« 品格 | トップページ | 中学校へつなぐ »

2012年9月26日 (水)

増水の教材づくり

 増水実験で2つの実験道具を用意して、平常時と増水時を比較するようにしていました。これなら実験後2つの比較ができます。ただ、リアリティがありません。というのは、実際の川の流れから急に増水という形にならないからです。そこで、1つの実験道具で平常時の流れから増水するような実験道具を考えました。

 底を切った2Lのペットボトルの中に、これまた底を切ったアイスコーヒーの900mLのペットボトルを入れます。いわゆる二重構造です。中のペットボトルを宙づりになるように針金で外側のペットボトルに止めます。中のペットボトルにはふたに穴を1つ、外のペットボトルには穴を8つ開けます。これで完成です。基本は中のペットボトルに溢れないように水を入れます。すると穴1つ分の平常時の水量が出ます。増水時は中のペットボトルに水をたくさん入れて溢れさせます。そうすると溢れた水が直接8つ穴のふたへ向かいます。というシステムです。

 これで実験してみました。そこそこ良い感じでした。こういう授業に関わる教材づくりって楽しいですね。ただこれはあくまでも支援の1つです。大事なのは授業の中身です。

|

« 品格 | トップページ | 中学校へつなぐ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 品格 | トップページ | 中学校へつなぐ »