« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月31日 (土)

サモア

 南太平洋に浮かぶ島国サモア。日付変更線の東側から西側の時間帯へと移すことに。これに伴い、29日から日付が変わる時点で、30日を丸一日飛ばして、31日の大みそかになることに。もともとサモアはアメリカが最大の貿易相手国だったので、アメリカに近い方の時間帯を選択していたのですが、最近はオーストラリアとかニュージーランドとの取引が多くなったよう。だから、そちらの時間帯にした方が都合が良いんだそうです。

 それにしても丸1日なくなってしまうって不思議な感覚です。冬休みも1日減るってことになるのかなぁ。そういえば、来年のカレンダーを見ると祝日がやたらと土曜日にあります。その分、お休みが1日ずつ減ります。来年のことをいうと鬼が笑うといいますが、祝日の休みって結構貴重なのに。

 2011年も、もうすぐお終いです。来年はどんな年になるのかな。1日飛ばしたくなるような日もあるかもしれませんが、それも自分の糧にしていかないと。

 良いお年を。

| | コメント (0)

2011年12月30日 (金)

 動物園へ。猿を見に行きました。猿のジャンプ力は大したもので、205cmの高さにあるピーナッツを取ってしまいました。Saru_2 
これくらいのジャンプ力のある猿は滅多にいないと飼育員の方は言われていました。ただ、そんなにジャンプ力がなくても同じ高さにあるピーナッツを取ってしまう猿もいます。その猿は近くにある高いものを利用して、まずそこに乗ってからジャンプをするのです。この猿はメスの猿です。飼育員さん曰く、メスの猿は、こういう賢さがあるそうです。オスの猿はただ飛ぶという体力勝負のみに固執するようです。

 他にもおもしろいことを聞きました。棒を引いたら扉が開いてピーナッツが取れるシステムの道具があるのですが、この『引く』という行為ができる猿はその園で1匹しかいないそうです。猿は見て学ぶのではなく、経験から学ぶそうです。多分、その猿は何らかの弾みで棒を引いたのでしょう。すると扉が開いてピーナッツが出てきたのでしょう。その経験が偶然であれ、経験しないとその行為の意味が身につかないようです。

 これって人間にも言えることです。経験は大事です。見ても聞いても何となくは分かりますが、それはただの知っているつもりの解説者と同じです。うわべだけ分かったつもりでは、本当は1割も分かっていないのです。表面に見えるものだけではなく、見えない中身が本質を支えていますからね。本質を知るには経験しかありません。

 2011年もあとわずかです。今年はどれだけのことが経験できたでしょうか。何だか表面だけしか見えていないことが多かったような気がします。今年足りなかった分を補おうと考えると、来年しなくてはならない課題が山積みです。

 でも、本当は、課題があるって、幸せなことです。

| | コメント (0)

2011年12月29日 (木)

マラソン1年生

 本屋さんへ。一応、学校の先生なので、本屋さんへ行けば教育書コーナーへは立ち寄ります。がしかし3分で終了。エッセイとかの別の楽しそうなコーナーへ。年末の妙な心のゆとり(?)のせいか本を4冊も購入。その中の1つが、たかぎなおこさんのコミックエッセイ『マラソン1年生』。

Photo  たかぎさん自身のマラソン物語です。マラソンを始めて経験するさまざまなこと。筋肉痛や、走った後のビールのうまさなど、共感できるところだらけです。たかぎさんは10kmの大会を2回経験して、ハーフを2回経験して、そしてホノルルマラソンに向かいます。ホノルルかぁ。いいなぁ。

 たかぎさんはたまたまテレビで見た東京マラソンで楽しそうに走っている人の姿から、自分もやってみようって思ったそうです。普段は運動不足で、走ることに興味があったわけでもないのに。でも実際に走ってみると、次のステップ、次のステップとどんどん階段を駆け上がっていくのです。僕も似たようなものです。走る前は、走ることそのものに全く興味がなかったのに。

 人って、それなりに向上心があるんだと思います。現状より少しでも上へって思いがあるんだと思います。それが勉強だったり、スポーツだったり、いろいろあるんでしょうが。ただ、何かがんばろうって思うものがあると、ワクワクしますね。僕の場合、走ること以外にもがんばらなくてはいけないことがあるのは百も承知です。走るときのがんばりを他にも生かせればよいなんて都合のよいようにいかないこともわかっています。ただ、走り始めたこの1年で、物事の考え方がずいぶん変わったなって気はします。まあ、もともと多少変わっていたので、大した変化はないかもしれませんが。

 現状打破するためには、前に進まないと。

| | コメント (0)

2011年12月28日 (水)

あと1.5km

 時間があるので、長い距離を走ることに。適当にコースを設定すると16.3km。まあハーフの5km手前といったところです。西へ西へ走っていきます。途中猛烈な坂が待ち受けていました。気分は箱根駅伝の5区です。それにしても長い坂です。

 海沿いコースを走るのですが、ゆったりと海を眺める余裕もなく、とりあえず前へ前へ進みます。そして10km地点で時計を見ます。すると何とビックリ1時間6分でした。ものすごいスローです。キロ5分で考えていたので、この地点で50分くらいのつもりで走っていたのですが。しかし、そんなにスローではなかったしなぁ。距離の測り間違いかなぁ。なぁんて考えながら走ります。この地点からだいたい家まで6kmというのは分かっていたので、ここから30分くらいを目指して走ります。でも、ここからずっとダラダラと上り坂です。脹ら脛がぷるんぷるんします。ただ、まだしっかりと踏み込めています。走り方はいい感じです。そしてようやくゴール。1時間38分かかりました。ほぼ100分です。こんなに長い時間走ったのは初めてです。

 さすがに走った後はエアサロンパスのお世話になりました。改めて距離を確認すると19.6kmでした。ビックリです。あと1.5kmでハーフの距離です。ただ今日のペースはキロ5分1秒でした。5分切ることはできませんでした。でも、このペースならもう少し走れそうな気がします。2時間以内でハーフが走れそうな気がしてきました。

 それにしても今月はよく走りました。

| | コメント (0)

2011年12月27日 (火)

余力を残して

 午後から走ることに。まずは公園で娘2人と2kmほど。そのあと、昨日マラソンの申込書をもらった生涯スポーツ課まで走っていくことに。家から5.2km程のところです。25分かけて到着。そこにはサッカー場があります。どこかのクラブが練習していました。この寒い中、ご苦労なことです。まあ、僕もこの寒い中走っているのですが。

 走ってきたので、走って帰らなくてはなりません。連続して走るのではなく、多少休憩してしまったので、脚が何となくだるくなっています。だるさが抜けないまま走ります。しかし、走っているとだるさも感じなくなってきました。行きより、帰りの方が多少速いかなって思っていました。しかし、郵便局前で計測すると、予定よりも40秒遅いタイムでした。あらら。というわけで、最後はペースを上げて走ります。郵便局から家まで6分20秒で戻る予定でしたが、6分3秒でゴール。最後をしっかり踏み込めると、ヘロヘロの状態と違って、かなり心地良いです。

 ゆったりゆったり、そして余力があればペースを上げる。この走り方がいいのかも。

| | コメント (0)

90番

 勤務は一応昨日で終了です。ということで今日は午前中病院へ。いつもの病院ではなく、市民病院へ。先生曰く、この時期の咳の原因はよく分からないとのこと。で、出した薬が効き目があれば、原因はそれだろうと判断されるとのこと。ということで、3種類の薬が出されました。

 で、薬をもらうのですが、受付番号が90番でした。院外処方でも良かったのですが、現在の番号が70番だったので、あと20人待てばいいやって思い、待つことに。番号はモニターに大きく掲示されています。順調に番号が90に近づいてきます。80を過ぎると怒濤の如くスピードアップ。一気に89まで来ました。次だ次だって立ち上がったら、番号が91に。ん?90は?するとまた怒濤の如く92.93.94・・・と進んでいきます。ん?90は?

 モニターには「89番まで薬が出ています」と大きく表示され、その下に「次の方も薬が用意されています」と表示され、91番以降の番号が連なって掲示されていました。ついに番号が100を超えます。えっ?90は?

 するとモニターの下の方の「次の方はもうしばらくお待ち下さい」ゾーンに90番が点滅して表示されました。あらら。しばらく・・・というか、かなり待ってようやく90番が表示されました。10日分の重みのある薬を渡されました。まあ、10日分も飲めば、多少は改善するでしょう。でも、年末年始なので、多少(?)お酒を飲むので、夜は薬を飲まないとしたら、15日分くらいになるのかな。マラソン同様、薬も長くゆったりのLSDでいこうっと。

| | コメント (0)

2011年12月26日 (月)

勇気を持って

 仕事が終わって、住んでいる市の生涯スポーツ課へ。来月行われる市民マラソンの申込書をもらいに行きました。一般的な(?)市民マラソンはお金がいります。10kmなら3000円くらいですが、住んでいる市の市民マラソンは無料です。もちろん無料ということは、値段相応の大会ということでもあります。ただ、会場まで歩いていける距離なので、実に良いです。

 参加申込書には承諾書と誓約書があります。承諾書は高校生以下の参加の場合、保護者が書くものです。まあ学校の持久走でも書きますからね。持久走は命に関わることもありますから。そして誓約書。誓約なので、固く誓うということです。何を誓うというと、健康管理は自分で責任を負うということです。特に最後の文面は印象的です。

 当日体調が悪い場合には勇気を持って参加を辞退します。

 大事なことです。無理はいけません。そのためにも、咳をどうにかしないと。

| | コメント (0)

2011年12月25日 (日)

年末の恒例パターン

 有馬記念です。馬券を買うと、既に当たった気分になってしまいます。で、何を買おうかって考えてしまいます。よしパソコンを買おうって、電器屋さんのチラシを眺め始めます。そして、勝手に当たった気分になって、妻にキッチン家電を買ってしまいました。レースの始まる3時25分までは、心地良い気分でいます。 

 その3分後、まあ、いつものように当たることはなく終了です。実によくある年末の恒例パターンです。さあ、年賀状でも作り始めますかね。

| | コメント (0)

マーコ

 クリスマスイブです。しかし、もうあと1分でイブも終了です。ずっと仕事をしていました。悲しい・・・。

 悲しいといえば・・・、3日ほど前に実家のネコが亡くなりました。享年23歳です。人間でいえば、120歳くらいなのでしょうか。まあ大往生です。僕が中学校3年生の時からですもんね。

 名前はマーコと言います。

 我が家の心の支えでした。

 ありがとう。

| | コメント (0)

2011年12月23日 (金)

ハーフの10km手前

 ハーフの距離は21.0975mです。いきなりその距離は応えるので、あと10kmの11.1kmを走ることに。ということで新コースを設定。LSD(長い距離をゆっくり走る)を意識して走ります。車では通ったことのある道ですが、走るとなると景色が違います。見えてなかったものが見えてきます。やはり急ぎすぎはいけません。

 たいてい後半がヘロヘロになるので、残り1.5kmくらいでギアを1つ上げられるよう、ゆったりゆったりって自分に暗示をかけながら走ります。とはいえ、長い距離を走っているのでなかなかギアが上がりません。それでもヘロヘロにならずにゴールできました。53分30秒なのでキロ4分50秒くらいです。キロ5分から5分10秒くらいにペースを落とせばハーフもいけそうな気がしますが。それでもきついかなぁ。もう少し持久力をつけないとダメかも。

 でも1時間走っていると、いろいろなことを考えられてよいです。かなり充実した時間です。

| | コメント (0)

2011年12月21日 (水)

学期末感の不感症

 昨日今日と個人懇談でした。いかにも学期末という感じです。がしかし、2学期がもう終わるといった安堵感というか、充実感というか、そういう学期末感が未だに湧いてきません。冬休みになってしまえば、そこそこそういう感覚が芽生えてくるのかもしれませんが、今現在はそういう感覚ゼロです。もう明日終業式だというのに。こんな感じは初めてです。

 原因の1つが、しなくてはならないことがまだ残っているからです。あれもこれもしなくてはなりません。明後日からの3連休で何とか片を付けられれば、26日くらいにようやく今学期終了感が芽生えてくるのでしょうが。でも3連休は間違いなく走るだろうし。

 学期末感を感じるのは、来年かなぁ。でも来年になったらすぐ次が始まるし。あらら。

| | コメント (2)

2011年12月20日 (火)

エコカー補助金

 経済産業省が発表した「エコカー補助金」制度。前回同様10万円です。実は前回この恩恵を受けようと新車を購入したのです。締めきりの2ヶ月前に購入手続きを。がしかし、結局、何やかんやでその恩恵を受けられず。あらら、悲しい・・・でした。

 なぜ故、またもこの制度をしようとしているのか今イチよく分からないですが、多分、また恩恵を受け損ねる僕みたいな人が出てくるんでしょう。

 このために3000億円の予算を計上しているようですが、そのお金、そのまま復興のために使った方が良いような気もしますが。その方が正しいお金の使い方のように思うのですが。

| | コメント (0)

2011年12月19日 (月)

ガードドロップ

Asada  相変わらず咳に悩まされる今日この頃。最近は薬用ドロップでのどを潤しています。まあ気休めですが。今愛用しているのが浅田飴のガードドロップです。

 使用上の注意に5~6日服用しても症状がよくならない場合は服用を中止と書かれています。多分、症状が良くなることはないでしょう。まあ現状維持でしょう。でも、なめている間とその後しばらくはのどの調子がよいです。咳もそこそこ治まります。

 乾燥した空気がよくないのかなぁ。咳だけだもんなぁ。あとは健康そのものなんだけどなぁ。

| | コメント (0)

2011年12月18日 (日)

また川内さん

 2週間前にフルマラソンを走ったのに、川内さんは今日もフルマラソンに。彼にとっては、ただの『練習』の一環なのかもしれないけれど、すごすぎです。本屋さんで立ち読みした初心者用のマラソンに関する本では「30km以上は走らない方がよい」と記されていました。これは疲労が抜けないからだそうです。だから効率的ではないとのこと。まあ、僕は30kmも走ったことがないので、そういう走りすぎの疲労というものは感じたことがないのですが。ただ、川内さんというのはそういう一般的な常識とかにとらわれない、独自の哲学があるんでしょうね。

 ということでもないですが、今日は10km走ることに。10kmはやはり長いです。1時間の授業分走るわけですからね。それにしてもフルマラソンはこの4倍以上走るのかぁ。とりあえずハーフなら2倍かぁ。それでも長いなぁ。

| | コメント (0)

2011年12月17日 (土)

地球の100分の1

 週末なので走るのですが、走ったときはRUNNETのダイアリーに今日の走りを記録するようにしています。で、今日の記録で今年の通算走行距離が400kmを越えました。別に目標にしていたわけでも何でもありませんが、地球1周の100分の1かぁって、何となく感慨深いものがありました。

 本格的に走り始めたのは、ちょうど1年前からです。就職してからというもの、まともに運動というものをしてきませんでした。それでも何か運動のイベントがあったとしても、若さでそこそこ乗り越えてはきました。ただ、ここ3年くらいは若さにかげりが出てきました。ちょっとのことで筋肉痛になるし、開脚前転の手本をしたら、両太ももに激痛が走るし。そんな僕が走り始めました。

 走り始めは、いつもヘロヘロでした。いつもエアサロンパスのお世話になっていました。それが次第になれてきました。走るのが楽しくなってきました。体脂肪が減りました。何より心への刺激が大きいです。考え方が少し柔軟になりました。

 さて、明日も走ろうっと。

| | コメント (0)

2011年12月16日 (金)

岐路

 5時間目が終わった頃、何となく廊下の方から視線を感じました。廊下に目をやると校長先生が立っておられました。ちょっと5分10分話をよいかと。次の授業があるので、では5分でと。校長先生直々のお出でです。悲しいですが、何かまずいことをしたかなぁって先に考えてしまいます。思い当たる節が多いので・・・。

 校長室へ。話の内容は長研のことです。昨年も前勤務校の校長先生から同じような話がありました。昨年はICTでどうかと校長先生からお話があったのですが、少し悩んで断りました。で、今回は理科でと。えっ、なぜ理科?答えを出さないといけないので、昨年のことも話し、95%は断る方向でということで、6時間目に向かいました。

 すると6時間目の終わり頃に、また視線を感じました。終わったら今一度校長室へと。すると、市教委から名指しで指名とのこと。昨年は前任の校長先生の推薦だったのですが、今回はちょっと違います。校長先生は、来年あなたが学校にいないことはかなり困ることだけど、あなたにとっては良い経験になると思うって、あり得ないようなステキなことを言ってくれます。ん~、でも理科かぁ。まあ、得意な分野ではないからこそ、学ぶ価値があるのかもしれないし。それに一度現場を離れてみるっていうことも貴重な経験かもしれないけどなぁ。でもなぁ。と考えているうちに、校長室に電話が。市教委の方と校長先生が話されています。聞こえてくる話の内容から完全に僕のことです。あららららららぁ~。

 ちょっとした岐路にいます。どっちの道がいいんだろう。明日、走りながら考えようかな。

| | コメント (0)

2011年12月15日 (木)

本当に学期末?

 もう2学期が1週間で終わろうとしているのに、全く学期末の感じがしません。通知表作成や事務処理は山のようにあるので、学期末らしさはありますが。その原因はやるべき事が多すぎるせいです。結構段取り良くやっているつもりなのですが、まだ甘いのかもしれません。

 そもそも授業がまだ終わっていません。今年度から内容が増えたせいもあるのでしょうが、多分、終業式の前の日までビッシリお勉強です。ちょっと前までは、最後の週なんてお楽しみ企画を用意したりしていたのですが、そんな余裕はありません。勉強漬けです。

 毎日毎日密度の濃い日々を過ごしています。まあ幸せなことなのでしょうが、許容範囲ギリギリのところな面もあります。もう溢れ出しそうです。とにかく『ゆとり』を作らないと。

 まずは深呼吸。なるようになるでしょう。というか、なるようにするのですが。

| | コメント (0)

2011年12月14日 (水)

1週間分終了

 今日、ようやく1週間分の薬を飲み終えました。薬を飲んでいるせいか、やたら眠いのです。実は、さっきまで寝てました。

 1週間薬を飲んだからといって、多少は収まったものの完治しないのがいつものパターンです。まあ、春には治るのでそれまでこんな感じかなぁ。

 やっぱり眠いので、お休みなさい。

| | コメント (0)

2011年12月13日 (火)

トイレ問題(その2)

 昨日のブログとは全く違う話なのですが、またまたトイレのことを。神奈川県の江ノ電バスの運転手が路線バスを運転中に、バス停で車内に乗客を残したまま、ファミリーレストランのトイレに駆け込んでいたことが新聞にもYahoo!のトピックスにも掲載されていました。バス停に運転手がバスを止め、「申し訳ないのですが、トイレに行かせてください」とアナウンス。エンジンを切ったほか、車輪に輪留めをかけて、バス停前のファミレスでトイレを借りたそうです。約20人の乗客がいたそうですが、特に苦情はなかったそうです。

 これが新聞に載り、Yahoo!のトピックスにも出るということは、この事案は、けしからんということなのでしょうか。そうかなぁ。むしろ、こういう状況にもかかわらず、トイレに行かせなかったら、その方がけしからんような気がしますが。

 重大な会議中でも、入学試験の最中でも我慢できなくなるほど便意や尿意を感じることはあります。人間なんですから。そりゃ、事前にトイレを済ませておくのが大切ですが、体の不調なんていつ何時起こるかなんて分かりません。まして、この運転手は、休日でダイヤが乱れたため、トイレに行く暇すらなかったそうです。

 トイレに行きたいって言う人がいるのであれば、「行っておいで」って言える『普通』の心を持っていたいものです。それくらい別にいいのじゃないのかなぁ。 

| | コメント (0)

2011年12月12日 (月)

トイレ問題

 そういえば、昨日のマラソン大会で珍しい行列を見ました。男子トイレに長蛇の列なのです。よく連休中のサービスエリアなんかで女性がトイレの前で並んでいるシーンは見かけますが、男性が並んでいるのを見るのは初めてです。それも結構な列です。なぜ並んでいるのだろうと興味本位でのぞきに行きました。

 便器は開いているのです。しかし、並んでいるのです。理由が分かりました。2つありました。1つは個室、つまり大きい方で並んでいるのです。これは男性ならではです。女性は大であれ小であれ個室ですが、男性は大きい場合のみ個室ですからね。そしてもう1つ。スリッパの数です。便器の量に比べてスリッパの数が足りていないのです。たいていのみなさんはランニング用のソックスをはいていますからね。これから走ろうかというのに、その靴下のまま、トイレの中に入っていくのは抵抗があるかもしれません。

 それにしてもトイレのために並ぶというのは大変なことです。生理現象なので拒むことができません。これから年末年始のお出かけシーズンです。人をたくさん受け入れる施設にはトイレの量的充実が求められますよね。

| | コメント (0)

2011年12月11日 (日)

マラソン大会当日

 マラソン大会当日です。日曜日なのに5時30分起きです。で、8時に会場入り。会場に入って、控え室の体育館に向かっていると、何かを踏みそうになりました。犬のしっぽです。なぜ、こんなのところに犬を連れてきているのかと思いつつ、踏まないようにとバランスを崩して、思いっきり転けました。膝を強打。あらら、今から走るというのに。

 スタート20分前に招集が始まるので、スタート位置で随分待ちました。参加者が結構いるので、本当のスタート位置まで10mくらいあります。で、いよいよスタート。人が多いので最初の位置取りが難しいです。人の少ない方少ない方に波を打つように走ります。最初の2kmのところで時計を見ると8分20秒でした。1km4分10秒ペースです。1km4分30~40秒で考えていたので速すぎです。ただ、そんなにきつくなくいい感じでした。

 往路の最初の給水所。初の給水経験です。紙コップを貰ったら、その瞬間、中身がほとんどこぼれました。しかも中身がアクエリアスだったようで、手がベトベトします。飲んだらもう1口しかありませんでした。あらら。

 折り返しです。結構順調です。この人についていくというターゲットを1人決めて走ります。で、その人のスピードが落ちてきたら、その人の前に行き、また別のターゲットを決めるという感じで走っていました。しかし、残り3kmくらいかな、猛烈に疲れが出てきました。前半飛ばしたせいだと思います。前を追えなくなってきました。かなりヘロヘロです。

 最後の給水所が見えてきました。さっきのような失敗をしないようにとていねいにコップをとります。今度は水でした。ヘロヘロ状態で走りながら水を飲んだせいか、変なところに水かつっかえたようになり余計気持ち悪い状態に。走りながら何度も嗚咽してしまいました。多分、沿道で応援されていた方は僕の姿を見て、この人、大丈夫なのだろうかって感じたでしょう。すみません、大丈夫です。

 会場に戻ってきました。しかし、ここからゴールまでが遠いのです。しかも坂があります。周りから「ラスト!ラスト!」の声がかかります。しかし、ラストと言われても脚が前に進みません。多分持久走大会で走る子どもも同じなのでしょう。しかし、ここで折れたらハーフなんて出られないって、鼓舞しながら腕を振りました。

 ゴール地点の野球場に入りました。時計を見るとまだ11時になっていません。10時15分スタートだったので、目標タイムを上回りそうです。で、ようやくゴール。45分10秒でした。1km4分31秒ペースでした。1km4分40秒ペースの46分40秒を切るのが目標だったので、とりあえずクリアです。次回に向けて、そして今後ハーフに出るための反省点は①ペース配分②給水の2点かな。

 でも、すごく楽しかったです。走っている人の目的はさまざまでしょうが、走ることによって得るものって、ものすごく大きいです。僕の場合、心のエネルギー補給になっています。明日への活力になっています。それにしても、こうやって普通に走ることができて、大会にも出られるような環境を作ってくれた家族や周りのみなさんに感謝です。ありがとうございます。

| | コメント (2)

2011年12月10日 (土)

2cm

 こたつを買いました。節電の冬というわけでもないのですが、我が家のこたつは20年も使っているからです。まあ、ほとんどこたつとして使っているのではなく、ただの机として使っているのですが。

 何も考えずに、いつも使っていたこたつよりも脚が2cm程長いものを購入。で、組み立てました。そして、座ってみました。かなり違和感が。たった2cmなのに天板の位置が高いのです。慣れ親しんだ高さではないからかもしれませんが、これからは背筋をピンと伸ばさないと。

 それにしてもたった2cmです。2cm違えば違うものです。よく169cmの身長の人が、身長を尋ねられたとき、ちょっと見栄を張って「171cmだよ」と言ったりしますが(僕のことですが)、かなり違うということですね。

 正直に生きなくてはいけません。

| | コメント (3)

2011年12月 9日 (金)

のんある気分

 週末です。にもかかわらずお酒を飲んでいません。さらに夕食は鍋なのにです。奇跡的なことです。まあ、「お酒は控えて下さい」という但し書きのある薬を飲んでいる身分ですので、仕方ありません。

Photo  代わりといっちゃ何ですが、ノンアルコールのものを飲むことに。家にストックされているのが「のんある気分」です。ジンライムテイストと書かれてあるのですが、まさにそのテイストです。テイストとしてはよいのでしょうが、お酒を飲んだという気分を味わえるというには物足りなさを感じます。というか、お酒じゃないですからね。

 最近、この種のノンアルコールのものが増えています。お酒大好きな人から見れば、どうでもよいことかもしれませんが、アルコールが苦手な人や運転とかで飲める状況ではない人にとってはかなり的を射た商品です。これもある意味、ユニバーサルデザインといえるのかもしれませんね。

| | コメント (0)

2011年12月 8日 (木)

一体感

 理科の学習で回路の勉強をしています。回路がきちんと1つの輪のようになっていたら、豆電球に灯りがともります。勉強も終盤で、今日はオリジナルの回路作りを。途中にはさみを加えたり、アルミはくで巻いたりと思い思いの回路を作ります。途中3人が僕のところにやってきて、「先生のとくっつけよう」と言ってきました。だから、「みんなで合体してみれば」と。

 3人がそれぞれのセットをくっつけます。そして順番にスイッチを入れていきます。最後の子がスイッチをつけたら、同時にパッと3つの豆電球に灯りがともります。まあ、そりゃつくのですが、ちょっと感動的です。当然、3人は大喜びです。となると、人数がどんどん増えていくわけです。最終的には10人くらいで1つの回路を作っていました。さすがに10人になるとなかなか灯りがともりません。どこかに問題があるのでしょうが、それがどこかを見つけるのも大変です。いろいろと問題箇所はないか探ります。そのとき、一瞬灯りがともりました。奇跡の瞬間です。おおっって感じでした。一瞬で終わってしまいましたが・・・。

 それにしても実に一体感のある回路です。みんなで喜びを共有するってステキなことです。家族が、クラスが、そして社会が、そうであればいいのですがね。イヤ、そうあるべきです。

| | コメント (0)

2011年12月 7日 (水)

恒例の咳

 ここ最近、毎年恒例(?)の咳に悩まされています。別に熱があるわけでも、鼻水がダラダラ出るわけでもなく、ただ咳が出るのです。浅田飴をなめていたのですが、あまり効果が出ず。で、今日、職員会議で司会進行をしていたのですが、最初の校長先生の話の途中で咳が止めどなく出て困りました。とりあえず、職員室から退室して、大きく深呼吸。水を飲んだりして心を落ち着かせました。

 ということで、病院へ。いつもこの時期です。だから、薬の手帳の記録を見ても毎度おなじみのパターンです。お医者さんに、「どうにか対処する方法はないのですか?」って尋ねました。すると、お医者さんが「何のアレルギーなのか分からんからねぇ、分からんじゃろ」って。そんなこと逆質問されても、あなたに分からないものが、僕に分かるわけがありませぬ。ていうか、何のアレルギーか分かれば、対処法があるのでしょうか。ん?それって調べられないの?

 病院の横の薬局で、いつもの薬をもらいます。注意書きに「アルコールは控えて下さい」って、きちんと書かれています。上の娘に、「アルコールを控えてくださいっていうのは、飲んではいけませんっていうことではないんだよ」って、訳の分からぬ説法を。娘はあきれていました。また父の威厳が下がりました。あらら。

| | コメント (0)

2011年12月 6日 (火)

人口密度の筆算

 5年生の娘が算数の宿題をしていました。人口密度の問題です。人口密度といえば、人口÷面積です。人口も面積もそこそこの数値なので、電卓で計算すればよいって勝手に思っていたのですが、娘は筆算で計算しています。こんな問題を筆算でするととんでもないことになります。筆算1つでノートの半分は使います。時間もかかります。しかし、教科書会社が作った問題なのでしょうが、電卓で計算すると見事に割り切れました。つまり、『筆算』でやりなさいということなのでしょう。ビックリです。

 筆算が大切なのは分かります。学習指導要領の内容の取り扱いの配慮する項目でも『筆算による計算の技能を確実に身に付けることを重視する』って書かれてありますしね。ただ、ここでより重視すべきことは、計算の仕方よりも人口密度の考え方そのものの方です。2つを比較して、どちらの方がより混んでいるかとかが分かる方が大切だと思うんだけどなぁ。そんな商を4桁も5桁も求める時間よりも別のことに時間を割いた方がいいような気がするけどなぁ。

 算数の本来の楽しさが失われなければいいですけどね。それにしても、今の子どもは大変です。

| | コメント (0)

2011年12月 5日 (月)

1番大切なもの

 しなくてはならない仕事が山積みで9時近くまで学校に。13時間以上学校にいました。あらら。段取りよく仕事をしているつもりなんですけどねぇ。授業以外の仕事ばかりです。

 で、授業です。社会で工場の勉強をしています。工場見学に社会見学のときに行ったので、『その工場は1番(   )を大切にしています』、の(   )の中にどういう言葉を入れるのが適切かという課題を設定。まずは個人で考え、グループで討議して全体に出します。8割がお客様でした。その他にも安心とか、社員とかもありました。どれも大切にしているんでしょう。

 お客様が多かったということで、次に『では、その工場は1番お客様のために(   )を大切にしています』という課題に。ここはずいぶん意見が割れました。消去法で消していって、最終的に『おいしさ』と『笑顔』が残りました。ここでどちらがよいか話し合いました。まあ、どちらでも良いのです。大切なのはなぜそう思ったのかという根拠をもつことです。そしてその根拠も適当なものではなく、資料から得たものや社会見学で見聞きしたたものからのものではないとチープな意見になります。しっかりした意見が言えるためにも、いかに内部情報を蓄積させるかが大事ですね。

 いつもならもう爆睡している時間です。週の最初がこれでいいんだろうか。もう寝ようっと。

| | コメント (0)

2011年12月 4日 (日)

川内さん

 福岡国際マラソン。川内さんの驚異的な粘りはすごかったです。最初は所々テレビで見ていて、途中先頭集団からいなくなっていたので、ああ今回はダメなのかと思っていました。しばらくしてテレビを見てみると、日本人トップを走っている今井さんと前田さんの後方で、何と川内さんが見えるではないですか。その姿が徐々に大きくなっていきます。すると36㎞すぎで追いついて、そのまま抜き去ってしまいました。しかし今井さんも箱根の山の神です。しっかり粘ります。でも、川内さんは常に前へ前へという感じで、そのスタイルがステキでした。給水所で体に水をかけるたびに、ギアをチェンジするのが、猛烈な精神力の表れです。一瞬、今井さんがスパートをかけようとした瞬間に、川内さんが食らいついて、逆にスパートをかけて勝負あり。おそるべき公務員です。

 ということで、一応公務員である僕もレース観戦後走ることに。昨日と違って、体は軽いです。郵便局前で16分7秒。かなりの好タイムです。後半もペースを維持できて初の22分切りの21分55秒でした。さすがにハイペースすぎて、ゴールしてもなかなか息を整えられませんでした。でも、心地良いです。

 さあ、いよいよ来週が大会です。ちょっぴり寒そうですが。

| | コメント (0)

2011年12月 3日 (土)

予定通り

 だいたい週末に家で仕事をすることはないのですが、学期末はさすがに家で仕事です。だいたい2週ほど週末に持ち帰り仕事をします。今週末の持ち帰り仕事は『週末日記』です。この『週末日記』というのは、毎週末こちらからタイトルを提示して、それに対して週末の宿題として日記帳に文を書いてくるのです。それを学期ごとに1冊の文集にします。これを新採の頃からやっています。新採1年目の1学期と1年生を担任したとき以外は作っているので、今回で43冊目になります。だから僕の中では学期末の定番になっています。

 子どもはその学期に書いた週末日記の中から文集に載せるものを3つ選びます。今回クラスの人数が33人なので、33×3=99の文章をパソコンに打ち込みます。結構エネルギーのいる作業です。夕方までに終わればと思っていたのですが、予定通り夕方終わりました。ということで、走ることに。

 ずっとパソコンとにらめっこしていたので、何となく体が重いです。それでも前半はそこそこいいペース。がしかし、最後の1㎞は風の強さもあったのですが、完全にヘロヘロに。タイムよりも絶対に歩かないという最低限の目標でゴールに。くたびれました。5.2㎞でくたびれていて、来週の10㎞の大会は大丈夫なのでしょうか。このままでは47分以内でゴールという予定通りにはいかないかも。少しペースを考えないと。

| | コメント (0)

2011年12月 2日 (金)

朝の車

 勤務校まで車で30分弱かかります。この時間は、いろいろなことを考えます。一応、その日の授業構成も考えたりもします。今日も考えていました。で、算数は分数図をテンポ良く示した方がよいのではと考えました。それにはパワーポイントが効果的です。学校に着いて、すぐさまパワーポイントで準備をします。別に凝ったものを作るわけではありません。だから3分で作ります。

 しかし、パワーポイント効果は覿面です。テンポ良く授業が進むので、子どもたちにも浸透しやすいです。本当は時間をかけて凝ったものを作った方が、もっと効果的なのかもしれませんが、あんまり凝るとただの自己満足になります。ちょっと足りないくらいがよいです。要は板書の一種ですから。

 それにしても、昨日の内に思いついていたら、昨日作っていたのに。もう少し計画的に物事を考えていかないと。まあ、当日だからこそ思いつく事って、結構ありますけどね。

| | コメント (0)

2011年12月 1日 (木)

能率よく

 国語で『研究レポートを書こう』というものがあります。だから研究をする必要があるのですが、研究テーマは全員一致で総合的な学習で取り組んでいることを。そしてどのように調べるかです。まあ本とかインターネットとかになるわけです。インターネットは便利な道具です。しかし情報量が多すぎます。だから本の方がかえって調べやすいことって良くあることです。しかし、パソコンにある程度触れる機会も持たせたいという思いもあります。ということで両方やることに。クラスを半分に分けて、前後半でパソコン組と本組に分けます。人数が減るのでパソコンも1人1台で扱えます。

 パソコンはインターネットで検索ワードを入れて調べるとなると莫大な時間がかかります。だから最初っから、こちらがいくつかサイトを選んで、ハイパーリンクを使って簡単なホームページもどきを作っておきました。これならキーボードは全く使う必要がありません。もちろんそのうち普通に使いこなせるようにならないといけないのでしょうが、段階を踏む必要があります。ここではパソコンの使い方を知るのがメインではなく、資料から情報を得ることがメインですから。

 どういう学習環境を作るかというのも大切なことです。その在り方1つで、能率が全く変わってきます。無駄を省くのも学校の先生の仕事です。

| | コメント (1)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »