« 産業医 | トップページ | 棚を作る »

2011年8月 3日 (水)

知ること

 理科の出張です。理科の教材を作っている企業の方のお話を聞きました。知っているようで知らなかったことをたくさん教えていただきました。例えばアルコールランプ。アルコールランプでの実験中にケガをすることが多いのです。その理由はアルコールランプのアルコールをこぼしてしまった場合です。アルコールランプの火はオレンジ色に輝きますが、こぼしてしまったアルコールに火が移ると、何とビックリ、その炎はほとんど見えないのです。だから燃えているのか燃えていないのかの判別がつかないのです。直にその様子を見ましたが、わかりにくいです。

 他にも振り子の実験の紐は1本よりも2本の方が安定が増すなど、へぇ~って思うことがたくさんありました。知らないことって、たくさんあります。知っていて授業に臨むのと、知らないで遠回りしたまま授業に臨むのとでは雲泥の差です。

 もっとたくさん知らないと。知ろうとしないと。

|

« 産業医 | トップページ | 棚を作る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 産業医 | トップページ | 棚を作る »