« 投げる<捕る | トップページ | ピタリ300グラム »

2011年11月18日 (金)

職場体験

 職場体験で中学生が来校。小学校という職場を体験するわけですから、学校の先生という仕事はどういうものかを学ぶためにやってくるわけです。なら今通っている学校の先生の姿で十分なような気もしますが。まあ、環境を変えて新たな目で見ることも大切なことです。

 たいてい母校の生徒がやってきます。僕のところにもやってきましたが、僕のところに来た子は母校ではない子です。しかも僕の前任校にいた子です。まあ、だから僕が受け入れることになったのですが。とはいえ、僕はその子を担任したわけでもないので、詳しくは知らないのですが。でも、見たことのある顔でした。2年前に比べると、少し大人の顔になっていました。

 その子が教室に入るなり、クラスの子たちはスペシャルハイテンションに。おもしろい子たちです。がしかし、職場体験とはいえども、教育実習と違うので授業をするわけにもいきません。ほぼ子どもたちと一緒に授業を受けるという形で1日を過ごしました。

 それにしても中学生にとっては貴重な体験でしょうね。普段過ごしているわりとぬるま湯い環境から得体の知れない緊張感のある場に1人で立ち向かうわけですからね。そりゃ、国語や数学を勉強するよりも遥かに価値のある時間だと思いますよ。だからこそ、もっと為になることをしてあげていたらなぁって反省します。ごめんなさい。

|

« 投げる<捕る | トップページ | ピタリ300グラム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

小学校に中学生が来ると、小学生にとってもメリットがあります。双方に刺激的でよいですね。

投稿: パパ | 2011年11月19日 (土) 21時08分

うちの子も職場体験で母校の小学校に行きました。
当初は職員会議から参加という話もあったようですが、それは見送られました。小テストの採点を手伝ったり、小学校の先生を職業という角度から見ることができて貴重な体験をしたようです。

投稿: とーる | 2011年11月19日 (土) 06時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 投げる<捕る | トップページ | ピタリ300グラム »