« 久々に走る | トップページ | 運動会の適当な時期って »

2011年9月14日 (水)

よく働くガッコの先生

 日本の先生は勤務時間が長いそうです。OECDの調査によると日本の小学校の先生の勤務時間は2009年の時点で1899時間。データのある調査対象国21カ国の中でアメリカに次いで2番目に多かったそうです。ただし、授業に費やす時間は707時間で、授業以外の事務作業が勤務時間数を押し上げているとのこと。

 ちなみに僕はだいたい学校に1日11時間ぐらいいます。この中には俗に言う休憩時間というのは含まれてはいますが、子どもがいれば休憩なんてできません。だからほぼフルに11時間働いています。授業日数が年間200日くらいなので、11×200で2200。さらに夏休みとかの長期休業の時も普通に仕事があるので、2500時間くらいは働いているように思います。もちろん、僕以上に長い時間働いていらっしゃる方はかなりいます。学校の先生は(他の職種の方もそうでしょうが)よく働きます。

 ただ、この中にはかなりのしなくてもよいと思われる仕事が含まれています。無駄を省いて、段取り良く仕事をこなす。これでかなりの時間が削減できるように思います。そして、削減できた分を授業改善に充てればよいのです。

 ちょっとした発想の転換なんだろうけどなぁ。しなくてはならないことが多すぎると、心がギスギスします。ギスギスした心では目の前にいる子どもに還元ができません。とにかく現状は変わらないんだから、自分からゆとりを作り出さないと。というわけで、帰宅後走ることに。ただ、もう暗かったので、2kmだけを。短い距離だけれども、走ると心がスッキリします。無我夢中になれるからだと思います。

|

« 久々に走る | トップページ | 運動会の適当な時期って »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 久々に走る | トップページ | 運動会の適当な時期って »