« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

おもしろい経験(その2)

 面接の日です。朝は家から西にある勤務校へ。9時過ぎに学校を出て、一転一路東へ。高速で1時間以上かけて現地に。面接会場に行くと控え室に通されました。控え室といっても、普通の部屋ですが、僕1人きりです。しばらくして、面接の部屋に入りました。そこでの面接が終了後、また別の控え室へ。そして次の部屋に入り、また別の話題での面接がスタート。

 面接後、ハーフを走った後のようなエネルギーを使った気分になりました。さまざまな質問がありましたが、断片的にしか覚えていません。どういう答え方をしたのかもいまいちよく覚えていません。でも、就職活動をしている方々はこういう面接をたくさん経験されているんだろうな。

 今日は、平日ですが、ごほうビールを飲んでも良い気がしたので、350mlを1本だけ。相変わらず自分に甘いですが。

| | コメント (0)

2012年1月30日 (月)

一歩一歩の積み重ね

 今月も明日で終了ですが、今月はよく走りました。走る距離を11.1kmに伸ばしたこともありますが、今月は124km走りました。昨年1年間で460km位走ったので、1月で昨年の1/4は走ったことになります。ちなみになぜ11.1kmかというと、本当は10kmで良かったのですが、ハーフマラソンを考えると10kmでは半分以下だからです。かといって、ハーフの半分の10.6kmでも中途半端なので、10km手前の11.1kmを設定したのです。くだらない設定理由ですが。

 平日はさすがに走るのは難しいので、土日になります。土曜日の走りと日曜日の走りは違います。土曜日は何となく体が重いです。1週間の疲れとか、先週の日曜以来の久々の走りのせいもあるのでしょう。しかし、日曜日は違います。体が昨日の走りで慣れてきたのでしょう。土曜日に比べたら軽快に走れます。昨日よりも今日、やはり積み重ねるというのは大切なことです。

 毎月このペースで走るのは難しいですが、1月70~80kmくらいは走れたらいいなって思います。それくらい走れれば、年間1000kmが見えてきます。年間1000km走れたら、フルマラソン挑戦の自信にもなるような気がします。

| | コメント (0)

2012年1月29日 (日)

ガラポン

 夕方近くのショッピングモールへ。今日は2000円購入ごとに1回ガラポンができるとのこと。赤玉が出れば10000円の商品券が貰えます。無印良品で4000ちょっとの買い物をしたので、この時点で2回分ガラポンができます。あとショッピングモールのカードを提示すれば1回プラスなので3回できます。次にジュピターでコーヒーを買います。無印のレシートと合わせて6000円ちょっと越えになるよう、ざっと頭で計算して値段の違う4種類購入。しかしレシートを見てビックリ。無印との合計が5990円でした。10円足りません。あらら。

 仕方なく、別の店で今特に必要もない100円のボールペンを購入。これで4回ガラポンができます。さあ、わざわざ買ったボールペンが吉と出るか。

 こういう場合、たいてい吉になることはありません。4回とも白玉でした。4つのポケットティッシュがむなしかったです。

 まあ、ちょうど鼻がかみたかったので良かったです。

| | コメント (0)

2012年1月28日 (土)

ワカサギ釣り

 朝から11.1km走ったにもかかわらずワカサギ釣りへ。前もって予定していたわけでもなく、突然行くことに。我が家はこういうことが多いです。釣り竿とかすべて借りることができるようなので、防寒対策だけして現地に。ただ、途中で釣れた魚はどうしようということになって、車の中のダストボックスをバケツがわりに。

 現地に到着。家族4人分の釣り道具を貸して下さいと伝えると、おじさんが渋い顔に。釣れたらいいけれど、釣れなかったら・・・とのこと。というわけで2人分に。4人分貸した方が売り上げが上がるのに、ステキなおじさんです。

 さて、いよいよ釣りスタート。なかなか釣れません。でも、周りの方々はバケツにうじゃうじゃワカサギがいます。ワカサギはいるようです。すると上の娘がたまたま上げた竿にワカサギが3匹も。しかも全部餌を食べたというよりも針に引っかかったという感じ。まあ、我が家初の釣果です。次に下の娘もかなりデカいワカサギを釣り上げました。さらには妻も2匹ゲット。他の方とは比べものにならないほど少ない釣果ですが、とりあえず釣れて良かったです。ただ、僕は全くワカサギは釣れず。最後の片づけの際に、針を自分のジャンバーに引っかけて自分を釣ってしまっただけです。あらら。

 今日はここ最近の中では、ちょっぴり暖かい1日でした。 

| | コメント (2)

2012年1月27日 (金)

まさかの1時間

 だいたい平日は5時45分に起きます。目覚ましは6時にセットしていますが、それより前に起きてしまうからです。感覚的には5時くらいには目が覚めています。そして目覚ましの針を確認しつつ、「今、5時10分か」「5時20分か」なぁんて思いながら、この時間を過ごします。しかし、今朝、ふと目覚ましの針を見ると5時50分です。ちょっとビックリです。えっもうこんな時間、熟睡しすぎたと思い、さっと洗面へ。歯を磨き、髪を整え、コンタクトをはめ、ひげを剃っていました。

 ふと洗面の時計を見ると4時55分です。ん?この時計は1時間遅れているのかな?ん?んん?多少の違和感を感じて、寝室に戻り、目覚ましの針を見ると、こちらも4時55分です。んんん?1時間ずれていたのは僕の方でした。あらら。

 さて、困りました。こうなると二択です。もうこのまま起きて新聞でも読んでおくか、それともあと1時間寝るか。しかし最大の問題はコンタクトをはめてしまったことです。コンタクトをしたまま寝ると起きたとき目が痛くなるのです。かといって、1時間もボーッと新聞を読むのもどうなのかなぁ。結局、ふとんの中に入るとことに。でも、既に目が覚めてしまっているので眠れず。今日の授業のこととか、来週の予定とか、どうでもよいくだらないこととか(この時間が1番長いのですが)、を考える時間にしました。パッと時計を見ると5時45分です。いい時間です。

 でも、まさか時計の針を1時間間違うなんて。38年の人生の中で初の出来事でした。

| | コメント (0)

2012年1月26日 (木)

おもしろい経験

 ある面接がありました。正式にいうと、予備面接でもいいましょうか、本番前の練習です。16時からということで、授業終了後高速道路で会場に。15分前に着きました。この15分間が異常に長かったです。何をして待っていればいいやら分からずでした。

 で、扉が開き、いきなり本番スタートです。猶予無しです。面接なんて教員採用試験の時以来です。あの頃は面接マニュアルのようなモノを読んでいたような気がします。そういう本をちょっとは読んでおけばよかったって、面接会場の椅子に座ってから思いました。

 悲しいほどダメ出しだらけでした。もっと勉強しておかないとって反省しました。ただ、こういうときって客観的に自分を見ているもう1人の自分がいます。実におもしろい経験でした。来週、本番があります。ある意味、楽しみです。

| | コメント (0)

2012年1月25日 (水)

神様

 雪です。少し速めに勤務校へ。途中、滅多にかからない携帯に着信が。車を止めて携帯を見ると、前任校の先生から。電話に出ると、「雪、大丈夫?」と。

 昨年までこの先生に雪の時はいつも乗せていってもらっていました。異動の時も、年賀状にも「雪の時は乗せていってあげるからね」なんてことを言われていました。でも、社交辞令でも何でもないのです。今は別の職場なのに、本当に連れて行ってくれるのです。ビックリするほど人の良い方です。電話がかかった時点で通勤距離の半分くらい来ていたのですが、あまりにものうれしさにいったん家に帰ろうかと思ったほどです。本当に神様のような方です。

 すごく幸せな気分になれました。と同時に、この先生にはどうにかして恩返しをしないといけないって改めて感じました。もらってばかりではいけませんから。

| | コメント (0)

2012年1月24日 (火)

初理科

 参観日でした。教員生活16年で初の理科を。今まで高学年の担任が多かったので、高学年を持つと理科は担任以外が持つことって多いですからね。と言えば、聞こえはよいですが、結局は避けているんですよね。で、単元は「じしゃくのひみつ」。

 ある程度の指導案を作ります。ものすごくある程度ですが。
 1.<発問>磁石はどの部分でも同じ力で鉄を引きつけるか。○か×か。
 2.それを証明する実験方法をノートに記載。
 3.実験してみる→「極」を知る。
 4.磁石の真ん中をポキッと折ったとき、折れた面に鉄はくっつくか。
 5.折れた面はN極かS極か。
 という感じで流れを作りました。まず2で躓きました。実験方法が描けず、鉛筆が止まってしまう子がたくさん出てしまいました。そこで、思いつかない人は教科書の○ページを2秒見ても良いですと訳の分からぬ助出しを。今日のメインは4だったのですが、くっつかないくっつくが2:3位の割合に分かれました。くっつかない派は最初の実験で真ん中に鉄がくっつかなかったからという意見、くっつく派は折れた面が極になったという意見が多数を占めました。どちらにしろ理由がしっかりしていました。最終的に5まで行かなかったのですが、その方が流れ的には良かったです。

 それにしてもグダグダした反省の多い授業でした。もっとシンプルにしないと。あれもこれもではなく、結局今日の授業で子どもたちに何を身につけたい→それには子どもたちのどういう姿が見られたらよいのか→その姿が見られるための発問・指示はって考えないと。

 いい加減に反省を生かさないと。

| | コメント (0)

2012年1月23日 (月)

モノがないからこそ考える

 社会科で「古い道具」の学習をしています。その調べ学習としてインターネットを活用します。できるだけ効率的にと考えて、いつものようにハイパーリンクを使ってあらかじめ専用ページを作ります。そのページをすべてのパソコンのデスクトップに貼り付けます。こうしておけば、検索に無駄な時間を使うことなく、ある程度の枠の中で自由に調べることができます。

 ただ児童用のパソコンというものは数に限りがあります。現勤務校では20台しかありません。クラスに34人いるので、中学生で習うような方程式で考えると、1台1人で使用できる台数をXとして、
 X+2(20-X)=34 X=6
 
つまり34人ならば、6台は1人で使えるけれども、あとの14台は2人で使うことになります。パソコンを2人で1台使うというのは、パソコンの使い方がよく分からない人にとっては多少のメリットはあるかもしれませんが、自分の調べたいものを自由にとはいきません。それにどちらか一方がただ見ているだけの「お客さん」になってしまう可能性があります。だからできる限り1人1台の形式を取った方がよいです。

 で、例えば古い道具に関する本が14冊あれば、パソコン組と本組とでローテーションが組めます。これで1人に1台、1冊で学習ができます。ただ、こうすればいいのですが、本が14冊もありません。さあ、どうしようかな。効率的な方法を考えないと。モノがないんだから。ないものをウジウジ言っても仕方ないし。ここで知恵を絞るのが学校の先生の仕事です。

| | コメント (0)

2012年1月22日 (日)

3回目の大会

 3回目の大会です。一応、市民大会ですが、無料で参加できます。先週参加してたメンバーもちらほら。家から近いところであるので、ファミリーも応援に。コースは小学校をスタートして、海沿いを走る平坦コースです。

 スタートして運動場を半周して外に出て行くのですが、周りのみなさん速すぎです。この時点で、かなり後方に。でも周りに惑わされずを意識して走ります。前に走っている人を目標にして走ります。こういう走りができるのが大会の魅力です。1人で走っていても、誰も目標はいないですからね。そして5kmの折り返し。20分40秒台でした。22分くらいを想定していたので速いペースです。でも、そんなにきつくはありません。ただ、10m先にいる前の人になかなか追いつけないのです。テレビでマラソンとかを見ていると、ちょっとの距離なのに追いつけばいいのにって思ってしまいますが、実際に走ってみると無理です。しかし、少しずつ背中が大きくなってくる感覚はあります。かなり少しずつ少しずつですが。まあ、逆に背中が小さくなってくる場合もありますが。

 今回の大会は1kmごとに表示があったので、今の自分の位置がわかりやすかったです。残り2kmくらいから1段階ギアを上げようと思っていました。そして2kmを過ぎたのですが、ギアが上がりません。現状維持が精一杯です。ようやく学校に戻ってきました。ファミリーが待っていました。残り50mくらいでようやくギアが上がりました。タイムは40分52秒。先週よりも47秒アップしました。パチパチパチ。

 ということで、昼からビールを飲んでしまいました。実に美味しいです。

| | コメント (0)

2012年1月21日 (土)

大会前日

 土曜日なので走ります。最近はハーフ10km手前の11.1kmを走ります。気持ち抑え気味で走って、最後にギアを1段回上げられるようにを意識して走ります。というのも、前回も前々回の大会も後半バテたからです。まあ、大会は複数の人と走るので、どうしてもペースが速くはなってしまうのですが。

 で、今日は後半に1段階、そして残り1.4kmで2段階目と2回ギアを上げることができました。最後の1.4kmを6分20秒以内の目標だったのですが、5分44秒で乗り切ることができました。パチパチパチ。

 明日は大会です。ということで炭水化物を多めに取らなくてはなりません。だから麦をタップリ(ビールと麦焼酎ですが)取りました。これで体は万全です。天気が心配ですが。

| | コメント (0)

2012年1月20日 (金)

走る姿

 この間の日曜日の大会の参加賞に袋に紙が同封されていました。「あなたの勇姿をインターネットで見られます」というもの。そのページにアクセスすると、『あなた』の姿が見られるのです。ゼッケン番号を入れれば、『あなた』の勇姿のオンパレードです。ビックリです。

 自分の走っている姿って見たことがないので、かなり刺激的です。僕はよくペンギン走りだって言われます。良い意味でピッチ走法なのですが、まさにペンギンそのものです。膝は全く上がっていません。すり足です。

 それにしても、僕以外の人も簡単に見ることができてしまうのです。逆に言えば、全然知らない人が僕の走っている姿を見ることもできるのです。走っている姿なので、中にはこれは見られたくないっていうものもあるんでしょうが。まあ、参加する人は、そこまで深くは考えていないかもしれませんがね。

| | コメント (0)

2012年1月19日 (木)

幸せって

 地域のお年寄りから昔の話を聞く企画を行いました。お年寄りといっても、すべて女性なのでおばあちゃんと今後表記します。まずは七輪で餅焼きです。七輪を8つ用意します。8グループあるからです。それぞれに木炭を入れ、火をつけていきます。うちわを持ち、ぐるぐると8つの場所を周りながら、火の調整をします。まさに七輪職人の気分です。とりあえず、すべての場でお餅が焼けて良かったです。

 次は教室で昔の話を聞きます。子どもたちが怒濤の如く質問していきます。ていねいに優しく答えてくれます。子どもたちにとっても、おばあちゃんにとってもほんわかした良い時間でした。途中ある子が「今度は私たちに質問はありませんか」と投げかけました。すると、そのおばあちゃんが、「そうねぇ、みんなは幸せよねぇ~」と。

 おばあちゃんたちが、過ごした小学生の時代と今はまるっきり違います。今はものが豊かすぎる時代です。欲しいものはたいてい手に入ります。しかし、おばあちゃんたちの時代は、すべてが戦争中心。明日、生きることができるかさえも分からない時代でした。学校で学ぶことも制限され、B29に脅える日々でした。時代があまりにも違いすぎます。おばあさんは、「だから根性だけはあるのよ」って、笑って言っていました。

 しかし、今の子どもたちも何だか生きにくそうな気がします。おばあちゃんの時代と違う、別の重荷を背負っているような(背負わせているような)感がします。

 何だかなぁ。

| | コメント (0)

2012年1月18日 (水)

 昨日、帰宅したら母がいました。叔母の葬儀を終えて、そのまま帰路につく予定だったのですが、我が家に寄ってから帰るとのこと。無計画で行き当たりばったりの母です。

 そんな母ですが、さすがに姉を亡くしたショックは大きいのでしょう。姉は母にとって親代わりのような存在だったそうです。孫の顔を見て元気が出たとは言っていましたが、現実を簡単に受け入れられるものではありません。

 もう少し時間がかかるかなぁ。

| | コメント (0)

2012年1月17日 (火)

七輪で教材研究

 明後日、地域のお年寄りに昔の道具についてのお話をしてもらいます。そのときにせっかくだから七輪でお餅を焼こうということにしました。とはいえ、七輪というものを使った経験もないので、実験をすることに。その七輪ですが、これからも授業で使うであろうということで、教頭先生が学校の備品として買って下さいました。

 ホームセンターでバーベキューに使う木炭ではなく、「七輪に最適」と書かれた木炭を購入(多分、よく使う木炭でも良いのでしょうが)。着火剤を投入して、火を焚いてみます。結構良い感じです。そしてかなりミニサイズのお餅を網に並べます。ミニにしたのは、普通サイズなら、グループの人数分一度に焼けそうにないのと、お餅でお腹いっぱいになってしまっては給食が食べられないからです。そのお餅が焼ける様子を同学年の先生と体育館の通路で2人、ジーッと眺めます。端から見ていると滑稽な様子だったでしょう。

 火の勢いのせいか、若干焦げたお餅ですが、実に美味しいです。こういう試しにやってみる活動って、いかにも学校の先生の仕事って感じです。本で見たり、インターネットで調べただけでは分からない理屈が、体験を通して学べますからね。

 本当はこういう時間を大事にしないといけないのでしょうが。こういう時間が、授業作りに生かされるのでしょうが。なかなかこういう時間が取れないのが現状です。でも、時間を効率よく使って、時間を生み出さないといけないのですがね。
 『できると思えばできる。できないと思えばそこで終わる。』(by メアリー・ケイ・アッシュ)

| | コメント (0)

2012年1月16日 (月)

俳句

 俳句の勉強を。ある程度の俳句の基礎知識を学んだ後、俳句を味わうために穴うめ問題を。こういうときに選ぶ俳句は、偉人の俳句よりも、庶民的な「お~いお茶」の俳句から抜きます。

 冬の朝ゴミ出す私は(    )だ

 3拓の問題です。A.かぜひき B.ペンギン C.きれい好き、さてどれでしょうと。パワーポイントで順々に出していきます。だからBが出たときに、何人かの子が「これはないだろう」とつぶやきました。しかし、答えはこれはないだろうと思われたBです。俳句というものはこういうものです。17文字にさまざまな思いを込めないとダメなのです。17文字で表すのではなく、17文字に凝縮するのですといった類の話をしました。こういうことを繰り返していくと、何となくですが俳句というものが見えてきたようです。

 ちなみに「お~いお茶」の俳句は毎年募集をしています。だから、同学年の先生にも応募しましょうよって投げかけたら、即OKが出ました。同学年の先生もこういう試み大好きなようです。ただ俳句を作るのではなく、何か目的(?)があると違いますからね。

 この「お~いお茶」の俳句、文部科学大臣賞に選ばれたら、何とビックリ賞金50万円です。

| | コメント (0)

2012年1月15日 (日)

叔母

 叔母が亡くなりました。今日、マラソン大会から帰ってきたら父親から電話がかかってきました。叔母は母の姉にあたります。母は年末からずっと病院で付き添っていました。ただ、母も病み上がりでずっと付き添えるかどうか心配でした。しかし、母は携帯電話とか持たない主義の人です。いつも父からの又聞きだったので、様子がよく分かりませんでした。そこで直接様子を見に行こうと、叔母の入院先の病院に昨日、行ってきました。すると、号泣している母が。叔母はもう危篤でした。

 昨日生きていた叔母が、今日は棺の中にいました。

 叔母さん、今までありがとうね。

| | コメント (0)

2度目の大会

 2度目の10kmの大会です。今回はスタート・ゴールが中学校です。だから学校でよくやる持久走大会の規模がデカイ版とでもいいましょうか。まずは250mのトラックを4周です。ビックリ4周も走るのです。走っている途中に自分が何周目を走っているのか分からなくなってしまうほどです。しかし、この時点でトップとは1周遅れです。トップ速すぎです。今回は街並みをぐるぐる回るコースなので、今自分がどのあたりを走っているのかよく分かりませんでした。とにかく折り返しと曲がり角が多いです。脚にストレスがかかります。

 前回の大会で後半ヘロヘロになったので、最後にギアを一段階あげる余力を残す走りをテーマに走ります。でもいつ最後に近づいてきたのかよく分からず、気づいたらゴール前の最後の坂に。で、ゴール。時計を見たら、何とビックリ41分39秒。キロ4分10秒ペースです。前回の大会のベストから3分30秒も更新です。パチパチパチ。

 今回の大会で何より良かったのが、ペース後にフットケアを無料で受けられることです。汗まみれの臭い脚にもかかわらず、脚をもみもみして下さいました。感謝感謝です。

 さあ、来週もがんばろうっと。

| | コメント (0)

2012年1月14日 (土)

デカい動物

 たまたま動物園へ。是非とも行きたいとかそんな理由もなく、たまたま出掛け先の近くにあったらという安直な理由で。たいてい動物園に行けば、寝ている動物がやたらいるのですが、今日はなぜか起きている動物ばかりです。ライオンもガォ~って唸っていました。

 動物園にはデカい動物かたくさんいます。カバ舎にカバがいました。カバはデカいです。そのデカいカバが、大あくびをします。そしてくしゃみをします。いろんなものが飛んできました。パワー全開です。デカいシロクマはなぜか水中でバク転を何度も何度もしていました。ゾウは鼻でドアノブをつかみ回そうとしていました。たとえ扉が開いても、体がデカすぎるので出られないだろうけれども。

 デカいだけに食べる量もすごいんでしょう。僕も明日の大会のために炭水化物をかなり多めに取りました。まあ、アルコールも多めに取ったのですがね。

| | コメント (0)

2012年1月13日 (金)

指輪

 理科で磁石の勉強をしています。今日は導入です。1人に1つずつ磁石を渡し、磁石にくっつくもの探しをします。ただ探しなさいといっても、飽きてしまうので、くっつくものを15個以上、くっつかないものを15個以上ノートに書くように指示しました。目安になる数があると、どれだけやればよいかが分かりますからね。

 ある子が僕のところに寄ってきて、「先生の指輪はくっつくかやってみていいですか」と言うので、はいどうぞと。くっつきません。銀色のものはつくもんだと思ったようで、ちょっとしたビックリ経験です。授業の最後の感想で、何人かの子が「先生の指輪は鉄なのにくっつかなくて驚きました」といった類のことを言っていました。だから、「これは鉄ではありません。超高級なものです」と一蹴しました。

 そういえば、この指輪を買いに行ったとき、「これって、交渉次第ではまけてもらえるんですかね」って尋ねたら、結婚に関するものはまけられないとのこと。それに結婚式のときに、知り合いのカメラマンさんに写真関係をすべてお願いしたのですが、その方も結婚式の写真は安くできないようなことを言われていました。結婚って、重みのあることなのでしょうね。

 もう結婚式から14年になろうとします。あの頃から比べて、体重が10キロ近く減っているので、指も細くなりました。指輪が外れないようにしっかり見守っておかないと。

| | コメント (0)

2012年1月12日 (木)

薬生活終了

 薬生活からようやく解放されました。年末に10日分の薬をもらったのですが、今日、無事すべてがなくなりました。本当は10日分なので、毎食後きちんと服用しておれば、先週には解放されるはずだったのですが・・・。ちょっとは(?)お酒を飲んでしまいますからね。

 10日分の薬の効果があったのか、咳がずいぶん治まりました。ただ、大きな声を出したり、歌を歌ったりした後は苦しくなりますが。まあ、大きな声を出したり、歌ったりしなければいいだけの話しなんですがね。それにしても10日分も薬を飲むと慣れてくるものです。最初は苦みが強烈で青汁のCMの八名さんのように、「あぁぁぁ、まずい!」って飲み終わるたびに言っていました。しかし、そのうち苦みがうまみに感じられるようになってきました。それもどうかとおもいますがね。

 今度の日曜日、そして次の日曜日と2週連続で10kmの大会があります。そこそこ万全の体調で挑めそうです。

| | コメント (0)

2012年1月11日 (水)

脱走

 広島市の広島刑務所から受刑者が脱走したそうです。今現在、まだ捕まっていないそうです。この人は、警察官に発砲した殺人未遂などの罪で服役していたようです。たまたまかどうかわかりませんが、広島刑務所は塀などを工事中で、工事用の足場などを使って脱走したようです。いったい何のための高い壁なんだ。それにしても刑務所周辺というか広島市全体、子どもの登下校とか心配ですよね。

 それにしても、この逃げた人は肌着のまま逃げたようです。この寒い中です。強奪とか、犯罪を積み重ねなければよいですが。

| | コメント (0)

2012年1月10日 (火)

スッキリ本棚

 今だけ本棚がスッキリしています。というのも、本を一気に処分したからです。いずれ読むだろうとも思うのですが、思い切って捨てる勇気は必要です。でも、ただ捨てるのもどうかと思いました。処分する本のうち、もしかしたら古本屋さんで買い取ってくれるかもって感じた80冊を古本屋さんへ持っていくことに。駄目元のわりに半分の43冊を買い取ってくれました。買い取ってくれなかった分は、そのまま処分して下さるそうで、捨てる手間も省けました。

 どういう基準で査定しているのかよく分かりませんが、買い取ってくれた本は何となくきれいな本でした。やはり見た目は大事です。だいたい50円平均で買い取ってくれたようで、2250円も戻ってきました。そのまま処分しなくてよかったです。

 で、その買い取られた本がどうなったか、ちょびっと気になって見に行きました。明らかに僕が売った本であろうものがかなり目立つ位置に置かれていました。しかも何とビックリ800円で売られていました。ほとんどが100円から200円の値段のこの本屋さんの中では破格です。なぜこの本がこんなに高級なのだろう。確かに元値も2000円くらいしたので高いのですが。内容は犯罪被害者の本なのですが。関係あるのかなぁ。

 しかし、この本棚のスッキリ具合がどれくらい保つでしょう。まあ、1年保ったらいい方かな。

| | コメント (3)

2012年1月 9日 (月)

ランナーズハイ

 ランナーズハイという言葉があります。長く走っていると、どこまでも走れそうな陶酔感を味わえるというもの。β-エンドルフィンがもたらすと言われています。どこまでも走れそうな陶酔感ほどのものは味わったことはないのですが、気持ちの良い状態にはなります。ただこの気持ち良さは、やわらかいものを触ったときやマッサージをしてもらっているときに感じる気持ち良さとは違います。体はしんどいんだけれども、何だか気持ちがよいのです。不思議な気持ち良さです。

 2日前が21.1km、昨日は5.2km、そして今日は11.1km走りました。よく走る3連休でした。この3日とも不思議な気持ちの良い感じは味わいました。でも一番味わえたのは21.1kmを走ったとき気です。これは距離が長いという理由もあるのでしょうが、このコースは直線距離が長いためだと思います。ほとんど真っ直ぐコースです。大した変化もなく一定のままだと楽なのです。しかし、右折したり左折したりすると一定のスピードが変わります。体の進行方向にブレーキをかけなくてはなりません。これはかなりのストレスです。

 一定のままダラダラだと楽なのです。でも多少は負荷をかけないとね。走っている途中に曲がると曲がった後の1歩目がきついです。しかし、その分「よしがんばるぞ!」って切り替えられますからね。

 さあ、よしがんばるぞ。

| | コメント (0)

2012年1月 8日 (日)

メガネ

 メガネを買いに。今使っているメガネはもう15年以上使っていて、フレームは曲がっています。鼻のところのクリングスは茶色くなっています。ただ、普段はコンタクトをつけているので、メガネをかけることもそうはありません。夜とか目の調子が悪いとき以外はかけないので、フレームが曲がっていようが、クリングスが茶色だろうがそう問題はないのです。とはいえ、何となく匂いも(どちらかというと異臭です)漂いそうなメガネだし、運良くかなり安くなるチケットも手に入ったということで購入することに。

 メガネを買うということは視力検査があります。目が悪いので、相変わらず0.1より下は全然見えません。何でこんなに目が悪くなったのだろう。よくないものを見すぎたのでしょうか。で、いろいろなレンズを仮メガネにはめて見栄具合を調節していきます。しかし、すべてボーッと映ります。おもしろいことに0.6は見えないけれど1.0が見えたりします。さらに1つのランドルド環が2つ並んで見えます。だからランドルド環の下が開いているときはマクドナルドのマークっぽく見えます。視力検査して下さっている方に「マクドナルドのマークに見えるのですが」って思ったことをそのまま伝えたら、困惑されていました。すみません。

 メガネも変えて気分一新。ステキなものをたくさん見ていきたいですね。まあ、外見が変わっても中身が良さを判断するので、結局は中身が大事なのですがね。 

| | コメント (0)

2012年1月 7日 (土)

初ハーフ

 ハーフを走ってみることに。前回走った19.6kmコースに1.5kmをプラスしたコースを走ります。長い距離を走るということで、いくつか準備物が。まずは走る前にバナナを食べます。バナナはカリウムが豊富だそうです。そういえばニューイヤー駅伝でも活躍していた日清食品の佐藤さんがカリウムが不足すると脚が痙攣すると言っていました。カリウムは大事です。

Armmottle  途中の給水のため、腕にアームボトルをつけます。腕につけながら走るので多少違和感がありますが、走っているとしんどさの方が大きいのであんまり気になりません。それとサバスのピットインリキッドをポケットに。走りながらでも栄養補給ができます。まあハーフを走ると体重(62)×距離(21.1)の単純Photo計算で1300kcal消費することになりますからね。栄養補給も大切です。

 9時35分スタート。天気は良好です。風も強くありません。走りやすい状況です。だいたい走り始めの2kmくらいはいつもしんどいです。それがそのうち慣れてきます。多分慣れてきた頃が良い感じのペースで走れている頃なんだと思います。で、最初の計測の10kmで49分台。予定通りのキロ5分ペースです。ここで最初の給水と栄養補給を。そしてここから強烈な坂が待っています。車通りの多いところなら確実に登坂車線が必要であろうと勝手に思ってしまうような坂です。左手には海が見えます。眺めは最高ですが、すでに脹ら脛がぷるんぷるんします。坂の頂上まで来ると上った分下っていくわけです。今度はずーっとなだらかな下り坂です。気持ちいいくらい楽な走りができます。上ったり下ったり、きつかったり楽だったり、まさに人生そのものです。

 15km地点で2度目の計測。1時間13分台です。まだキロ5分ペースを保てています。ここで2度目の給水と栄養補給。あと6kmほどです。しかし、またもやここから坂が。急坂ではなくダラダラと長く続く坂です。パソコンの画面で見る地図では短く感じられる道のりも実際に走ってみるとかなり長いです。それでも何となく楽に走れるときもあれば、きつくなるときもあり。永遠とこのくり返しです。それにしても何で走っているんだろう?別にダイエットのためでもなく、体を鍛えるためでもなく。なぁ~んて考えているうちにあと2kmに。前回19km走ったときはこの辺は完全にヘロヘロでしたが、今日はわりと前に進めます。ちょっぴりラストスパート。そしてゴール。1時間45分10秒でした。キロ4分58秒ペースです。

 走り終わったあとの爽快感はたまりません。何で走っているのか?その答えの1つは、この感覚を味わうためですね。こればっかりは走らないと経験できませんから。

| | コメント (0)

2012年1月 6日 (金)

Themanzai  昨日の夜から読み始め、とまらなくなった本。『The MANZAI 2』。ちなみにインターネットで『THE MANZAI』って打って検索をかけると、パンクブーブーやナイツのことが出てきます。

 このシリーズの1は読んだことがあったので、ストーリーや登場人物はだいたい分かっていました。そしてその2です。おもしろすぎです。

 この話には『傍』という漢字をよく使います。単独で使ったり、送りがなに「ら」をつけて『傍ら』にしたり。そういえば1にも『ランナー』もこの字がよく登場してきました。あさのあつこさんが敢えて使ったのかもしれません。

 人間は1人で生きているわけではありません。『傍』で支えてくれる人のおかげで、今があります。その『傍』で支えてくれている人にそろそろ恩返ししないと。

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

キョリ測

 たまたまスポーツ用品店のランニングコーナーで見つけたあるもの。走る距離が分かるサイトがあるそうです。『キョリ測』というもの。この『キョリ測』ですが、手軽に距離が分かるなかなかのよいものです。まあ、直線距離しか測れないので、より詳しく距離を測るためには、かなりのポイントを打たなくてはなりませんが。

 このサイトでおもしろいのがカロリー換算ができるところです。年齢と体重を入れて距離を測定すれば、勝手にカロリー換算をしてくれます。しかもその換算方法もおにぎりなら何個分とか、歩いた場合とかジョギングの場合とか多岐に分かれています。例えば僕が11.1km走ったら、消費カロリーがビールの中生ビールで4.4杯分になります。しかし、この場合はジョギングしたときの消費カロリーです。僕の場合、ジョギングではなく、ランニングなので(かなり勝手な解釈ですが)、もう少しカロリーが消費されるはずです。多分、中生5杯分ぐらいです。つまり、飲み足らない(?)ということです。

 まあ10km以上走ると走る前と比べて体重が2kgくらい減ります。結構な減量です。ただ、寝る前には元に戻っているのですが。つまり、飲み足りているということでしょう。 

| | コメント (0)

2012年1月 4日 (水)

ランナー

 今年の走り初めで11.1kmを。走っていると中学生か高校生かの野球部の集団に出くわします。冬休みなのにご苦労なことです。20分後、その集団と再び遭遇。この子たちもこのサングラスをかけて走っているおっさんに同じようにご苦労なことだと思ったことでしょう。何せ、猛烈な風です。しかも雪がビュンビュン舞っています。今走っている11.1kmコースは東西南北さまざまな方向を走るのですが、常に向かい風です。全く追ってくれません。なぜ故、こんなに風当たりが強いのだろう。前に進めません。でも、得体の知れないものと戦っているようでおもしろいです。

Photo  午後から年末に買った本を読みました。あさのあつこさんの『ランナー』を。あさのあつこさんの作品はおもしろいし、『ランナー』というタイトルだけで買ってしまった本。もちろん、走ることが1つのテーマではあるのですが、主人公の碧李の背負うものがあまりにも重すぎます。レースで再び負けることを恐れて、複雑な家庭事情を言い訳に陸上部をやめるのですが、単なる言い訳ではすませられない酷な家庭事情。逃げているというよりも向かっていっている感さえします。本音と建て前が交錯する内容に一気に引き込まれました。

 言い訳も誤魔化しも口にしない方が良いに決まっています。ただ、多少の逃げ場所も必要です。人間なんてそんなに強くないんだから。主人公の碧李のお母さんの心がつぶれていったのも、血のつながらない娘を虐待し始めたのも、逃げ場所がなかったから。

 ただ、自分の逃げ場所だけではなく、周りの人の逃げ場所があるかにも気づける技量をもたないといけないと思います。がんばることはがんばることは大切です。がんばることで、自分の力量が増えるのも確かです。ただ、許容範囲の越えるがんばりは、時として、壊れてしまうこともあるから。

| | コメント (2)

2012年1月 3日 (火)

駅伝

 お正月といえば箱根駅伝です。一応、『走る』という行為をし始めたので、今までと見方が違います。腕の振り方やつま先の向き方を注目です。さすが一流は違います。

 それにしても20km以上のハーフの距離を走って、繋いでいくんだから大変です。駅伝は個人で走るマラソンとは違います。個人で走るのは、多少の無理が利きます。しんどくてやめてしまうのも個人の自由です。しかし、駅伝は繋がないといけないので、無理して壊れるわけにもいきません。かといって、多少無理しないと周りのチームとどんどん差が開いてしまいます。ある意味人間味あふれるスポーツです。

 がんばって走ったすべての選手、そしてスタッフに拍手です。

| | コメント (2)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »