« 疲労骨折 | トップページ | 久々の授業 »

2012年6月26日 (火)

造反

 消費税法改正案で民主党の57人が造反しました。この人数が多いのか、案外少ないのかよく分かりませんが、ただただ、何だかなぁという思いです。

 消費税が上がるのはイヤに決まっています。消費税が10%に上がると、10000円のものが5%の時と比べると、税が500円アップします。家とかのデカい買い物ならとんでもない額の消費税を払うことになります。がしかし、何らかの形で税金を取らないと、今は良くても、子どもの世代・孫の世代が間違いなく困ります。

 造反した方は、では、どうやって次世代も安心して暮らせるのか、その財源はどこからもってくるのかを具体的に説明しなくてはいけません。国民の生活が第一なんてキレいごとはいりません。2年前に消費税は上げないと言ったとしても、2年前と状況が違います。無駄を省いてと言いますが、この2年でどれだけのものが省けたのですか。多少省いたところで、大した財源にはなりません。約束を守ることは大事なことです。でもその約束に固持しすぎると、今すべきことを見失ってしまうような気がします。

 だから、代案を示さないと。口で言うだけなら簡単なことですから。

|

« 疲労骨折 | トップページ | 久々の授業 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 疲労骨折 | トップページ | 久々の授業 »