« 予防接種 | トップページ | 試走 »

2011年11月22日 (火)

106億円

 ここ最近、新聞紙上をにぎわせている大王製紙の前会長井川意高さん。弁護人を通じ、子会社からの総額約106億円の融資を全て個人的用途に使ったことを認めた上で、借入金のほとんどをカジノでのギャンブルに使ったことは事実と発表したようです。

 106億円です。しかも借入金です。あまりにも庶民感覚からズレているのでイメージできないのですが、とんでもない額です。どうやって返済するのだろう。というか、もう返済しないのかなぁ。

 ギャンブルがいけないとは思いません。僕もたまに競馬場に行きますし。ただ、限度があります。もともとギャンブルは損する仕組みになっています。競馬も25%は税金とかで引かれるので、100円の馬券が購入した時点で75円の価値になっているわけです。だから儲けるというのは相対的に考えればありえないことなのです。

 それにしても106億円かぁ。しかも自分のお金でもないのに。ギャンブルは人の心を狂わすと言われますが、この人の場合、ギャンブルのせいではなく、この人自身が自分に甘すぎたような気もします。

|

« 予防接種 | トップページ | 試走 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

親の背中を見て、子どもは育つものです。その背中が10年先、20年先に子どもが大人になった時に反映されるわけですから。親として「見せられる背中」であらねばいけませんね。

投稿: パパ | 2011年11月23日 (水) 09時18分

papa先生、こんばんは。

106億円、すごい金額ですよね!
ご存知かも知れませんが、この方のお父様は、学生の頃から彼を甘やかし、お金、銀座、人脈と、親が与えられるものは何でも与えていたそうですよ。つまりは、自分がしたい、これは良いんだと思う事は全部子供にやらせたそうで。
だから、育つ過程から、父親と彼(子供)の価値観がほとんど一体になっちゃってたんですよね。
本来、親の資産は親の物。自分のものじゃない。と認識して育たなければならないところを、親の資産=自分の資産という認識で育っちゃったもんだから、本当に気の毒としか言いようがありません。

昔(結婚する前)、母に
「酒癖、女癖、金癖の悪い男の人はだめよ。
この3つは、ある意味病気だからね。」
と耳にタコが出来るくらい言われていたのがよくわかります。

主人のお嫁さんになれて、本当に良かったです。

投稿: kiki | 2011年11月22日 (火) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 予防接種 | トップページ | 試走 »