« 豪雨 | トップページ | 政治って »

2012年7月12日 (木)

無念

 滋賀県の中学校の問題で、「いじめ」が改めてクローズアップされています。学校や市教委の対応のまずさがマスコミによって伝えられています。多分、かなりまずかったんだと思います。ただ、この問題をある中学校の一例として考えるのが、もっとまずいと思います。

 学校関係者だけに限らず、すべての人が自分のこととして考えないといけません。過去にも同じようなことが何度も何度もありました。そしてマスコミの報道でその事実を知った私たちは、そのときは「いじめ」の卑劣さを感じるのです。しかし、長続きしないのです。そのときで終わるのです。なぜ、そのときで終わってしまうのか。それは、他人事なのです。だから、批判しかしないのです。学校が悪い、教育委員会が悪い、親が悪いって。確かに悪いんでしょう。でも、やっぱり、「自分ならどうなのか」という立場で考えてみましょう。

 我が子がいじめられていたら、逆にいじめていたら。

 それにしても、亡くなった子、無念だったろうな。

|

« 豪雨 | トップページ | 政治って »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 豪雨 | トップページ | 政治って »