« 東京マラソンの日 | トップページ | まとめの授業 »

2012年2月27日 (月)

常設

 ICTの出張です。一応、ICTの推進委員なので。授業の中で、ICTをどのように活用していくかとなると、導入部分とか、くり返し学習して定着させたいこととかが多くなります。つまり、授業中ずっと使うわけではないんだけれども、あると効果的といった感じです。この程度のウエイトです。そのウエイトのために、わざわざプロジェクタやパソコンを準備して、コンセントにいくつもの配線を差し込んでとはいきにくいです。僕はわりとこの類を授業で使います。僕の場合、慣れている面もあるし、最初っから、教室にプロジェクタは置いています。あまり使う先生がないのに、プロジェクタは7台くらいあるので。

 しかし、ICTは便利なのです。だから活用していくためには、『常設』が求められるわけです。スイッチさえ押せばすぐ使える形であれば、活用度はグンと上がります。実際に常設されている学校はあります。常設されているから、当たり前のように使われるわけです。いくらソフトが良質でも、準備に手間取るのであれば、使わずに進めてしまいますもんね。

 学校には小さいテレビとか、いかにも値段をケチったと思われるようなものが入るかと思えば、ほとんど使われないのに必要以上のプロジェクタが入ったり。この2つを合わせた50インチくらいの大型テレビがあればいいのに。これがあるだけで『常設』に一歩近づくのに。

|

« 東京マラソンの日 | トップページ | まとめの授業 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東京マラソンの日 | トップページ | まとめの授業 »