« 閏年 | トップページ | 今年度最後の参観日 »

2012年3月 1日 (木)

衝撃的なテレビ

 理科室に大型のテレビがあります。そのテレビを拝借しようと、教室に運びます。最初っから台に乗っているのでコロコロ運びます。まあ、教室のテレビが大きかったらこんなことをしなくてもよいのですが、32型です。後ろの席からはよく見えません。ちなみに50型より小さいものはテレビとは言わずにモニター扱いだそうです。

 そのテレビを教室に入れます。古い校舎なので、全くバリアフリーではありません。扉の位置に2cm位の段差があります。台ごとテレビを持ち上げて、段差を乗り越えようとするのですが、なかなか上がりません。ん?おかしいなあと上を見ると何とビックリ扉の上部にテレビが引っかかっているのです。つまり、テレビの方が高すぎて、教室に入らないのです。衝撃的でした。

 ということで、とりあえずドライバーを持ってきて、テレビと荷台を外します。そして別々に教室内へ搬入。何だか悲しいです。入れてしまったテレビは、理科室に戻す時には、また同じ工程を踏まないといけません。

 せっかく良いものがあっても、使い勝手が悪ければ使えません。寸法なんて、基本中のことなのに。と文句を言ったところでどうにもならないので、おおらかにおおらかに。

|

« 閏年 | トップページ | 今年度最後の参観日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 閏年 | トップページ | 今年度最後の参観日 »