« 本当に学期末? | トップページ | 地球の100分の1 »

2011年12月16日 (金)

岐路

 5時間目が終わった頃、何となく廊下の方から視線を感じました。廊下に目をやると校長先生が立っておられました。ちょっと5分10分話をよいかと。次の授業があるので、では5分でと。校長先生直々のお出でです。悲しいですが、何かまずいことをしたかなぁって先に考えてしまいます。思い当たる節が多いので・・・。

 校長室へ。話の内容は長研のことです。昨年も前勤務校の校長先生から同じような話がありました。昨年はICTでどうかと校長先生からお話があったのですが、少し悩んで断りました。で、今回は理科でと。えっ、なぜ理科?答えを出さないといけないので、昨年のことも話し、95%は断る方向でということで、6時間目に向かいました。

 すると6時間目の終わり頃に、また視線を感じました。終わったら今一度校長室へと。すると、市教委から名指しで指名とのこと。昨年は前任の校長先生の推薦だったのですが、今回はちょっと違います。校長先生は、来年あなたが学校にいないことはかなり困ることだけど、あなたにとっては良い経験になると思うって、あり得ないようなステキなことを言ってくれます。ん~、でも理科かぁ。まあ、得意な分野ではないからこそ、学ぶ価値があるのかもしれないし。それに一度現場を離れてみるっていうことも貴重な経験かもしれないけどなぁ。でもなぁ。と考えているうちに、校長室に電話が。市教委の方と校長先生が話されています。聞こえてくる話の内容から完全に僕のことです。あららららららぁ~。

 ちょっとした岐路にいます。どっちの道がいいんだろう。明日、走りながら考えようかな。

|

« 本当に学期末? | トップページ | 地球の100分の1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本当に学期末? | トップページ | 地球の100分の1 »