« 恒例の咳 | トップページ | のんある気分 »

2011年12月 8日 (木)

一体感

 理科の学習で回路の勉強をしています。回路がきちんと1つの輪のようになっていたら、豆電球に灯りがともります。勉強も終盤で、今日はオリジナルの回路作りを。途中にはさみを加えたり、アルミはくで巻いたりと思い思いの回路を作ります。途中3人が僕のところにやってきて、「先生のとくっつけよう」と言ってきました。だから、「みんなで合体してみれば」と。

 3人がそれぞれのセットをくっつけます。そして順番にスイッチを入れていきます。最後の子がスイッチをつけたら、同時にパッと3つの豆電球に灯りがともります。まあ、そりゃつくのですが、ちょっと感動的です。当然、3人は大喜びです。となると、人数がどんどん増えていくわけです。最終的には10人くらいで1つの回路を作っていました。さすがに10人になるとなかなか灯りがともりません。どこかに問題があるのでしょうが、それがどこかを見つけるのも大変です。いろいろと問題箇所はないか探ります。そのとき、一瞬灯りがともりました。奇跡の瞬間です。おおっって感じでした。一瞬で終わってしまいましたが・・・。

 それにしても実に一体感のある回路です。みんなで喜びを共有するってステキなことです。家族が、クラスが、そして社会が、そうであればいいのですがね。イヤ、そうあるべきです。

|

« 恒例の咳 | トップページ | のんある気分 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 恒例の咳 | トップページ | のんある気分 »