« 1番大切なもの | トップページ | 恒例の咳 »

2011年12月 6日 (火)

人口密度の筆算

 5年生の娘が算数の宿題をしていました。人口密度の問題です。人口密度といえば、人口÷面積です。人口も面積もそこそこの数値なので、電卓で計算すればよいって勝手に思っていたのですが、娘は筆算で計算しています。こんな問題を筆算でするととんでもないことになります。筆算1つでノートの半分は使います。時間もかかります。しかし、教科書会社が作った問題なのでしょうが、電卓で計算すると見事に割り切れました。つまり、『筆算』でやりなさいということなのでしょう。ビックリです。

 筆算が大切なのは分かります。学習指導要領の内容の取り扱いの配慮する項目でも『筆算による計算の技能を確実に身に付けることを重視する』って書かれてありますしね。ただ、ここでより重視すべきことは、計算の仕方よりも人口密度の考え方そのものの方です。2つを比較して、どちらの方がより混んでいるかとかが分かる方が大切だと思うんだけどなぁ。そんな商を4桁も5桁も求める時間よりも別のことに時間を割いた方がいいような気がするけどなぁ。

 算数の本来の楽しさが失われなければいいですけどね。それにしても、今の子どもは大変です。

|

« 1番大切なもの | トップページ | 恒例の咳 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 1番大切なもの | トップページ | 恒例の咳 »