« 消えた扇風機 | トップページ | ハイパーリンク »

2011年6月27日 (月)

8歳の子まで使って

 アフガニスタンで、8歳の少女が反政府武装勢力タリバンから渡されたかばんを持って警察に向かっていたところ、かばんに入っていた爆弾が爆発。少女が死亡するという事件が起きたそうです。武装勢力は手製爆弾入りのかばんを8歳の少女に手渡し、それを警察に届けるよう頼んだようで、少女が警察に近付いたところで、爆弾が爆発して少女は死亡したそうです。

 8歳です。下の娘と同じ歳です。まだ8年しか生きていないのです。それなのに・・・。少年兵にしてもだけど、子どもは従順です。大人のいうことをよく聞きます。それを操る最低な大人が存在するのです。

 毎日のように世界のどこかで命を粗末にする事件が勃発しています。そのせいで無関係な人まで巻き込まれています。人の命がなくなるなんて本来とんでもないことです。しかし、メディアを通して、○人死亡しましたと伝えられるだけです。あまりにも事件が多すぎるから。麻痺してしまっているのです。8歳の少女が亡くなった事件も氷山の一角なのでしょう。最低の大人のために、今も生死を彷徨う状況にさらされている人がたくさんいるように思います。

 それで楽しいのだろうか。結局、どうしたいのだろうか。

|

« 消えた扇風機 | トップページ | ハイパーリンク »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 消えた扇風機 | トップページ | ハイパーリンク »