« 間を作らないように | トップページ | 科学展審査 »

2011年9月 8日 (木)

スーパーのロールプレイ

 社会でスーパーの勉強をしています。今日は、自分がもしも店長だったらという立場で進めていきました。まずは従業員確保。何の仕事が必要かを資料や経験を元に考えます。レジ係やサービスカウンターなどが挙がりました。次にそれぞれの仕事の内容を考えます。ここではあくまでも想像の範囲です。これが今後の見学につながっていきます。

 さて、仕事内容を考えたら、ロールプレイをします。店長が従業員を採用する時に、仕事の内容を説明するという場を設定します。僕は店長補佐役で登場します。本当は補佐役はない方がよいのですが、子どもたちだけの運営だとテンポが悪くなってしまう恐れがあるので。テンポは大事です。

 店長は従業員に仕事内容を説明します。従業員は分からないところを質問します。そして店長が答えます。この様子を他の人たちが見ます。これをいろいろなパターンで繰り返します。大爆笑です。しかし、ここから「もっとこんな仕事をするのではないか」という疑問が出てきます。ただの想像が、少しずつ形になっていくので、ロールプレイは価値があります。

 それにしても3年生くらいなら、ロールプレイをするといっても、喜んでやるからいいです。もう少し年を重ねると恥ずかしがって、うまくできなくなってしまいますからね。 

|

« 間を作らないように | トップページ | 科学展審査 »

教育」カテゴリの記事

コメント

ロールプレイはおもしろいです。ちょっとした劇団気分です。クラスの中に、こういうのが大好きな子がたいていいますからね。まあ、苦手な子もいますが。

投稿: パパ | 2011年9月 9日 (金) 21時36分

こんばんは。

相変わらず楽しそうな授業ですね!
うちの子も、去年社会で同じようなことを学びましたが、
こんな面白い事はしていませんね・・・

うちの子も、このロールプレイの仲間にいれてもらいたい位です(笑)

投稿: kiki | 2011年9月 8日 (木) 21時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 間を作らないように | トップページ | 科学展審査 »