« 暑いです | トップページ | 夕日 »

2011年7月29日 (金)

がんばれ、ガッコの先生!

 2009年度にうつ病などの精神疾患を理由に退職した国公私立学校の教員が計940人に上っていたことが、文部科学省の調査で分かったようです。病気を理由にした退職者1893人の半数を占めています。精神疾患で退職した教員数が明らかになるのは初めてのことです。それにしても、結構多い数です。精神疾患で休職する公立校の教員は年々増加しているようで、2009年度は5458人と病気休職者の6割以上を占めたようです。事態の深刻化を受け、文科省は今回の調査から病気退職者の中に精神疾患の項目を設けたようです。

 ある臨床心理学の教授の話によると、教員はまじめな努力家が多く、人に助けを求められず、うつ状態になりやすい傾向がありるそうです。また、子どもだけでなく保護者の対応にも疲弊することがあり、教員が精神疾患を抱えてしまうと、指導を受ける子供にも影響して悪循環に陥る恐れがあるとのこと。確かにまじめな努力家は多いです。僕の周りの先生方は大半そうです。ただ、学校の先生に限らず、責任ある大人はみんなそうなんだと思います。

 だからこそ、うまく『抜く』技術が必要なんだと思います。抱え込んでしまうと視野が狭まります。自分がつらくなります。そうならないためにも自分の心をうまくコントロールする必要があります。だいたいのことは何とかなるものですから。

 ということで、休日くらいしっかり休みましょう。しっかりリフレッシュしないと。それが明日のエネルギーになるから。

|

« 暑いです | トップページ | 夕日 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 暑いです | トップページ | 夕日 »