« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

便利なものなのに

 理科の時間にNHKのデジタルコンテンツをたまに使います。今日も使いました。準備物として必要なのがまずはパソコン。教室の環境では、児童用のパソコンとしかつながらない設定になっています。がしかし、児童用のパソコンは視聴覚室にしかありません。しかもすべてデスクトップです。だから視聴覚室からハードディスクだけ教室に持ち出しています。ほとんどの先生が使われないようなので、ほぼ教室に常駐しています。

 次に映像をどこに映すかです。黒板に白い紙を貼って映すと大きく映っていいのですが、難点が。このパターンにすると音源も必要になります。その準備は大変です。だから両方を兼ね揃えたテレビに接続することに。しかし、このテレビ。あまり大きなサイズではありません。もうワンサイズかツーサイズ大きければ良かったのに。

 それにしてもテレビを用意したのも、パソコンを用意したのも市です。市は教室でのICTをイメージしなかったのでしょうね。とりあえず物さえ揃えておけばって感覚だったのでしょう。イメージができていれば、デスクトップよりもノートって明らかだし、テレビも大画面だったでしょう。現有のパソコンのリースがそろそろ切れるので、次のはノートになりそうですが、テレビはしばらくこのままです。あるものでどうにかしないといけないのですが、どうにかする手間は結構な浪費です。

 便利なものが便利に使えないと悲しいですね。

| | コメント (0)

2011年9月29日 (木)

大人の睡眠時間

 親が十分に睡眠をとっていない場合、子どもに睡眠不足や寝坊の問題が出る傾向があることが、NPO法人「日本ブレインヘルス協会」などでつくる「睡眠改善委員会」の調べで分かったそうです。親の影響で子供も就寝時間が遅くなっていることが寝不足につながると分析。親自身の睡眠改善を呼びかけているそうです。

 我が家の場合、親は子どもよりも睡眠時間を取っている場合があります。ここ最近、報道ステーションが始まる前に寝てしまうこともあります。寝ている間に、何度か目が覚めます。目が覚めた時にまだ明日になっていないことがよくあります。

 理想的な睡眠時間というのは人によってさまざまだそうです。5時間しか寝ていなくてもスッキリする人もいれば、大人でも8時間は寝なくてはならない人もいます。結局のところ、次の朝、快適に目覚められれば良いということです。ただ、大人の生活サイクルが子どもにモロに影響するのは確かです。というわけでもないですが、僕は今日も早く寝るでしょう。

| | コメント (2)

2011年9月28日 (水)

ロキソニンテープ

Photo  昨日病院に行って、もらった湿布。ロキソニンテープというもの。薬局で買う湿布とは違うような感じはします。効き目はありそうな、そんな感じです。この湿布は1日1回患部に貼り付けるようですが、1日1回だそうです。それ以上の使用は副作用が起こる可能性があるそうです。

 ただ膝に貼るので、なかなかジャストフィットしません。上からサポーターでもかぶせればよいのですが、寝ている間はダメだそうです。寝相が悪い僕が夜の間、完全に付着したまま保つのでしょうか。

 それにしても21枚もくれました。3週間分です。完治するのに3週間もかかるのだろうか。

| | コメント (0)

2011年9月27日 (火)

膝サポーター

Photo  膝の状況があまり変化なく、結局、病院に行くことに。ここの整形外科に来るのは4年ぶりです。お医者さんが膝のどこが痛いかを聞いてきます。だからこのあたりと曖昧に言うと、膝周辺のさまざまな部位をかなり強く押してきます。そして、「ここはどう?ここはどう?」と聞いてきます。膝を押されたら、どこでも痛いです。もう押そうとする瞬間から痛くなってきます。押す瞬間に思わず、寝ていた体を起こしてしまいました。

 で、レントゲン撮影。骨に異常なし。おそらく靱帯にストレスがかかっているのだろうと。まあ、湿布をしていたらそのうち治ると。ただし、治るまでは走っちゃダメと。何だか走らない方がストレスになりそうですが、完治するまで様子を見ようっと。

 薬局で膝のサポーターを買いました。バンテリンのサポーターです。ガッチリ固めてくれます。湿布がズレたりもしないのでなかなかの好感触です。早く治りますように。

| | コメント (0)

2011年9月26日 (月)

インドメタシン

An  膝の調子がいまいち不安定です。歩けないとか走れないというわけではないのですが、痛いです。ということで薬局で『アンメルシン1%ヨコヨコ』を購入。なぜこれを買ったかというと、表題に「いひざ・腰に」と書かれてあったからです。しかも痛いひざの部分はわざわざ太字の赤囲いです。いかにも膝に効きそうです。

 しかし、ひとつ疑問が。1%って何の1%なのだろう。特にそれに関する表記はありません。で、成分をみてみると100mL中にインドメタシンというのが1000mg入っています。まあ容量的にはほぼ1%にあたります。多分このことなのでしょう。

 早く膝が完治しますように。

| | コメント (0)

2011年9月25日 (日)

秋晴れの運動会

 勤務校で運動会でした。先週の不安定な天気とは全く違い、まさに秋晴れ。天気の心配は全くなしでした。ここの学校は運動会当日だけ、音響システムをレンタルするようです。トラック内はちょっとしたライブハウスのような感じです。結構値が張るようですが。

 それにしても徒競走で一生懸命走る子どもたちの姿は感動的です。やっぱり一生懸命な姿は人の心にズシンと響きます。何だか響かされてばかりです。自分が誰かの心を響かせることなんてないのだろうか。反省です。

| | コメント (0)

2011年9月24日 (土)

膝が痛い

 土曜日ですが、出勤です。明日運動会なので準備があるからです。学校に到着すると、どうも右膝に違和感が。まあ、そんなに気にはしていなかったのですが、時間が経つにつれ痛みが増してきました。昼頃には激痛が走り出しました。ただピークはその時点で、その後、多少痛いというくらいに落ち着きました。家に帰って、エアサロンパスを思いっきり吹きかけました。

 昨日10km走ったのが原因なのだろうか。でも昨日走ったのは朝です。走り終わって、昼も午後も夜も全然痛くなかったのに。ただ気になってインターネットで調べるとランニングで膝を痛めた人がゴロゴロ出てきました。原因は膝の周りの筋肉とのこと。そしてストレッチが大事であるということ。

 無理はいけません。でも、本当に走ったのが原因なのだろうか。昨日寝ている時に、膝をくねるような夢でもみていたのではないだろうか。

| | コメント (0)

2011年9月23日 (金)

転の課題

 朝、走ることに。このあたりは放射冷却のせいもあって、最低気温は12度。寒いです。ただ、走るには適した気温です。ということで10kmを走ることに。この10kmは普段走る5.2kmのコースとそのコースの少し短縮の4.8kmのコースと2周走ります。1周目24分、2周目24分でいけば48分でゴールします。48分なら1km4分48秒ペースです。一応、このペースを目安に走ります。

 走り始めるとだいたい最初は気怠い感じがします。だから「やっぱり5.2でやめておこうかな」という邪念が働きます。でもしばらく走っていると、体が疲れてくるせいか、邪念が消えていきます。そして1周走って家に戻ってきます。家の前にペットボトルを置いて、ミニ給水所にしています。水分を補給しながら時計をみると、23分15秒。やや速いペースです。そして2周目スタート。いつもここからがきついのです。自分でも一気にペースが落ちているのがよく分かります。ただ、そのうち体がそこそこ復活してきます。踏み込めるようになります。こうなると気持ちが前向きになります。まあ、疲れ切っているのでタイムは上がらないのですが。

 2周目の郵便局計測の目標は41分。ここを41分でいけば、残り7分で48分になります。で、タイムが40分45秒。いい感じです。さあ、ラストスパートといきたいのですが、思うように体が動きません。走りながら47分を切るぞって思いながら走るんですけどね。結局、47分13秒でゴール。

 やはり課題は中盤から後半です。物語でいうと起承転結の転の場面です。転がおもしろいから物語が締まります。ここをうまく乗り切るともう少しタイムが上げられそうな気がするけどなぁ。

| | コメント (0)

2011年9月22日 (木)

激しい寒暖

 目が覚めたら午前2時。寝ているときに目が覚めるのは良くあることです。というか毎日です。ただ今日の目覚めは質が違います。寒すぎです。起きて長袖のシャツを着用。再び寝床へ。

 職場へ行く際、車の中で掲示される外気温が19℃。もう一気に秋模様です。ちょっと前までは運動会の練習では半ジャージを着用していたのですが、もう無理です。さらに今日は上もウインドブレーカーを着用。一気に冬模様です。

 寒暖の差が激しすぎです。空の世界ももう少し考えてくれないと。

| | コメント (0)

2011年9月21日 (水)

おうちの人にインタビュー

 ロールプレイが結構好きです。机上の空論よりリアリティがあるからですまあ、それ以上に、自分が楽しんでいることもありますが。今日は社会でインタビューの仕方をしました。これから先さまざまなところでインタビューの経験をします。さしあたってそのインタビューを家の人にしてみることに。テーマはお店についてです。よく行くお店と、そのお店に行く理由です。

 そこで、「家の人に聞くからといって、適当に聞いてはいけません。これからいろいろなところでインタビューをするための練習です。きちんとします」ということに。インタビューをする上で必要なことを学び、実際にやってみます。まずは2人組で。2人組でするとおうちの人役側は丁寧に答えてくれます。まあ、そんなものです。ということで、僕の登場です。

 「おうちの人は忙しくて、あんまりインタビューをきいてくれないかもしれません。そういうときはどうしますか」って。そこで、僕がおうちの人役になって、何人かに実際にやってもらいます。僕は料理をしている役です。子どもが「今、インタビューをしてもよいですか?」と聞いてきます。すると、「お母さんは料理をしていて忙しいの!もう宿題は終わったの?」なんて、とりあえずジャブを打ちます。これだけで教室中は大爆笑です。「1番良くお店はどこですか?」って聞いてきます。だから「何でそんなこと聞くの?」って。

 教室にいる子たちは、自分たちがやっている状況を知っています。ただ、相手は何も知りません。だから質問の意図を伝えなくてはなりません。こういうことはロールプレイから気づくことでもあります。

 今日の宿題です。子どもたちは上手におうちの人にインタビューができたでしょうか。

| | コメント (0)

2011年9月20日 (火)

寒い

 暑さ寒さも彼岸までといいますが、彼岸前ですが、寒いです。先週と比べると雲泥の差です。この辺りの今日の最高気温は21℃だったそうです。真夏日一転です。スモールステップなしです。ジェットコースター並みの急変です。

 台風が過ぎ去ったら、少しは穏やかな天気になるのかなぁ。でも台風がもたらす雨は半端無いです。至るところで道路が冠水しています。冠水している量も尋常無いです。腰の高さくらいまで水がきています。日本列島は大丈夫なのだろうか。

| | コメント (0)

2011年9月19日 (月)

敬老の日に走る

 敬老の日です。ということで(?)走ることに。雨予報なのですが、雨は降らず。そして、先週とは違って、暑くなく。風がやや強いですが、走るにはいい感じです。2週間ぶりに5.2kmを走るので、23分を目標に。

 最初は何となく気怠さがあったのですが、徐々に慣れてきました。足も踏み込めています。郵便局前の計測で16分16秒とかなりの好タイム。ここから家まで6分で戻れば、22分10秒台です。がしかし、ここから猛烈な向かい風が。体の疲れもあってなかなか前へ進めません。結局、22分23秒でゴール。それでもなかなかの記録でした。

 20分ちょい走っている間にさまざまな心の葛藤があります。楽しようと思えばいくらでも楽できます。それに対して負けるなと思ったり、ちょっとペースを落とそうと思ったり。しかし、それらがすべてタイムという結果に表れます。今の僕ならば、天候にもよりますが、22分30秒を切れば、かなり強気な走りです。切れなければ、どこかで緩めています。

 まあ、どちらにしろ走り終わったあとの爽快感はたまりません。

| | コメント (0)

2011年9月18日 (日)

外での仕事?

 2ヶ月ぶりに髪を切りに行くことに。ここ最近、髪が切りたくて仕方なかったのですが、時間が取れず。で、ようやくちょっと時間が取れたので。思いっきりバッサリと切ってもらいます。髪は短い方がいいです。朝も楽だし、シャンプーも楽ですから。

 髪を切ってもらうところでは、マッサージのサービスがあります。至福の時間です。するとマッサージをしてくれている方が僕に「外でお仕事されているのですか?」って。質問の意味があまり理解できず、「えっ?」って聞き直すと、「腕がやけに焼けているので」って。確かにそうです。真っ黒です。腕だけではありません。顔もです。運動会の練習が続くので、ここ最近の灼熱の日差しをモロに受けています。ある意味、外で仕事をしているというのも正解です。

 でもこれからしばらくその日差しも少なくなりそうです。何だか気候の差が激しすぎです。

| | コメント (0)

2011年9月17日 (土)

雨予報の運動会

 娘たちの運動会の日です。前日予報では降水確率90%。しかも今日以降雨予報が続きます。延期の延期の延期なんてことになる可能性ありです。5時20分起床。雨は降っておらず。テレビのデータ放送で今日の天気を調べます。案外もちそうだったり、雨が降りそうだったり、局によって情報も違います。

 6時、花火の号砲が。開催決定です。PTA競技などは飛ばして、できる限り午前中に子どもが直接関わるプログラムは終了するとのこと。だから、たいてい午後の初っぱなにある応援合戦が11時には行われました。子どもたちは休む間もなく次から次へ種目をこなしていました。プログラムを早回しにしたせいで、高学年が徒競走と障害物走が連続で行われました。でも普通にこなしていました。立派です。

 昼頃、パラパラと雨が降りましたが、何とか持ちこたえました。結局、午後はPTA競技など飛ばした競技を連続して行うことに。保護者もヘロヘロです。

 まあ、とにかく行えて良かったです。 

| | コメント (0)

2011年9月16日 (金)

カッコいい応援団

 運動会が迫ってきました。僕の担当は応援団の係です。夏休みの後半からずっと応援団はがんばっています。2学期に入ってからは、昼休み、放課後と毎日練習です。こんなにも応援に練習時間を費やす学校は初めてなので戸惑いが大きいのですが、その分、完成度は高いです。

 応援団の子たちは自分たちで作り上げていくという意志が強いです。だから僕もその流れにできるだけ沿うようなポジションにいるようにします。応援団のアイデアを重視するようにします。だから毎回、子どもたちの話し合いから応援の内容が変わっていきます。その変わり方も向上する変わり方です。すごくステキです。

 とにかく褒めようって思っています。過去、何度か応援の係になったこともありますが、かなり厳しく子どもたちに言ったこともあります。確かにそこそこの厳しさも必要です。でも、僕の考える想像以上に子どもたちががんばっているし、それがヒシヒシと伝わってきます。そのがんばりがカッコ良すぎます。

 やらされている応援ではなく、自分たちが作り上げていく応援。彼らにとっては、大変だけれども、猛烈に価値のある時間だと思います。

| | コメント (0)

2011年9月15日 (木)

運動会の適当な時期って

 運動会が近づいています。秋に行われるので、秋季大運動会と銘打っていますが、気候は秋というより夏です。暑すぎです。この暑さの中、開会式の練習をしています。ジーッと立っている子どもたちは本当に立派です。でも、運動会って何を求めているんだろう。この暑さの中でも、自分の弱さに負けることなくきちんと気を付けをすることなのだろうか。そんなことをしていたら、熱中症で倒れてしまいます。場合によっては命に関わります。

 きちんとすることは大事なことだし、きちんとさせるのも学校の先生の仕事です。しかし、きちんとを求めるにはあまりにも気候が悪すぎます。まじめな子ほど一生懸命忠実にがんばります。しかし、この暑さの中では忠実さはかえって危険です。

 ずいぶん前のブログでも、運動会の時期について書きました。一昔前と地球の温度が違います。春にするか、10月以降にするかに換えた方が良いように思います。運動会を本当に一生懸命に取り組ませるならば、適当な環境の中でないと難しいです。例年通りを変えるのは勇気のいることですが、何かあってからではダメですしね。

 明日も暑いんだろうな。でも、明日以降は天気が怪しそうですが・・・。

| | コメント (2)

2011年9月14日 (水)

よく働くガッコの先生

 日本の先生は勤務時間が長いそうです。OECDの調査によると日本の小学校の先生の勤務時間は2009年の時点で1899時間。データのある調査対象国21カ国の中でアメリカに次いで2番目に多かったそうです。ただし、授業に費やす時間は707時間で、授業以外の事務作業が勤務時間数を押し上げているとのこと。

 ちなみに僕はだいたい学校に1日11時間ぐらいいます。この中には俗に言う休憩時間というのは含まれてはいますが、子どもがいれば休憩なんてできません。だからほぼフルに11時間働いています。授業日数が年間200日くらいなので、11×200で2200。さらに夏休みとかの長期休業の時も普通に仕事があるので、2500時間くらいは働いているように思います。もちろん、僕以上に長い時間働いていらっしゃる方はかなりいます。学校の先生は(他の職種の方もそうでしょうが)よく働きます。

 ただ、この中にはかなりのしなくてもよいと思われる仕事が含まれています。無駄を省いて、段取り良く仕事をこなす。これでかなりの時間が削減できるように思います。そして、削減できた分を授業改善に充てればよいのです。

 ちょっとした発想の転換なんだろうけどなぁ。しなくてはならないことが多すぎると、心がギスギスします。ギスギスした心では目の前にいる子どもに還元ができません。とにかく現状は変わらないんだから、自分からゆとりを作り出さないと。というわけで、帰宅後走ることに。ただ、もう暗かったので、2kmだけを。短い距離だけれども、走ると心がスッキリします。無我夢中になれるからだと思います。

| | コメント (0)

2011年9月13日 (火)

久々に走る

 9月初走りを。といっても5.2kmコースではなく、2km×2を。ここ最近、走るタイミングを失っていました。まあ余裕がないといえばそれまでなのです。だから余裕を作ろうと早めの帰宅。すると上の娘も走りたいと。だから2kmコースを。

 1周目は娘と一緒に。それにしても暗くなるのがずいぶん早くなりました。サングラスをつけて走っている意味があまりなくなってしまいます。それでもサングラスをつけて走ります。ただただ気分を高揚させるためだけに。2周目は自分1人で。ちょっぴりペースを上げます。一応目標を7分台に設定。2kmはすぐに終わります。それでも後半はさすがにくたびれます。でも心地良いくたびれ加減です。で、ゴール。7分35秒でした。

 久々に気持ちのよい汗をかきました。

| | コメント (0)

2011年9月12日 (月)

鍛える

 教育実習生に授業を見せることに。で、教科は『理科』。なぜ故、理科なのかというと、僕は理科主任だからです。理科の見せる授業って、16年になる教員生活の中で、ほとんどしたことがありません。一度だけ、参観日でしたことがあります。それも1日参観日で、その1日の1つに理科の授業が組まれていたというだけ。しかもそのときの参観者は保護者1名でした。今回の授業は教育実習生だけではなく、なぜか校長・教頭先生のトップ2も参観に。まあ、僕に限らず、すべての実習生への公開授業には参観されるようですが。

 『昆虫』の学習です。パワーポイントで昆虫を示し、胸の部分を確認していきます。胸が分かれば、頭と腹は分かりますからね。最初にチョウを、そしてバッタ、トンボと示していきます。このあたりは明らかに3つの部分が違います。そして4つ目にクワガタを示します。クワガタは一見しただけでは胸と腹の境が難しいのです。というのは、定石通り胸から足が6本と考えると、胸がかなり長くなり、腹の部分がかなり小さいのです。アンバランスを感じるのです。だから、こんなに胸が長くてよいのかと揺さぶります。この揺さぶりを通して、昆虫は胸から足が6本出ていることを確認しました。

 その後、クモとダンゴムシを示して、昆虫との違いを表現させます。『クモは昆虫ではありません。なぜなら~』『ダンゴムシは昆虫ではありません。なぜなら~』の形式でどんどん答えさせていきました。そうこうしていると1時間が終わってしまいました。

 こういうちょっとした刺激は必要です。運動会の練習などここ最近は子どもも先生も忙しい日々が続きますが、学校生活の核は授業です。学校行事でも子どもは鍛えられますが、授業ではもっと鍛えられるし、鍛えるのが先生の仕事です。というか、こういう刺激は自分自身が一番鍛えられますがね。 

| | コメント (2)

2011年9月11日 (日)

点天

Tenten  今週末も所用で関西方面へ。新大阪駅のお土産コーナーの至るところにたいていある『点天』の餃子を購入。ビールのおともに最高の品です。点天の餃子はニラのインパクトが実に良いです。

 それにしても、新大阪駅は人が多いです。どこに行っても、人・ヒト・ひとです。

| | コメント (0)

2011年9月 9日 (金)

科学展審査

 午後から出張です。理科の科学展の審査です。夏休みの科学作品が部屋いっぱいに展示されます。どれもこれも力作ばかりです。子どももがんばったんだろうけれども、お家の人も相当がんばったんだろうなって思える作品が並びます。でも、それでいいんだと思います。これぞ親子のふれあいですからね。

 今年は液状化現象のことや風力発電など東北の震災を受けてのものが多かったです。実際に調べてみることで、机上の空論ではなくなりますからね。

 それにしても、立派な作品を見ればみるほど、親である自分に対して反省ばかりです。

| | コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

スーパーのロールプレイ

 社会でスーパーの勉強をしています。今日は、自分がもしも店長だったらという立場で進めていきました。まずは従業員確保。何の仕事が必要かを資料や経験を元に考えます。レジ係やサービスカウンターなどが挙がりました。次にそれぞれの仕事の内容を考えます。ここではあくまでも想像の範囲です。これが今後の見学につながっていきます。

 さて、仕事内容を考えたら、ロールプレイをします。店長が従業員を採用する時に、仕事の内容を説明するという場を設定します。僕は店長補佐役で登場します。本当は補佐役はない方がよいのですが、子どもたちだけの運営だとテンポが悪くなってしまう恐れがあるので。テンポは大事です。

 店長は従業員に仕事内容を説明します。従業員は分からないところを質問します。そして店長が答えます。この様子を他の人たちが見ます。これをいろいろなパターンで繰り返します。大爆笑です。しかし、ここから「もっとこんな仕事をするのではないか」という疑問が出てきます。ただの想像が、少しずつ形になっていくので、ロールプレイは価値があります。

 それにしても3年生くらいなら、ロールプレイをするといっても、喜んでやるからいいです。もう少し年を重ねると恥ずかしがって、うまくできなくなってしまいますからね。 

| | コメント (2)

2011年9月 7日 (水)

間を作らないように

 授業を作る上で大切なことの1つに、間を作らないことがあります。つまり、ボーッとすることがなく、しかも適度な緊張感があるような状態を常に作っておくことです。もちろん全員です。

 国語で夏休みの出来事をスピーチするという勉強をしています。展開は①テーマを決めて、②そのテーマについての質疑応答をし、③その質疑応答をスピーチの内容に加えて原稿を作成し、④実際にスピーチをするというもの。で、今日は②の質疑応答です。教科書ではグループで質問をするとなっています。しかし、グループ活動をすると、する子としない子が出る可能性があります。そこで2人組を作り、一方が質問をし、一方が答えるという形にしました。それを交互にします。時間も長くは取らず1分間で、テンポよく進めます。双方の質疑が終われば、相手を換えて同じように繰り返します。質問する側も答える側も1人なので、自分ががんばらなければいけません。人を頼れません。もちろんグループですれば、人数が多い分、さまざまなアイデアが生まれることもあります。しかし、今回はアイデアを出すのが主ではなく、数多く質問をするのが主なので、個別を優先しました。

 授業時間は45分しかありません。誰にとっても充実した時間にしなくてはならないし、そう導くのが先生の仕事です。

| | コメント (0)

2011年9月 6日 (火)

くろの日

 9月6日です。「くろの日」です。一応、この「くろ」は『黒染め』のくろのようです。1989年に京都黒染工業協同組合が定めたもので、黒染めの紋服や留め袖などをぜひ買ってもらおうという趣旨で創設されたものです。

 それにしても「くろ」というのはあまりよいイメージのものではありません。負けたら黒星だし、黒猫が横切ると不吉な感じがするし。陰険で意地悪いことを腹黒いって表現したり、犯人はクロだと表現したり。

 でもコーヒーはブラックがいいですね。

| | コメント (0)

2011年9月 5日 (月)

ぷるるるんうるるるん

Chuchu_2  最近、車の中でよく聴いている曲があります。moumoonの『ChuChu』です。ようはチューの歌なのですが、歌詞云々よりも曲のテンポの良さが好きです。エネルギーがもらえます。

 どうも最近、エネルギー不足なので、エネルギーを他から求めている傾向にあります。かなり他力本願ではありますが。自分でエネルギーを作り出そうと思い、走ってみたら脚が全く上がらず、24分21秒と過去最低のタイム。悲しい・・・。

 ぷるるるんうるるるんって、柔らかい気持ちでいないと。明日の車の中も『ChuChu』がリピートされそうです。

| | コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

1dayコンタクト

 所用で、金曜日のお仕事終了後すぐに関西方面へ。本当は土曜日から行くつもりだったのですが、台風がやってきているので早めに行くことに。

 2泊するので、コンタクトの保存液を丸ごと持っていかなくてはなりません。というのは、1泊なら普段使っている容器に入れておけばよいのですが、2泊ならその液を換える必要があるからです。保存液はそこそこ大きいので荷物になります。ということで、コンパクトな1dayコンタクトを持っていくことに。この1dayコンタクト、前にコンタクトを換えたときにサービスでもらったやつです。

 1dayコンタクトは洗ったりする必要性がないから便利です。ただ、慣れていないせいか、なかなか目に入りません。それに僕は目が小さいので、苦しいです。コンタクトを入れるのに5分以上費やしました。もうハーハー言いながらつけました。ある意味格闘です。まあ2泊以上の旅行のときは邪魔にならないので助かりますけどね。

 それにしても風が強かったです。恐るべき台風です。

| | コメント (0)

2011年9月 1日 (木)

目薬

 どうも目の調子が悪いです。コンタクトが原因かなと思い、コンタクトを換えたけれども大して改善せず。コンタクトを外していても、いまいちパッとしません。ということで目薬を買いに薬局へ。最近の薬局は薬以外のものをたくさん置いています。店によってはビールを置いていたりします。何でもありです。

 お店の人に症状を伝えると、1つの目薬を勧められました。勧められるがまま、その目薬を購入。で、目薬を差してみます。気持ちよいものです。一気に改善したような気分です。気分だけなのですが。

 それにしても目薬を差すって、難しい行為です。僕の目が小さいせいか、ただ不器用なせいか、多少ビビッているせいか、いい感じに注入できません。ずいぶん目薬を無駄にしてしまいます。

| | コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »