« 日曜参観日 | トップページ | あるモノの中で »

2011年6月 6日 (月)

鼓舞

 家にも勤務先にも「言葉」に関する本が結構置いてあります。まあ名言・名句のようなものです。で、おそらく最初に購入したであろう本が家の本棚の奥の方にありました。『日本一心に残る「元気」の出ることば』というものです。初版が1995年なので、教員になる前の大学生のころに買ったであろう本です。

 この本の前半は、一般の人から集めた「元気になることば」が集められています。そのことば集がいくつかのジャンルに分かれています。例えば、「恋」とか「幸せとは」とか。その中に「自らを鼓舞する」というジャンルがあります。その表題に対するちょっとした説明に
 自分ほどつまらない人間はいないのでは?などと思ったら、それまで。自分の力を信じて行動すれば必ず何とかなるものです。うぬぼれでも何でもいい。「明けない夜はない」、自分の力を信じて・・・。というものがありました。その当時かなりグッときました。16年経っても変わらずです。だから、今でも『鼓舞』という言葉が好きです。

 できると思うこと、負けてたまるかと思うこと、大丈夫と思うこと・・・。この本を買って16年経った今でも自らを鼓舞しています。多分、これから先も自分を鼓舞していくと思います。でないと前に進めないから。

|

« 日曜参観日 | トップページ | あるモノの中で »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日曜参観日 | トップページ | あるモノの中で »