« 大人の睡眠時間 | トップページ | もう少し »

2011年9月30日 (金)

便利なものなのに

 理科の時間にNHKのデジタルコンテンツをたまに使います。今日も使いました。準備物として必要なのがまずはパソコン。教室の環境では、児童用のパソコンとしかつながらない設定になっています。がしかし、児童用のパソコンは視聴覚室にしかありません。しかもすべてデスクトップです。だから視聴覚室からハードディスクだけ教室に持ち出しています。ほとんどの先生が使われないようなので、ほぼ教室に常駐しています。

 次に映像をどこに映すかです。黒板に白い紙を貼って映すと大きく映っていいのですが、難点が。このパターンにすると音源も必要になります。その準備は大変です。だから両方を兼ね揃えたテレビに接続することに。しかし、このテレビ。あまり大きなサイズではありません。もうワンサイズかツーサイズ大きければ良かったのに。

 それにしてもテレビを用意したのも、パソコンを用意したのも市です。市は教室でのICTをイメージしなかったのでしょうね。とりあえず物さえ揃えておけばって感覚だったのでしょう。イメージができていれば、デスクトップよりもノートって明らかだし、テレビも大画面だったでしょう。現有のパソコンのリースがそろそろ切れるので、次のはノートになりそうですが、テレビはしばらくこのままです。あるものでどうにかしないといけないのですが、どうにかする手間は結構な浪費です。

 便利なものが便利に使えないと悲しいですね。

|

« 大人の睡眠時間 | トップページ | もう少し »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 大人の睡眠時間 | トップページ | もう少し »