« あきらめましょう | トップページ | パクる »

2012年9月 6日 (木)

予備実験

 研修所の中庭で、ひたすら予備実験をしていました。100円ショップで買ったA4トレイの中で河川氾濫のモデル実験を行います。傾斜角度は取りあえずペットボトルのふたで。大切なことは汎用性ですから。何回か実験を繰り返していくうちに、何となく明るい兆しは見えてきました。最大の難関は水量です。

 平常時と増水時を比較するので、平常時はほぼ崩れないように、増水時は、いい感じで崩れるようにしなくてはなりません。水量が一定になるように、ペットボトルを逆さに固定して、ふたに錐で穴を空けて水を出すことに。平常時は穴一つで、割といい感じに。それに対して、増水時です。いろいろな穴のパターンでやってみました。とりあえず今日の感じでは穴10個がいい感じでした。明日もう一度試してみよう。

 残暑厳しい外でやったので、汗だくでした。でも、こういうのこそ研究って感じがしました。パソコンの前だけでは分からないことですからね。

|

« あきらめましょう | トップページ | パクる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« あきらめましょう | トップページ | パクる »