« 幼稚園へ | トップページ | 防犯の研修 »

2011年8月23日 (火)

意識改革

 ICTの推進委員会がありました。市教委に行きます。すると業者の方々がプレゼン体勢で待っています。各学校の視聴覚機器がそろそろリース切れになるために、次の視聴覚機器をどうするかというためです。どの業者もいろいろと考えているものです。基本は『誰でもが簡単にできる』というもの。パソコンが堪能な人もそうでない人も授業で使えるというのを意識されているのがありありです。だから、パソコンを介さずできたり、コンセントに差し込めさえすればできるといったものがありました。すごい機器でも準備に時間を取っていては使えません。シンプルで使いやすくが1番ですから。

 その後、今後のICTの在り方が話し合われました。最大のテーマは指導要録の電子化です。市では中学校はほとんど電子化のようです。しかし。小学校は手書きです。電子化にする最大のメリットは校務の効率化です。ただし電子化にすることが、かえって効率化にならない先生がいるのも事実です。パソコンに不慣れな先生にとっては、電子化は非効率です。まあ、他にもセキュリティの面とか越えなければいけないハードルはたくさんあるのですが、一番越えなければならないのは、先生の意識です。

 電子化になれば要録のために割いていた時間が一気に短縮できます。短縮できた分を子どものために有効に使えます。それがどの先生にとってもという方向にもっていかないといけません。要録が今年から変わったので、チャンスは今年度です。とにかく意識改革です。

 

 それにしても、今日は午後からずっと雷鳴が響いています。ゴロゴロ鳴りっぱなしです。

|

« 幼稚園へ | トップページ | 防犯の研修 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 幼稚園へ | トップページ | 防犯の研修 »