« ちいちゃん | トップページ | カエル »

2011年10月12日 (水)

計算のじゅんじょ

 算数で「計算のじゅんじょ」という単元があります。単独単元なのですが、扱いは1時間扱いです。何とも軽い扱いです。どういうものかというと、『ジャングルジムの高さは2mです。木はジャングルジムの3倍、校しゃは木の2倍の高さです。校しゃの高さは何mですか』といった問題です。これを2つのパターンで考えます。1つは木の高さを求めてから、校舎の高さを求めるといった順々に計算していくもの。もう1つは結果的にジャングルジムの何倍が校舎なのかを考えてから、計算するもの。前者の式は2×3×2=になるのに対して、後者は2×(3×2)=になります。つまり、かけ算の場合、かける順をかえても答えは同じになりますよというもの。確かにそうなのですが、かなり無理矢理感が強いです。

 例えば7×4×25=のように、順々に計算するよりも、かける順をかえて計算した方が明らかにメリットがある計算なら、この単元の価値は猛烈にあるのでしょうが。2×3×2=の場合は、かける順をかえたところであまり大きな違いはありません。

 まあ、本当はこの単元に大きな意図があるのでしょう。3年生という今だからこそ、この計算の順序を学ぶ必要性が本当はあるのでしょう。多分・・・。でも、それに僕はあまり気づけません。悲しいですが・・・。そして、今日1日でこの単元も終了です。

|

« ちいちゃん | トップページ | カエル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ちいちゃん | トップページ | カエル »