« 給料の行方 | トップページ | たまたま »

2012年2月22日 (水)

おもしろい指示

 大阪市の橋下徹市長が、教育に関するまたも『おもしろい』指示を。小中学生であっても目標の学力レベルに達しない場合は留年させるべきだとのこと。義務教育課程での留年を検討するよう市教委に指示していたそうです。実際に留年は法的にも認められています。ただ、今までに小中学生の留年は、病気等である意味仕方なくのごく稀な場合に行われたケースがあるくらいです。

 これが現実に行われるようになると、学校に緊張感が走るでしょうね。できないことでも「まあ、大人になったらわかるだろう」なんて発想ではダメということです。でも、小学生のときによくわからなかった理屈が、大人になってから分かるようになったことなんてたくさんあるんですがね。「速さ」の勉強なんてまさにそうで、車の運転をしだしたら、「速さ」の導き出し方なんてすぐ分かってしまうようになります。

 先生は教え子を留年させるわけにはいかないから、躍起になって学力向上に取り組むでしょうね。保護者も学校だけでは足りないから塾に行かせるようになるでしょう。で、当の本人の子どもはどうかなぁ。かなりの荒波の中を進むようになるでしょうね。その荒波に向かっていければいいけれど、挫折する子も出てくるでしょうね。そうなると、せつないなぁ。

 確かに学力はつけないといけません。いや、つけさせないといけません。でも、がんばってもなかなか身につかない子もたくさんいます。その子たちはその子たちなりに努力しているんだけれども、結果になかなか結びつかないのです。それでも一定のレベルに達しなかったら、留年になるのかなぁ。それが本当にまだ10年程度しか生きていない子どものためなのかなぁ。

 親と子と先生と、そして子ども同士と。いろいろな人間関係が崩れそう。

|

« 給料の行方 | トップページ | たまたま »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 給料の行方 | トップページ | たまたま »