« 走ること | トップページ | 横浜モバゲー »

2011年10月23日 (日)

普通

 先週起こった中国での2歳の女の子が犠牲になったひき逃げ事件。車は彼女にぶつかったことに気がつきつつもそのまま走り去ったのですが、その際、後輪で再び彼女をひいていました。その後、7分間に18人もの通行人が通り過ぎたのですが、誰も彼女を助けようとはしなかったそうです。その間に別の車がもう一度、彼女をひいています。事故後、集中治療室で治療を受けたのですが、死亡しました。この事件は中国社会の冷たさ、道徳の崩壊を示すものとして大きな注目を集めました。

 なぜ、見て見ぬふりができたのか、さまざまな見方が飛び交っています。以前、助けた側が言いがかりをつけられ、逆に訴えられたとか。拝金主義が蔓延してるとか。刑罰が軽すぎるからとか。でも、目の前に車にひかれた2歳の女の子が目の前にいたら、普通は、どうにかしようとは思うのだろうけれども。

 しかし、見て見ぬふりをするのが逆に「普通」になってしまっているのかもしれません。事なかれ主義とでも言いましょうか。でも、それって感情のないロボットみたい。人間なのに、人間じゃないみたい。

 他国の出来事として捉えるよりも、同じ人間が起こしたこととして捉えないと。自分には関係ないという思いが「普通」になってしまうのはあまりにも悲しすぎるから。 

|

« 走ること | トップページ | 横浜モバゲー »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 走ること | トップページ | 横浜モバゲー »