« 意識改革 | トップページ | 停滞期 »

2011年8月24日 (水)

防犯の研修

 防犯教育研修会へ県庁へ。県庁に行くのは16年ぶりです。16年前に県庁に行ったのは、採用試験の合格発表を見に行くためです。合格発表当日に、ローカルニュースでそのことのニュースで流れたのですが、そのニュースが流れてすぐ同じ家庭科研究室の鯉太郎さんから電話が。「県庁に見に行こう」って。鯉太郎さんは別の県の採用試験を受けていたので、自分のを見に行くというのではなく、僕のをということです。落ちていたら残念会、受かっていたら祝勝会ということで、あまり乗り気ではなかったのですが、県庁に見に行きました。それ以来のことです。

 この防犯の研修会に参加したのは、護身術とさす股の使い方が学べるからです。丸1日研修なのですが、護身術とさす股の使い方は研修の大とりです。実践発表や講義の後、いよいよお目当てのものが。警察学校の先生のお話です。実におもしろいです。まあ、いざというときにその通りの護身術ができるかどうかは分かりませんが、知っているのと知らないのとではえらい違いです。

 さす股は時と場合によっては違うのですが、胸をねらうのが良いようです。お腹だと、犯人が長い凶器を持っていれば、さす股を持っている人に届いてしまうようです。まあ、本当はさす股を使うような状況になってはいけないのですがね。

 防犯には体力が必要です。ということで(?)夕方走ることに。ここ最近、どうもペースが上がりません。自分の中では、結構、速いペースで走れているつもりなんだけどなぁ。でも、走り終わったあとの爽快感はたまりません。

|

« 意識改革 | トップページ | 停滞期 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 意識改革 | トップページ | 停滞期 »