« 浦島太郎 | トップページ | 秋の風 »

2012年8月30日 (木)

国会議員というお仕事

 今の政治がよくわかりません(今だけではないですが)。野田首相に対する問責決議が参議院で可決しましたが、ちょっと前までは消費税のことで、自民党と民主党が仲良しだったのに。公明党は採決を棄権したようですが、いまいち、棄権したり、欠席したりする意味がよく分からないのです。

 国会議員さんって、国民の代表であって、代表として国民の意見をよりよい方向に反映させるのがお仕事のはずです。だから勝手に棄権したり、欠席されても困るわけです。例えば、子どもが勝手に授業を放棄したり、学校を休んだりしたら困るでしょ。しかも国会議員さんは、そういう子どもと違って、お仕事としての国会議員だし、それで給料をもらってるんだから。

 棄権したり、欠席したりって、年休になるのかなぁ。年休じゃなかったら、無断欠勤ということになるのかなぁ。それはまずいでしょ。

|

« 浦島太郎 | トップページ | 秋の風 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 浦島太郎 | トップページ | 秋の風 »