプテンを決めて、あとはそれぞれに任せます。ただし、任せっぱなしにすると活動がストップするので、アドバイスはします。

 3年生なので、大した経験があるわけではありません。だから情報を与えなくてはなりません。ある程度の情報を与えた中から工夫を加えさせるのです。何もないところからでは路頭に迷うだけです。経験し、情報を手に入れると枠が広がります。今は枠を広げる段階です。そのためにはいろいろなことを知らなくてはなりません。こういうときの「自分で考えてやりなさい」という言葉ほど、無責任なものはありません。考える素地がないんだから。

 1時間でしたが、結構充実した時間になりました。集会に向けて、ある程度のことが身についたので、これからはその枠の中で「自分で考えて」行動できそうです。

| | コメント (0)

2011年6月21日 (火)

梅雨の合間

 梅雨の合間の晴れとでもいいましょうか、良い天気です。というか暑すぎです。完全に夏です。でも明日はまた下り坂のようですが。こういう日にプールがあれば最高なのでしょうが、これも運です。6時間ずーっと教室でお勉強です。子どもたちも文句も言わず(?)えらいものです。

 でも久々の太陽光線に少し元気をもらった気がします。

| | コメント (0)

2011年6月20日 (月)

幸せな週の始まり

 割と早い時間に帰宅できたので走ることに。今日、昨日の振り替え休日の上の娘が自転車で追走します。前回が速すぎたので、1km4分25秒くらいを目指すことに。このペースでいくとほぼ23分でゴールすることになります。

 結構軽快に走っていました。すると途中で違和感が。右の靴ひもが外れているのです。しばらくそのまま走っていたのですが、悩み始めてきました。選択肢は2つ。このままいくか、一度止まって靴ひもを結び直すか。どうでもよい選択ですが、妙にタイムを意識している今の僕には結構重大な問題でもあります。でも、途中で止まって靴ひもを直すという当たり前の選択をしました。当たり前の選択をした自分にそこそこの自己満足をしながら、再び走り始めました。郵便局前で16分45秒でした。ペースとしてはいい感じです。このままいけば22分台です。がしかし、ここからヘロヘロの状態に。胸が痛くなってきました。足取りもかなり重く。いつもなら郵便局から6分前後で戻れるのに、結局、6分20秒近くかかってゴール。23分04秒でした。やけに苦しかったのですが、それでも走り終わったあとはかなり爽快でした。

 ということで月曜日にもかかわらず、ビールを少々。さらに上の娘がハイボールも飲んでも良いというえらく寛大な発言があり。そういう発言には素直に従います。幸せな週の始まりです。

| | コメント (0)

便利なものを便利に使う

 理科の時間に突然パソコンを使おうと思い立ってすぐに準備を。まとめの勉強で問題作りをするためです。例えば、「昆虫は3つの部分に分かれていますが、むねとはらとあとは何でしょう。A:かお、B:目、C:あたま」といった感じです。こういうのをクラスのみんなで作ります。でも、いきなり作ろうと言っても無理があるので、手本を示します。これらをパワーポンイトでテンポ良くやります。給食の合間の5分で作ります。全く凝りのない実にシンプルな形です。5分でできるのは、最初っからフォーマットがあるからです。これって結構大事なことです。

 一から作ろうと思うと大変です。だから過去に作ったいろいろなパワーポイント教材は残しておきます。そしてそれを元にちょっと加工するのです。これだけです。パソコンはなくてもよいけれど、あれば便利な程度で使います。ただ、パソコンを授業に取り入れるとかなり授業が変わります。視覚的な訴えだけではなく、テンポが良くなります。前任校でもそうでしたが、今の勤務校でもプロジェクタを教室に置いています。ほとんど誰も使わないからです。誰も使わないのに台数はかなりあるのですがね。

 便利なものは便利に使わないといけません。 

| | コメント (0)

2011年6月19日 (日)

雨の参観日

 娘たちの日曜参観日でした。2人ともがんばっていました。2人の先生は両方とも穏やかな語り口調でとっても素敵です。参観授業は1時間目で、それで本日終了です。9時30分過ぎには下校です。家に着いたときには、まだサンデーモーニングがやっていました。1時間で終わるのは、娘たちの学校では、授業参観後、PTAの親睦スポーツ大会があるためです。結構ゴージャスな企画で、夕方ぐらいまであるようです。ずーっとそれが恒例になっているようです。ただ、市や学校によって考え方はさまざまですが、授業時数のことを考えると、このパターンは今後難しいのかもしれませんね。授業時数をとるか、恒例行事をとるか、選択が迫られそうです。

 それにしても今日も雨です。明日も雨予報です。なかなかスカッと晴れません。

| | コメント (0)

2011年6月18日 (土)

雨の中走る

 土曜日なので走ることに。今にも雨が降りそうな天気ですが、かえって涼しくて走るにはいい感じです。走り始めてしばらくすると雨が。でもやめるわけにもいかず、そのまま走ることに。今日は少しきつい感じがしました。昨日のアルコールが残っているのかな。でも、そんなには飲んでないぞと思いつつ郵便局前で計測。16分30秒でした。前回よりも50秒近くハイペースです。きつい理由が分かりました。飛ばしすぎです。

 で、結局22分27秒でゴール。1km4分30秒のペースではなく、4分20秒のペースです。さすがにくたびれました。雨と汗でTシャツはビショビショです。でも、かなりの爽快感がありました。今日も美味しくハイボールが飲めそうです。

| | コメント (0)

2011年6月17日 (金)

メール

 前勤務校で昨年度同学年だった先生からメールが。小中連絡会のことです。今日、中学校区域にある小学校と中学校の先生での話し合いがあったのです。そこに昨年度の6年担任は出席するのですが、僕は異動したので、出席しませんでした。ただ、僕の今の勤務先は、同じ中学校区域に入るのですが・・・。

 そのメールを見ていると何だかうれしくて泣けてきました。今の僕は、極力過去を避けようとしています。前の勤務校のホームページも見ていません。「前はこうだったのに・・・」という思いが出てしまうからです。視野が異常に狭いです。でも、温かいメールで、何だか少し吹っ切れたような気がします。

 もう少しかな。

| | コメント (0)

2011年6月16日 (木)

31-24

 算数で筆算の勉強をしています。導入で「□□-□□に1.2.3.4のいずれかの数字を入れます。はい、5秒で計算」と。「簡単!」とほぼ暗算で。そこで、「答えが1番小さくなった人が優勝です」と。答えを聞くと11が1番小さかったです。42-31のパターンですね。その後、「もっと小さい答えってないのかなぁ」と聞くと、すぐに9を見つける子が出てきました。半数の子が9を見つけました。でも、1番小さいのは9ではありません。「もっと小さい答えができるんだけど、みんなには難しいかなぁ」って、かなり意地悪く言います。「先生、ヒントを」と懇願する子もいれば、すべての通りを片っ端からやってみる子などさまざまです。しかしどの子も熱心に取り組んでいます。ステキなことです。

 しばらくすると、1人の女の子が「あっ!」と。その子のノートを見てみると、できてます。9より小さな答えが。「すごい、○○さんができた!」と大げさに言うと、クラスの雰囲気が一変しました。本当は9より下の答えなんてできないのではないかという感さえあったのに、実はできるのです。発見した子は一躍ヒーローです。

 これって、結構難しいのです。ちょっとした発想の転換がいります。柔軟に物事を考えないと答えにたどり着きません。凝り固まったままだとダメなのです。まさに今の僕に言えることです。

| | コメント (2)

2011年6月15日 (水)

私の心は

 何を思い立ったのか、突然、娘たちと家で『音読の会』を開くことに。学校でやっている音読のパターンと同じです。僕が週の初めて今週のお題を出して、追い読みや交互読みを娘たちとしていきます。3分で終了です。月曜日からスタートしたので、とりあえず3日続きました。明日行えば三日坊主は回避できます。で、今週のお題は銀色夏生さんの『私の心は』。

 私の心は弱いのです だからといって
 私を弱いと思わないように
 とてもたくさんのことがあります
 とてもたくさんのまちがったことも
 本当でないと思っても
 そうしてしまうこともあります
 いけないこともしたりもします
 私の心は強いのです だからといって
 私を強いと思わないように

 しっかりした自分がいないと、まちがったことも、本当でないと思っても、そうしてしまうことがあります。ただ、本当でないことの、『本当』が揺れ動いている自分もいます。僕が勝手にそれが『本当』って思いこんでいただけなのだろうか。多分、許容量が小さいせいなんでしょう。だから受け入れられないんです。視野を広げないと。

 私の心は弱いのです。だからといって・・・。 

| | コメント (0)

2011年6月14日 (火)

意義を見つける

 今年度も市のコンピュータ教育推進委員になり、初会合がありました。あっ、コンピュータ教育推進委員という名前ではなく、今年度からICT推進委員という名称に変わりました。やることは一緒ですが。

 今年度は校務の情報化を中心にするそうです。で、そのための研修会を夏休みに開くのが、推進委員会の主な仕事です。それで仕事分担をするのですが、僕の担当が市のホームページに。この市のホームページ、各学校ごとに掲示板のようなページがあるのです。これがあるおかげ(?)で、勤務先の市は、全学校ホームページを開設していることになっています。がしかし、きちんと更新している学校は、半数くらいです。残りの学校は数年前に更新したままだったり、中には一度も更新していなかったり。たぶん、このページの存在を知っている人もそんなにいないのではないでしょうか。僕自身、前任校では月に一度更新していましたが、学校独自のホームページがあったので、詳細は学校のホームページでというリンクを貼っていました。この市のホームページの存在意義があまり見出せないのですが、市の方は躍起になっています。

 でも、案外、この市のホームページにはものすごい価値があるのかもしれません。それにまだ僕が気づいていないだけかもしれません。と、超前向きに考えることにしました。最近、こういう若干無理矢理な思考が多いです。まあ、楽しいから笑うのではなく、笑うから楽しいという言葉もありますからね。考え方、行い方次第で、物事の見方も変わります。

 ただ、今の学校では視聴覚を担当していないので、一度もこのホームページに触れたことないんだけれどもなぁ。まあ、どうにかしようっと。

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

1時間の重み

 だいたい月曜日は5時間授業です。で、6時間目は高学年が委員会だったり、クラブだったりするわけです。3年生は下校です。まあ、学校によって違うのでしょうが。しかし、今日は3年生以上は普通に6時間授業でした。これは先週の日曜参観で午後の授業をしなかったためです。基本的に日曜参観は月曜日の日程との入れ替えなので、本来5時間授業をしなくてはなりません。しかし、午前中で子どもは下校したので、午後はカットです。まあ、よくある日曜参観のパターンです。でも、それでは1時間分授業をしていないと市教委から通達があったようです。ということで、その分の1時間が今日の6時間目に充てられたということです。

 市教委が言われることはもっともなことです。今まではずーっとこの1時間分をしていませんでしたからね。となると今後の日曜参観的な行事の扱いは非常に難しくなります。こういう日曜参観的な後にはバザーをやったり、親睦スポーツ大会をしたりします。しかし、午後も授業となると下校後の4時くらいからバザーとか親睦大会を開催ということにもなりかねません。まあ、学校側がどうにかやりくりするのでしょうが。それに、給食も必要になります。弁当持参にするのかなぁ。

 ほんの1時間ですが、重たい1時間です。でも、本当に1時間を大切にするなら、無駄な出張はすべてやめるべきです。その分、自習にしなくてはなりません。体育大会を出場しない子たちの午前中自習分は4時間も無駄にしています。

 この件で分かったことは、市教委がどういう形であれ授業時数を確保するのに相当躍起になっているということでしょうかね。時数ではなく、中身が大切なのに。

| | コメント (0)

2011年6月12日 (日)

結果論

 娘たちはヒップホップのダンスをしているのですが、お祭り会場とかにしばしば呼ばれます。今日もあるお祭り会場に呼ばれました。本当は昨日の予定だったのですが、雨予報のため延期に。しかし、昨日は快晴。で、今日は是が非でもしなくてはならないということで雨でも開催。会場はそばの体育館で。なら昨日すればいいのにって思ってはしまうのですが、こういうのは結果論です。早い段階で昨日中止になっていたおかげで、昨日という日が充実できたんですからね。決断が長引けば、それだけ待たなくてはなりませんしね。

 それにしてもヒップホップというダンスは不思議なダンスです。軽快な音楽のせいもあるのでしょうが、お客さんを引きつけています。お祭りの主催者であろうハッピを着たおじさんは肩をゆらしながらノリノリでした。娘たちもそこそこ上達していました。

 帰るころには雨もやんでいました。 

| | コメント (0)

2011年6月11日 (土)

1km4分30秒で

 雨予報が一転、晴れです。しかも日差しが痛いほど。ということで涼しくなった夕方に走ることに。本日も上の娘が自転車で追走します。1kmを4分30秒のペースで走ると5.2kmなので23分24秒になります。前回が23分30秒だったので、23分24秒を目標にスタート。

 できる限り一定のペースを意識して走ります。そして郵便局前を通過。ここから家までいつもなら6分程度なので、17分20秒くらいで通過していれば合格なのですが、ここで17分16秒でした。いい感じです。後ろから聞こえる娘の自転車の音を聞きながら、ペースを崩さないように走ります。で、ゴール。タイムは23分18秒でした。目標クリアです。パチパチパチ。でも、郵便局から6分2秒かかりました。以前の4km強のコースの時は、6分を切っていたのに。ということはもう少しペースを上げられるのだろうか。まあ、とりあえずいつも1km4分30秒のペースを目指して走ろうっと。

 走り終わったあとは猛烈に爽快感と充実感があります。そして今から飲むビールとハイボールがたまらなく美味しいはずです。ウフフ。

| | コメント (0)

謎の芋虫

 なぞの芋虫が庭にいました。結構デカイです。7~8cm位あります。Nazonomusi  背中部分がオレンジ色でお腹部分が水色です(もしかしたら逆かも)。いったいこれは何なのか、インターネットで調べてみました。しかしなかなかヒットするものに出会えません。1つ似たようなものがヒットしました。ハグロハバチの幼虫です。同じようにオレンジ色と水色です。ただ、このハグロハバチの幼虫は体長2cmくらいです。小さいです。

 以前デカイ芋虫がオリーブの木にとまったいたのですが、それはスズメガの幼虫でした。でも、スズメガにはとげのようなものがあるので違うのかな。ハグロハバチのジャンボ幼虫なのでしょうか。でも、気づいたらその幼虫はどこかへ行っていました。そのうちジャンボなハグロハバチが飛んでいるかもしれません。

| | コメント (2)

2011年6月10日 (金)

ビショビショの服

 雨です。というか、かなりの強い雨です。こんな時に出張です。でも、事前にメールで送られてきたレジュメを見ていると、20分くらいで終わるのではないかという内容です。協議というよりも確認ばかりだからです。がしかし、2時間弱ビッシリありました。ほぼ確認だけの作業なのに。なぜこんなに時間がかかるのだろう。

 しなくちゃいけないことが山積みなのに。わざわざレジュメに変な空欄をつけて、みんなが集まってその空欄を埋めなくても、決定事項をすべて書き込んで、それを配布してくれればいいのに。

 今日の出張の意義がなかなか見出せません。雨で服がビショビショになりました。 

| | コメント (0)

2011年6月 9日 (木)

距離延長

 いつもより30分早めに帰宅したので走ることに。上の娘が自転車で追走することに。いつも走るコースから少し距離を伸ばしてみました。Googleで検索すると5.2kmでした。前半にいつもと逆方向に走って遠回りをして、途中でいつものコースに戻ります。なぜ距離を伸ばすかというと、何らかのマラソンの大会に出るとしても、たいていが5kmの部とか10kmの部だからです。さしあたって5kmは走れないといけません。ということで、距離延長です。

 どれくらいで走れるかの見当がつかないので、1km5分弱と仮定して25分を目標に走ります。走ることにそこそこ体が慣れてきたのか、しんどいのですが、心地良いしんどさです。で、23分30秒でゴール。基準タイムができたので、これからはこのタイムが目標になります。

 ステップ2のスタートです。

| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

聞く力をつける策

 「話す力・聞く力」を授業の中でつけなくてはなりません。話す力をつけるには話す場を設定する必要があります。まあ、その場さえあれば、多少強引でも話す機会は持てます。これらを繰り返していくことで、話す質や話し方なども指導していけます。問題は聞く力です。聞くというのは話すことと違って、あからさまに見えるモノではありません。だからきちんと聞いているのか聞いていないのかはパッと見ただけでは分かりません(もちろん、見ただけで明らかに聞いていないことが分かる場合もありますが)。そこでいろいろと策を講じるわけです。とはいえ、なかなか腑に落ちる策が思い浮かばないモノです。

 よく僕は授業の中で3人に音読をさせて、誰の音読が一番心にグッときたかというものを問います。そしてコメントを言わせます。きちんと聞いていないと3人の比較も良さも分からず、コメントもありきたりのモノになります。聞いているとクリーンヒットなコメントが言えます。ただ、コメントなので聞く力以上に語彙力を必要としますが。そして、そのコメントに対しても評価します。コメントを聞いていて、なかなか良いなと思う人の名前をノートにメモさせます。そしてアトランダムに誰のコメントがよかったかを聞きます。コメントもきちんと聞いている人は、誰のコメントが上手だったかがすぐに言えます。もちろん僕も評価します。○○君7点、○○君8点・・・と怒濤の如く言っていきます。このパターンを週に2.3回行います。このパターンは聞かざるを得ない場を作ったモノです。ただ、時間がかかるのです。かなりテンポ良くやっても10分かかります。全員のコメントを求めるからだと思いますが、改善の余地はかなりありそうです。

 最近お気に入りのシンプルなパターンも音読を使ってです。暗唱をさせます。しかし、途中で間違えたり、5秒以上間が開いたりしたら、全員が立って、全員でその続きを読みます。これはかなり相手の読み方を聞きます。たいてい途中で間が開いて、続きを全員が読むのですが、中には全部暗唱できてしまう子もいます。するとしっかり聞いているので、自然と拍手が起こります。この瞬間は、かなりいい感じです。ただ、きちんと聞けているかの個々の確認は難しいです。

 聞く力をつける策、もっと構築しなくてはなりませんね。

| | コメント (0)

2011年6月 7日 (火)

あるモノの中で

 前任校もでしたが、今の勤務先も児童用のノートパソコンが不足しています。というか、1台もありません。でも、教室にはLANが整備されているのです。不思議な光景ではあります。例えばNHKのデジタル教材を見ようと思うならば、教室ではなく、視聴覚室とかに行かなければならないということです。教室にLANが整備されているのにです。ただ、こういうのってわざわざ別室で見るのではなく、教室で、一斉授業の中で、授業の一部として見たいものです。

 ということで、視聴覚室からデスクトップのハードディスク部だけを教室に運び込むことに。視聴覚主任の先生から許可を得ました。教室のテレビと繋いで準備OKです。ただ、このテレビもさほど大画面ではないので、後ろの方の席の子は見えにくいのですが・・・。とまあ、いろいろと文句を並べたところで、モノがないので仕方ありません。あるモノの中で最善の策を講じないと。

| | コメント (0)

2011年6月 6日 (月)

鼓舞

 家にも勤務先にも「言葉」に関する本が結構置いてあります。まあ名言・名句のようなものです。で、おそらく最初に購入したであろう本が家の本棚の奥の方にありました。『日本一心に残る「元気」の出ることば』というものです。初版が1995年なので、教員になる前の大学生のころに買ったであろう本です。

 この本の前半は、一般の人から集めた「元気になることば」が集められています。そのことば集がいくつかのジャンルに分かれています。例えば、「恋」とか「幸せとは」とか。その中に「自らを鼓舞する」というジャンルがあります。その表題に対するちょっとした説明に
 自分ほどつまらない人間はいないのでは?などと思ったら、それまで。自分の力を信じて行動すれば必ず何とかなるものです。うぬぼれでも何でもいい。「明けない夜はない」、自分の力を信じて・・・。というものがありました。その当時かなりグッときました。16年経っても変わらずです。だから、今でも『鼓舞』という言葉が好きです。

 できると思うこと、負けてたまるかと思うこと、大丈夫と思うこと・・・。この本を買って16年経った今でも自らを鼓舞しています。多分、これから先も自分を鼓舞していくと思います。でないと前に進めないから。

| | コメント (0)

2011年6月 5日 (日)

日曜参観日

 日曜参観日でした。参観授業前に教室の後ろで思いっきり笑顔で手を振っている方がいます。よく見ると前任校で同学年を組んだ先生です。そういえば先生のお子さんがこの学校にはいるんでした。我が子より先に僕に会いに来るためだけにここに寄ってくれたようです。本当にステキな方です。

 算数をしました。何百±何百のパターンです。教科書ではいきなり700+400なので、スモールステップでひと桁の計算から順に。とにかくテンポと全員での声出しを意識した授業で進めました。20+30の段階で1つ発問を。「幼稚園の子が20+30はどうして50になるのって聞いてきたら、3年生のお兄ちゃんお姉ちゃんはどう答える?10円玉を上手に使って説明してみて」と。ノートに書かせた後、何人かの子に聞きます。そして『20+30は10円玉で考えると2+3です。2+3=5なので、20+30=50です』というひとつの型を作りました。この型を3桁になっても100円玉に替えて生かします。これでスムーズにいくかと思えば甘かったです。100円玉で考えるとまでは良かったのですが、前の情報が残ってしまっていて、100円玉で考えると2+3=ではなく、20+30=の子がやたらいました。ここの確認が抜けていました。あらら。

 一応、この方を30分くらいして、残りは筆算をしようと思ったのですが、これですべての時間を使ってしまいました。そこそこテンポ良く進めたのですが、スモールステップのステップがスモール過ぎました。またもや反省の多い授業でした。

| | コメント (0)

2011年6月 4日 (土)

走りながら考える

 土曜日なので走ることに。9時くらいに走り出したのですが、すでに暑かったです。ここ最近17分台で走ってしまい、家に戻るとくたびれすぎていたので、同じペースで心地良い感じで走ることを目標に。とはいえ走り出すとそこそこのペースになります。特に後半はペースが上がります。で、結局18分5秒でゴール。それでもちょうど1ヶ月前に同タイムぐらいで戻ってきたときと疲れ具合が全然違います。くたびれ感はあるのですが、その場にへたり込むような感じではありません。体が慣れてきたようです。

 走っているときにいろいろなことを考えます。しかし突然考えがプツリとなくなるときがあります。そうなるとただ走るだけの思考になるようで、しんどくなります。だから何かを考えていた方が、良い意味で気が紛れて僕の場合はいいようです。とはいえ、そんなに考えることもないし、走っているとしんどさも増してくるので思考も低下するんですがね。

 まあ、考えられることがあること自体幸せなのかもしれません。

| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

初の書写

 教員生活16年目にして初めてのことです。最初の書写の時間です。今までに書写は教えたことがあります。しかし、3年生の初めての書写の時間は初体験です。子どもたちも習字道具からものを出すのも初めてのことです。文鎮や筆が袋に入れられたままの子がたくさんいます。その段階からの授業です。

 とにかく準備の仕方と後片づけの仕方をマスターすることが今日のねらいです。1つ1つ確認しながら進めます。ものすごく時間はかかりますが、この日の時間がこれからの小学校での書写の時間を左右します。

 やったことがないことをやるのってドキドキはしますが、充実感があります。そうそう、この感覚です。新しい勤務先にきて、保守的な自分がいます。それも必要なことですが、攻めることも大事です。少しずつ攻めていく姿勢を。それが自分のためにもなるから。

| | コメント (2)

2011年6月 2日 (木)

国会議員さん

 いったい国会は何をやっているんだとみんなが思っているのでしょう。3年生の娘までが「東北地方の人のことを考えないと」って言っています。ありえないことです。国会議員さんって、一応、国民の代表者です。こんな体たらくでよいのでしょうか。まあ、その方々を選んだのは我々国民なのですが。

 批判し、文句を言うだけ。代案はなし。ダンテさんの言葉に「人は考えることによってではなく、行うことによって成長する」というものがあります。言うだけで行わないので、全く成長が見られません。と、あきれていても何も変わりません。今、自分にできること、行えることをしましょう。さしあたって、明日も一生懸命仕事に取り組むことですかね。

| | コメント (0)

2011年6月 1日 (水)

娘と走る(その2)

 今日も何を思ったのか、別に早めの帰宅ではないのに娘と走ることに。今日は上の娘と併走。下の娘は妻とウオーキングということで。上の娘は前半ゆったりペース。彼女なりの作戦らしいです。そして郵便局前を通過。ちょうど20分です。彼女の立てた目標が28分以内でゴールです。僕がかなり速いペースで走っているときに郵便局から家までが6分くらいです。あと8分で家に戻れるかは微妙なラインです。しかし、ここから娘のギアが入ります。結構速いペースです。最後の坂もペースを落とさずに走り抜けました。結局、27分47秒でゴール。目標クリアです。

 走ると非常にさわやかな汗をかきます。すると昨日同様、ビールを飲んでもよいような気になってきます。平日は飲まないようにしているのですが、汗をかいた分はアルコールで補わないとって都合の良い解釈をしてしまいます。夕食前のステキな時間です。 

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »