« 走りながら考える | トップページ | 鼓舞 »

2011年6月 5日 (日)

日曜参観日

 日曜参観日でした。参観授業前に教室の後ろで思いっきり笑顔で手を振っている方がいます。よく見ると前任校で同学年を組んだ先生です。そういえば先生のお子さんがこの学校にはいるんでした。我が子より先に僕に会いに来るためだけにここに寄ってくれたようです。本当にステキな方です。

 算数をしました。何百±何百のパターンです。教科書ではいきなり700+400なので、スモールステップでひと桁の計算から順に。とにかくテンポと全員での声出しを意識した授業で進めました。20+30の段階で1つ発問を。「幼稚園の子が20+30はどうして50になるのって聞いてきたら、3年生のお兄ちゃんお姉ちゃんはどう答える?10円玉を上手に使って説明してみて」と。ノートに書かせた後、何人かの子に聞きます。そして『20+30は10円玉で考えると2+3です。2+3=5なので、20+30=50です』というひとつの型を作りました。この型を3桁になっても100円玉に替えて生かします。これでスムーズにいくかと思えば甘かったです。100円玉で考えるとまでは良かったのですが、前の情報が残ってしまっていて、100円玉で考えると2+3=ではなく、20+30=の子がやたらいました。ここの確認が抜けていました。あらら。

 一応、この方を30分くらいして、残りは筆算をしようと思ったのですが、これですべての時間を使ってしまいました。そこそこテンポ良く進めたのですが、スモールステップのステップがスモール過ぎました。またもや反省の多い授業でした。

|

« 走りながら考える | トップページ | 鼓舞 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 走りながら考える | トップページ | 鼓舞 »