« 内示 | トップページ | うさぎドロップ »

2012年3月17日 (土)

腸脛靭帯

 膝がまだ痛いのでいつもの整形外科へ。診察室に入ると、お医者さんの第一声が「また痛いの?」。はい、痛いのです。靱帯の炎症だから、走っている限り仕方ないと。というわけでロキソニンテープをもらって帰りました。まあ診察代+ロキソニンテープ21枚で1670円なんだから、薬局でちょっと良さげな湿布を買うよりも格安です。

 膝が痛くなることについてネットで調べてみると、ある鍼灸院のページに症状としてビンゴなものがありました。
・腸脛靭帯は膝の外側を通過して脛骨外側に付着。この靭帯がすり合うことで徐々に出現してくる。
・膝の外側に緊張、違和感を感じ、その症状が徐々に灼熱感に変ってくる。
・痛みで走れない状態になるが、休むと楽になる。しかし再び練習を再開すると痛みがでてくる。
・重症な場合、痛み部分の摩擦を軽減するために、膝を伸展位で歩行するようになる。

 原因は走り方とか靴とか路面の状況とかさまざまなものが総合的に入り交じるのでしょうが、結局はオーバーワークです。だから治療法も練習中断が良いとのこと。でも、この程度でオーバーワークになってしまうって、体力ないよなぁ。

|

« 内示 | トップページ | うさぎドロップ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 内示 | トップページ | うさぎドロップ »