« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

ちょうどいいペース

 今年度最後の日です。ということで(?)走ることに。11.1kmコースを。このコース、最近の過去3回は膝が痛くて途中でリタイア。だから目標は歩かずにゴールすること。まずは入念にストレッチを。そして両膝をサポーターでカバー。そしてスタート。あまりペースを上げすぎないように走ります。拇指球を意識しながらの走りです。

 いい感じで、最後まで膝が保ちました。久々に走りきった感がありました。実に気持ちがよいです。キロ4分40秒のペースでしたが、今の僕にはちょうどいいペースでした。

 いよいよ新年度がスタートします。今までに経験したことのない世界に行きます。ちょうどいいペースが見つかるまでに時間がかかるかもしれませんが、前向きに、前向きに。

| | コメント (0)

2012年3月29日 (木)

高騰しすぎ

 いつも入れているガソリンスタンドは木曜日がサービスデーです。いつもより1円安くなります。1円でも30リットル入れたら30円ですからね。しかし、このサービスを無視するかの如く、ガソリンの値段が上がっています。今日はサービス込みで148円でした。他の地域に比べたら安いのかもしれませんが、ここ最近で一気の高騰です。20円近く上昇です。20円上がったら、30リットルで600円の上昇です。ビックリです。

 学生の頃、原付に乗っていました。そのころは1リットル80円くらいでした。原付は3リットルくらいしか入らないから、240円です。300円でおつりが来ます。今とは全く違います。今なら500円近いですからね。中東情勢が影響しているのでしょうが、悲しいですね。

 一瞬走って勤務先に行こうかなって思いましたが、4月からは40km先の場所になるので、走れません。

| | コメント (0)

2012年3月28日 (水)

春休みなし

 現勤務校に着任して1年ですが、もう引っ越し作業です。とはいえ1年後には戻ってくる予定なので、大半の荷物は勤務校内にそのまま置いておくことに。都合のよいことにある部屋の、ある押入が使われていないことが判明。1年間そこに置かせてもらうことに。

 1年しかいなかったのですが、そこそこモノはあるものです。ほぼ個人情報が載っているモノです。だからシュレッダー大活躍です。活躍しすぎて、大きなゴミ袋4つ分になりました。

 まだ仕事が残っています。あと2日。片づくかなぁ。

| | コメント (0)

2012年3月27日 (火)

タイムリミット

 春休みです。がしかし、当然ですが、学校の先生はお仕事です。僕はある意味異動なので、3月中にすべての仕事を終わらせなくてはなりません。タイムリミットは4日です。一応、計画を立てます。今日は校務分掌の引き継ぎと教室の整理を。と、考えていたのですが、校務分掌で精一杯でした。膨大な仕事量にいっぱいいっぱいです。ずーっとパソコンとにらめっこしていたので、目がチカチカします。

 今日が終わってしまいました。残り3日です。とはいえ最終日は離任式なので、実質あと2日です。何が何でもどうにかしないと。それにしても、教室にある大量の荷物、どうしよう。1年間だけ家に置いておこうかな。でも、家に置く場所もないし。

| | コメント (2)

2012年3月26日 (月)

刺激的な1年に

 ようやくといいますか、来年度の行き先が決まりました。長研です。教員を16年経験して、初めて現場を離れます。一度離れてみるという点はかなり価値があるようには思います。違った視点で自分と学校を見つめることができますから。ただ、不安な点はかなり多いです。だいたい研究テーマが理科だし。理科って最も不得意とする分野だし。

 まあ、考えようによっては、だからこそチャンスでもあります。理科をたくさん勉強をしてきた人にとっての研修と僕のように理科をどちらかというと避けてきた人にとっての研修とでは吸収できる量が半端なく違いますから。

 僕の使命は学んだことを生かすことです。今までにも立派な研究授業をたくさん見てきました。それはそれですごいことだと思います。ものすごい準備をしたきたんだろうし。この1時間にかけるエネルギーを感じます。でも、僕たちが知りたいし、必要にしているのは普段の明日の1時間の授業です。日々忙しい毎日を過ごしている中でも、そこそこ充実した授業を展開したいですしね。それに僕のように理科を不得意にしている先生って結構いますから。だから僕が学んで公開した授業を見た方が、「あっこれは明日使える」と思ってもらえる授業づくり。それを目標に1年間勉強します。

 刺激的な1年が始まりそうです。

| | コメント (2)

2012年3月25日 (日)

拇指球

 久々に庭の草抜きを。よ~く生えているもんです。気づいたら2時間以上抜いていました。この草抜きはあくまでも準備運動です。で、着替えて走ることに。膝の調子が今イチなので、ハイペースにならないように下の娘が自転車でついてくることに。11.1kmコースはここ2回とも、途中で膝が痛くなってリタイア。今日の目標は歩かないで完走することです。

 かなりのゆったりペースです。膝も何とか保ちそう。僕が走る20mくらい後ろを娘がテレテレ進みます。風が強いので、なかなか前に進まないよう。途中で娘を前に行かせて、その後ろを走ることに。拇指球の着地点を意識して走ります。しかし、徐々に膝に違和感が。走っている間はいいのですが、信号待ちで止まったり、角を曲がったりするとかなり膝に痛みが走ります。それでもまだ耐えられる範囲です。が・・・。

 ゆったりゆったりで10km位まで来たのですが、最後の坂が膝が痛くて上れませんでした。とうとう歩いてしまいました。まだ膝、不完治です。それでもある程度は走れるんだという自信にはなりました。やっぱり走り方です。拇指球です。

| | コメント (0)

2012年3月24日 (土)

足裏チェック

 本屋さんへ。10冊購入の大人買い。しかもすべて何を血迷ったのか教育書。果たしてこんなに読むのだろうか。せっかく本屋に来たので、ランニングの本を立ち読みします。膝の外側を痛める原因のひとつに走り方があると。拇指球で着地するのではなく、足の裏の外側で着地してしまっているとのこと。だから外側に脚がすべるので、膝に負担がかかるとのこと。そういえば、僕の靴は外側の減りが異常に早いです。歩き方そのものを改善する必要があるのかもしれません。

 その後スポーツ屋さんへ。足裏チェックをしてもらいました。実際にきちんと測ると僕の右足は24.9cmで左足は24.7cmでした。サイズでいうと25.0です。子どもの足のようです。で、足の裏のどこに圧力がかかっているかというと、全く均等ではありませんでした。前面の方にやたらと圧力がかかっていて、後面は弱く、指先はほとんど圧力がかかっていませんでした。お店の人は、立つときに後方を意識することと、走るときは五本指ソックスが良いと言っていました。ということで、このブログを打っている現在、五本指ソックスをはいています。

 天気が良くなってきました。せっかく五本指ソックスをはいているし、ちょっとだけ走ってこようかな。キロ6分くらいのペースだったら、膝に負担もかからないでしょう。走り方チェックもしないと。

| | コメント (0)

2012年3月23日 (金)

阪急電車

Hankyu  見終わった後が実に心地良い作品でした。阪急電車は何度か乗ったことがあるので、知っている駅名の登場にやけに親近感が沸いてきます。

 人はそれぞれに、いろいろなものを抱えています。ただ、それを見せないだけであって。抱えながらも前に進まなくてはなりません。

 みんながんばってるんです。すごいのです。

| | コメント (0)

2012年3月22日 (木)

今イチ

 年度末です。しなくてはならないことがたくさんあります。そこそこ段取りを考えてこなしてはいます。ただ、今イチしっくりきません。原因は明らかです。10日後の自分の姿がまだ見えないからです。4月、いったい何をしているのだろう。

 なるようにしかならないんだろうけれども。こういうときに走ったら気分も晴れるのかもしれませんが、膝が不完治のため無理です。もう寝ようっと。

| | コメント (0)

2012年3月21日 (水)

そろばん

 3年生の算数に「そろばん」があります。3時間扱いです。3時間でマスターできるほど、生やさしいモノではありません。まあ、慣れてしまえば簡単なのですが、慣れるまでにはそこそこ時間がかかります。

 そろばんを習っている子もいるので、習っている子にとっては9+3とかの簡単すぎることをやります。がしかし、初めてそろばんに触れる子にとっては、9+3は難しい理屈です。9から7をとって10を足すんですから。

 今、教室では僕と教頭先生と支援の先生と地域の方との4人体制で行っています。かなりVIPな扱いです。このスペシャルな時間に、そろばんというもので計算することができるんだ程度が分かればよいかと思います。決してローラースケートのようにして遊ぶモノではないってことですね。

| | コメント (0)

2012年3月20日 (火)

R-1グランプリ

 R-1グランプリを見ていました。今年はかなり豪華メンバーでした。ハイレベルな戦いでした。もう笑いっぱなしでした。優勝したCOWCOWの多田さんはネタもテンポも抜群でした。偶然を必然にする力量を感じました。

 ピン芸は2人の掛け合いで行う漫才とは質が違います。だから「モノ」を必要とする場合が増えてきます。フリップだったり音だったり。そういう意味では、何の「モノ」も使わなかったキャプテン渡辺さんはすごいのかもしれません。

 1人の気楽さもあるのかもしれませんが、1人はやはり大変だと思います。すべてが自分の責任だから。言い訳もできないから。だからこそのおもしろさもあるのでしょうが。 

 学校の先生も教壇に立てば似たようなものですがね。

| | コメント (0)

2012年3月19日 (月)

卒業式

 卒業式でした。この近辺の小学校の卒業式は今日か、先週の土曜日か、金曜日かの3パターンでした。本当は今日なのですが、今日なら土日を挟んでの今日になります。先週なら休みを挟むことなく本番を迎えることが出来ます。ただ休みなしで6日連続にはなりますが。金曜日にやったところは授業時数をどうにかしてカバーしたんでしょうね。

 まあ、何曜日になろうとも、人生の中での最大の式の1つです。ステキな式にしたいですからね。

 ステキな式になりました。

| | コメント (0)

2012年3月18日 (日)

モテキ

Photo  現在、膝痛の為、週末なのに走っていません。走るのをやめているので、家でボーッとしています。年度末なのでやらなくてはならないことがたんまりあるのですが、もう昨日今日は何もしないって決めてしまいました。ということで「うさぎドロップ」を見て、「相棒」を見て、そして、今週末3本目「モテキ」を見ます。

 さすがにシーンがシーンだけに、子どもと一緒に見るには抵抗があります。娘たちが2階で遊んでいるので、夫婦でボリューム下げ気味で見ます。階段を下りてくる音がするたびに、一時停止してチャンネルを変えます。まるで中学生が親にこそっと隠れて、エッチなビデオを見ているかのようです。

 それにしても、おもしろい視点です。まあ、爆笑というよりも失笑が多かったですが。失笑といっても、イヤな失笑でもないですが。

| | コメント (0)

うさぎドロップ

Usagi  だいたいこの時期の週末はDVD鑑賞デーです。髭ボーボーで、コンタクトもはめず、ポテトチップスとコーヒーを準備してスタンバイ。今日見たのは『うさぎドロップ』です。

 この話、漫画で少しだけ見たことがあります。実直な青年の考え方がとっても素敵です。でも、高畑淳子さんの役の人が言われる「あなたに彼女ができたとき、どうするの?」が正論のような気もします。「今」は良くても、これからは・・・です。もちろん「今」も大事なのでしょうが。

 まあ、こういうボーッと過ごす「今」は、ものすごく大事なのですが。

| | コメント (0)

2012年3月17日 (土)

腸脛靭帯

 膝がまだ痛いのでいつもの整形外科へ。診察室に入ると、お医者さんの第一声が「また痛いの?」。はい、痛いのです。靱帯の炎症だから、走っている限り仕方ないと。というわけでロキソニンテープをもらって帰りました。まあ診察代+ロキソニンテープ21枚で1670円なんだから、薬局でちょっと良さげな湿布を買うよりも格安です。

 膝が痛くなることについてネットで調べてみると、ある鍼灸院のページに症状としてビンゴなものがありました。
・腸脛靭帯は膝の外側を通過して脛骨外側に付着。この靭帯がすり合うことで徐々に出現してくる。
・膝の外側に緊張、違和感を感じ、その症状が徐々に灼熱感に変ってくる。
・痛みで走れない状態になるが、休むと楽になる。しかし再び練習を再開すると痛みがでてくる。
・重症な場合、痛み部分の摩擦を軽減するために、膝を伸展位で歩行するようになる。

 原因は走り方とか靴とか路面の状況とかさまざまなものが総合的に入り交じるのでしょうが、結局はオーバーワークです。だから治療法も練習中断が良いとのこと。でも、この程度でオーバーワークになってしまうって、体力ないよなぁ。

| | コメント (0)

2012年3月16日 (金)

内示

 内示の日です。来年度の所属先が99%確定する日です。ただ、僕は80%ぐらいです。まあ、『ほぼ』という表現が適切なのかもしれませんが。今イチちゅぶらりんの状態なので、先が見えないのですが、結局はそのままか長研かのどちらかなのです。

 来週には確定するのかなぁ。でも確定したらしたで、何だか複雑な気分だなぁ。

| | コメント (0)

2012年3月15日 (木)

狂言

 昨日の栃木県のスーパーでの小学生切りつけ事件。狂言だったようです。自分で切ったそうです。なぜ切ったのか、です。一瞬リストカットとかそういう類かと思いきや、全然違っていました。この少年、コップとカッターを万引きしたそうです。そしてカッターでコップに切り込みを入れようとしたら、誤って左手を切っちゃったようで。で、万引きが発覚することを恐れて、「見知らぬ男に切られた」と店員にうその説明をしたそうです。

 その場しのぎの適当なウソだったのでしょう。がしかし、全国ニュースにまで発展するとは夢にも思わなかったでしょう。このウソのために、多くの警察官が派遣され、事件が起こったとされるスーパーはピリピリムードだったでしょう。このスーパーの周りの小中学校とかはおそらく保護者の送迎等、登下校に細心の注意を払う措置をとったでしょう。適当なウソのために、かなり多くの人が普段以上の労力を必要としました。まさに大迷惑なことです。

 おそらく、この少年はガッと叱られて、それで終わりです。まあ、それはそれで良いのかもしれないけれども、この事件の教訓を「教材」にしないといけませんね。他人事ではなく、誰にでも起こりうりそうなことだから。

| | コメント (0)

2012年3月14日 (水)

競艇場はまずいでしょ

 大阪の中学校の先生が競艇場に生徒の通知表を持ち込み、レースを観戦しながら成績を記入していたそうです。なぜわかったかというと、競艇場の有料観覧席の机に生徒約20人分の通知票を堂々と広げ、レースの合間に、10段階評価のスタンプを押していたそうです。その様子を近くにいた客が写真に撮影したとのこと。これが事実なら結構ビックリなのですが、事実のようです。当然、舟券も買っていたようですが。

 有料観覧席だから、通知票の作業をするそこそこのスペースはあったでしょう。とはいえ、周りのお客さんはものすごく違和感を感じたでしょうね。だから写真に収めたのでしょうが。この先生は忙しくて通知票の作業をする暇がなかったといった類のことを話されているようですが、何を言っても言い訳になってしまいますよね。

 忙しいんだから、それはみんないっしょです。だから段取りよく仕事をこなさないと。と、自分自身への戒めも込めて。

| | コメント (0)

2012年3月13日 (火)

年度末

 朝の出勤時、車の外気温計を見ると0度です。寒いです。もう3月半ばというのに。そうです、3月半ばです。今年度もあと半月で終わってしまうのです。ということで、年度末恒例のしなくてはならないことが山積みなわけです。ここでいかに段取りよくこなせるかです。

 昨日今日と放課後は教室にこもって仕事をしていました。まあ、ひたすら通知票づくりだったのですが。我が娘の学校の通知票はパソコンで打ちだしたものです。現勤務校は手書きです。まあ、賛否あります。でも、近いうちに勤務校もパソコンで打ち出すようになると思います。なぜならその方が効率的だからです。浮いた時間を他に使えます。

 学校の先生は(他の仕事もそうですが)多忙のようです。でも、多忙にしてしまっているような気もします。少し視点を変えるだけでずいぶん変わってくるような気がするけどなぁ。忙しいと心のゆとりもなくなります。心のゆとりがなくなると、目の前の子どもに還元できなくなります。

| | コメント (0)

2012年3月12日 (月)

しばらくお休み

 膝の痛みは多少和らいだものの、階段の上り下りはきついです。学校の階段は段差が低いので衝撃が少ないのですが、家の階段はそうでもないので、一段一段刺激的です。

 ということで膝の痛みを和らげるツボを押しています。外膝眼という膝の皿の直下、外側にあるくぼみが膝の外側の痛みには効くそうです。効いているのか効いていないのかさっぱりわかりませんが押しまくっています。

 しばらくランニング休養かな。

| | コメント (0)

2012年3月11日 (日)

ペンギン走り

 4度目の大会です。今回の大会はフルマラソンもある結構規模のデカい大会です。フルがスタートしてから1時間25分後に10kmスタートなので、時間があります。かなり入念にストレッチをしました。とにかく膝が保ってくれるよう祈りながら。

 レーススタート。走り始めて500mくらいで早くも膝に悲鳴が。しかも痛む左ではなく右の方です。しばらくすると左の方も。まずいパターンです。膝をかばうように走るので、ヘンな走り方です。僕はいつも膝が上がらない走り方でペンギン走りを言われますが、今日は間違いなくペンギン走りです。走っていると右の方は痛みが慣れてきました。問題は左です。だましだまし走ります。そして折り返しの5km。とりあえずここまで保ちました。タイムは21分50秒くらい。そこそこの速さです。膝の痛みには波があって、まずいって思うときと、保つかなぁって思うときとが繰り返されます。保つかなぁって思うときは、行けそうな気がするのですが、ギアを上げるほどの余裕もなく、ずっとペンギン走りのままゴール。43分52秒でした。この膝で1km4分24秒ペースなら、まあまあかな。

 今日は家族も応援に来ていました。ゴール近くで、僕の姿がすぐわかったそうです。なぜなら、1人だけ明らかに違う走り方をしていたから。ペンギンの着ぐるみでも着ていたら、この走り方も様になりますがね。

| | コメント (0)

2012年3月10日 (土)

膝再発

 明日は大会です。だから少し長めを走ろうと。たまたま車の点検があったので、車屋さんまで車で行き、そこから走って家に戻ります。家に戻った後はいつもの11.1kmを。でも、何だか膝が不安定です。走り始めて6kmくらいで、まずい感じに。そこからは歩いたり、ジョギングしたりのくり返しです。

 とりあえず家に帰って、湿布を貼りました。左膝が痛く、その膝をかばうので右膝も痛くなります。だから膝のサポーターをもう1つ買いに行きました。明日は両膝サポーターで挑みます。

 でも走れるかなぁ。今、階段の上り下りもキツイもんな。明日のコースが平坦なら何とかなりそうだけれども、坂が多いと苦しいなぁ。まあ、明日はタイムよりもとにかく完走だけを目標に。悲しいなぁ。

| | コメント (0)

2012年3月 9日 (金)

文集

 『週末日記』という文集を作りました。これは毎週、こちらからお題を出して、その題に対する日記を書いてくるのです。そして学期ごとに、書いた作品の中からいくつか選んだものを文集にします。一応、全部パソコンで打ち込みます。結構なページ数です。だから、打ち込むだけではなく、印刷もそこそこのエネルギーを使います。新採の時からやっています。今年16年目なので、16×3で48なのですが、新採1年目の1学期と1年生を担任した1年間はしていないのでマイナス4で今回で44冊目です。そこそこ継続している感はします。

 そもそもこの『週末日記』、始めるきっかけは大したことではありません。新採の時、新採同士の飲み会で、ある人(年は3つぐらい上の方ですが)が、「ただ日記を書かせるのではなく、テーマを決めて書かせると、結構書くよ」と言ったのです。へぇ~、と思って始めたのがきっかけです。単純なきっかけですが、16年続きました。

 テーマも結構道徳っぽいのが多いです。その時のクラスの事情に合わせたりもします。ただ平日ではなく、ウイークエンドだからこそゆとりをもって書ける(そうでない人もいますが)こともあります。内容も学期ごとに濃くなっていきます。この文集が、今はもちろん、何年か先に、少し立ち止まってしまった時に、前へ進むためのちょっとしたヒントになればいいかなって思ってはいます。文集が、ただの文を集めただけで終わってはつまらないですからね。

| | コメント (4)

2012年3月 8日 (木)

モヤモヤを吹き飛ばす

 そろそろハーフに挑戦しようかなって思っています。練習で2度ほど走りました。前回走った時に膝を痛めて以来、まだ10kmも走っていないのですが、前向きな気持ち(?)だけはあります。で、なかなか手頃の大会を見つけたので、一応登録を。ただ、まだお金を払っていないので、出否はどうにでもなるのですが。

 年度末のせいか、来年度の自分の状況が未確定のせいか、通知票や要録のことを全くしていないせいか(これが一番の原因かな)若干、モヤモヤした気分です。だから、そのモヤモヤを吹き飛ばそうと、勝手に目先を変えています。

 さあ、3日後は久々の10kmの大会です。1ヶ月近く10kmを走っていないのですが、まあ、何とかなるでしょう。前日はちょっと長めに走ろうかな。でも、何だかワクワクしますね。

| | コメント (0)

2012年3月 7日 (水)

パズル

 昨日作成した学級通信に、なかなか欠席者ゼロにならない旨を載せました。インフルエンザ等の影響をもろに受け続け、それが下火になったかと思いきや、今度は下痢嘔吐症が。誰かが体調を崩している状態がずっと続いてきました。1月の末から1ヶ月以上、ずっとです。

 で、昨日作成した時点で、刷ろうと思ったのです。でも、何となく良い胸騒ぎが。もしかしたら、明日は全員揃うかもって。何の根拠もないし、昨日の欠席は3人もいたし。がしかし、何と今日、全員揃いました。教室は歓喜に包まれました。

 やはりクラスは全員揃わないと。もちろん、さまざまな事情があって揃わないこともあります。しかし、今日は格別でした。すべてのピースがはまったパズルのようです。1つの絵が久々に完成しました。朝のうちに、昨日作った学級通信の欠席ゼロの話題に加筆を。
 『※と、昨日書いたのですが、何と、今日全員揃いました』って。

| | コメント (0)

2012年3月 6日 (火)

願い

 「詩のボクシング」を今年度初めて行うことに。ここ最近、毎年取り組んでいるものですが、なんといっても今年度はやることが多すぎてできず終いでした。最後の最後にきてようやくゆとりらしきものが生まれたので、行うことに。

 最初に簡単なやり方を説明して、全国大会の様子をテレビで流します。そして早速スタート。といっても、詩がありません。考えやすいと思ったので、テーマを与えることに。テーマは『願い』。詩という形式にこだわらず、自分の思いを声の力にするよう言いました。だから、ノートに書いても、書かなくてもどちらでもよいと。ただ、みんなの前で1分程度は話すようにと。

 そして本番。予想以上にデキがよいのでビックリです。3年生には3年生なりの『願い』があります。その形もさまざまです。声の力、そしてその力が伝えること、伝えられることに喜びとうれしさを感じた時間になりました。

| | コメント (0)

2012年3月 5日 (月)

ベルト

 ここ最近、ズボンからよくシャツが出ます。だらしない小学生のようです。どうもベルトが緩いようです。でも、穴の位置は一番きつく締めている場所です。やせたのかな。でも、体重はあんまり変わっていないんだけど。ウエストが細くなったのかな。ということで、ベルトを2cmほどちょん切りました。

 ここ十数年で、僕は体形がずいぶん変わりました。結婚前は、体重が70kg以上ありました。ドラえもんのようでした。顔はコンパスで描いたようにまん丸でした。原因は明らかに不摂生です。で、結婚して、まともな生活になったお陰で体重が激減しました。そして、そこそこ職場で揉まれたせいか、年々体重が減少傾向です。そして、最近は走るようになったので、さらに減少傾向です。

 まあ、週末、飲むので一気に体重増になるんですけどね。

| | コメント (0)

2012年3月 4日 (日)

びわ湖毎日マラソン

 土日に久々に走らず。雨も降っていたし、膝の調子がイマイチだし、何より年度末独特の仕事をどっさり持ち帰ってしまったためです。でも、来週は大会です。

 ということで(?)テレビでびわ湖毎日マラソン観戦を。雨の降る中、結構ハイラップの闘いです。先週の東京マラソンの時もでしたが、ハイラップについて行けず落ちていった選手を抜いていって順位を上げていく選手が多いような感じがします。これも作戦なんでしょうが。追い上げる方が気分的には良いですからね。

 先週の藤原さんと、今日の山本さんは確実なのかな。残り1枠は難しそう。タイムだけでは単純に比較できないですし。3つの選考レースのそれぞれの日本人トップということで、福岡の川内さんを選ぶのが1番スッキリするような気はしますが。

| | コメント (0)

2012年3月 3日 (土)

シロウオ

Siro  たまたま出掛け先で、たまたまシロウオを食べることに。俗に言う「おどり食い」です。かなり残酷な食べ方ですが、そこそこ美味しいです。そういえば、このあいだワカサギ釣りに行った時も、釣ったワカサギを生きたまま天ぷらにして食べました。これまたかなり残酷なことではありますが、美味しいです。

 僕たちは、魚に限らず、肉にしろ野菜にしろ『命』を毎日食べています。それが生きる源になっています。だからこそ、「いただきます」という感謝の気持ちを忘れてはいけませんね。

| | コメント (0)

2012年3月 2日 (金)

今年度最後の参観日

 今年度最後の参観日でした。学校に行く通勤の車の中では、しばらく参観日の独特の雰囲気は味わえないかもって考えながら。つまり、そこそこのモノを結果として残さなければという思いが強かったです。最後の参観授業はたいてい最後にDVDを見せます。流れは、1人が1言ずつしゃべる動画と写真のスライドです。その中にぼくの言葉を織り交ぜていきます。そのDVDが10分強なので、そこに向けての授業を35分します。今年もパターンはそれです。

 今回もストリートチルドレンや少年兵を題材にしました。テーマは「自分に何ができるか」。といっても、何もできないわけです。募金するっていっても、その募金もお家の人が働いて得たお金なわけです。で、何ができるか。そこで、リオの伝説の演説を引用しました。結局は『人のこと』を考えることって。

 授業をしながら、ものすごく難しいことをしているなって感じました。あり得ない世界ですから。ただ、『現実を知ること』って、すごく大切なことだと思います。この瞬間にも寝る場所もなく、路頭に迷っている同じ年の人がいるということ。今も誰かに銃を向けている人がいるということ。そして、今日という日をものすごく普通に過ごしている「自分」がいるということ。

 明日から少しでも考え方が変化したなら、今日の授業はものすごく価値があったんだと思います。でも、やっぱり、毎年のように反省をします。もっと良い発問、効果的な流れがあったはずなのに。いつも、最後の参観日はガッツポーズで終われません。

| | コメント (0)

2012年3月 1日 (木)

衝撃的なテレビ

 理科室に大型のテレビがあります。そのテレビを拝借しようと、教室に運びます。最初っから台に乗っているのでコロコロ運びます。まあ、教室のテレビが大きかったらこんなことをしなくてもよいのですが、32型です。後ろの席からはよく見えません。ちなみに50型より小さいものはテレビとは言わずにモニター扱いだそうです。

 そのテレビを教室に入れます。古い校舎なので、全くバリアフリーではありません。扉の位置に2cm位の段差があります。台ごとテレビを持ち上げて、段差を乗り越えようとするのですが、なかなか上がりません。ん?おかしいなあと上を見ると何とビックリ扉の上部にテレビが引っかかっているのです。つまり、テレビの方が高すぎて、教室に入らないのです。衝撃的でした。

 ということで、とりあえずドライバーを持ってきて、テレビと荷台を外します。そして別々に教室内へ搬入。何だか悲しいです。入れてしまったテレビは、理科室に戻す時には、また同じ工程を踏まないといけません。

 せっかく良いものがあっても、使い勝手が悪ければ使えません。寸法なんて、基本中のことなのに。と文句を言ったところでどうにもならないので、おおらかにおおらかに。

| | コメント (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »