« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

10月も終わり

 所用があって勤務終了後、学校へ。高速で1時間ほどかかります。何度かこのパターンで学校へは行ったのですが、暗い時間帯に行くのは初めて。というか、時間帯は同じなのですが、暗いのです。考えてみれば、今日で10月も終わりですもんね。日に日に夜の時間が長くなっています。

 それにしても怒濤の如く過ぎ去った10月でした。まあ、終わったからそう思えるのであって、実際には1日1日がものすごく長く重たかったのですが。でも、そういう日々を過ごせるのって、本当は幸せなことなのでしょうがね。

 さあ、11月もがんばりましょう。

| | コメント (0)

2012年10月30日 (火)

カーボローディング

 日曜日のフルマラソンに向けて、カーボローディング中です。とはいえ、夕食のご飯を多少減らしているだけなので、まあカーボローディングのまねごとのようなモノです。ただのテンションを上げるための手段です。カーボローディングはレース当日までの1週間の前半に炭水化物の摂取をかなり減らして、後半に一気にため込むという方法もあるようですが、そんなことをしたら、エネルギー不足で当日までに倒れてしまいます。まあ木曜日あたりから炭水化物の量を増やしてグリコーゲンを蓄える必要はありますが。

 だいたいマラソンは体重×距離分のカロリーを消費するそうです。僕の場合、64×42になるので、2700kcal位になるのでしょうか。人間が蓄えられるグリコーゲンが最大2000kcalらしいので、蓄えを失うと車でいうとガス欠になるわけです。まあ、そこでストップですね。だから事前に炭水化物というガソリンを多少蓄積しておく必要があります。

 ただ、しなくちゃいけないことが山積みで、思うようにテンションも上げられないのですが。多分、金曜日の夜くらいから本格的にテンションを上げるようになるんでしょうね。

| | コメント (2)

2012年10月29日 (月)

ハムストリングス

 最近、走ると太ももの裏が痛くなります。このあたりの筋肉はハムストリングスと呼ばれるそうです。土日に走ると、たいてい月曜日までこのあたりの痛さが響きます。ロキソニンテープを貼っていますが、慢性的な痛みになっています。

 このハムストリングスが痛む理由は、おそらく筋力不足なんでしょう。毎日そこそこ鍛えているつもりですが、ハムストリングスの場所は忘れ去られがちです。しかし、この場所が膝にも関わってくるので、重要な筋肉です。

 多分、日曜日も痛むでしょう。おそらく10kmにいかない早い時点で痛み始めると思います。問題はそこからです。たいてい痛みが麻痺してくれるのですが、痛みが続くと走るリズムがおかしくなります。

 あと5日かぁ。まあ、今から何か新しいことに取り組むよりかは、いつも通り過ごそう。いつも通り過ごすってのも結構難しいことだし。

| | コメント (0)

2012年10月28日 (日)

記載ミス

 横浜市教育委員会が、通知表を児童・生徒に渡す前に、保護者らに内容を確認させるよう、学校に指示していたそうです。なぜこんなことをしたかというと、「通知表の記載ミス防止のため」だそうです。今年7月2日付に各学校に通知。誤記載防止の大切な方策として、事前確認を「必ず行う」よう求めたそうです。結果、保護者からの成績に関する苦情などが相次いだようですが。

 この記事を読んで、率直に思ったことが2つあります。1つは、事前に見たら面白くないんじゃないのかなぁということ。そしてもう一つが、そんなに記載ミスってするのかなぁっということ。

 まず1つ目のことですが、まあ、いずれ近いうちに保護者に通知表を渡すことになるので、大したことないのかもしれませんが、通知表をもらうときのドキドキ感が欠けるでしょうね。で、保護者からの苦情が多いということは、事前に配られるのはコピーしたモノだから、正式なモノではないので、『重み』が減るからでしょうね。保護者も苦情を言いやすいんでしょうね。

 もう1つの記載ミスですが、どうも1/4の学校で記載ミスが見つかったそうです。パソコンでの記載だからでしょうね。手書きなら、そんなにミスはしないでしょうから。パソコン入力をするのは教員の仕事軽減のためです。ミスしたらもっと仕事が増えるのに。でも、通知表を作ったら、同学年や教務・教頭・校長とか様々な先生が目を通すので、記載ミスもたいてい気付くだろうに。もちろん、人間だからミスはありますが。

 横浜市教委は、今後も続けるかどうかは検討するそうですが、どうなんだろう。何だか、市教委と学校と保護者の歯車がかみ合っていないシステムのような気がしますが。

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

ペース

 土曜日なので走ります。がしかし、今日は自治会の掃除の日。溝掃除と草抜きで準備運動。そしていざ出発。小雨が降っていましたが、心地よい湿り気でむしろ走りやすかったです。

 だいたいキロ5分を想定して走っています。ここ最近の走る距離は16.1kmなのですが、だいたい80分前後でゴールします。途中5kmごとにタイムを取りますが、5kmが24分台、10kmが49分台とだいたいイーブンペースです。問題はこのペースでどこまで保つかです。

 何度か25kmを走りましたが、このときは20km以降が完全にヘロヘロでした。42.195kmをある程度一定のペースで走るためにはキロ5分はきついかなぁ。とはいえ、前半からキロ5分30秒位に落として走ったとしても、後半はもっと落ちそうだし。キロ5分くらいのペースが16km程度の距離なら割と心地よく走れてはいます。まあ、キロ5分30秒のペースでずっと走りきることができればサブ4が見えてはきます。どうしよう。

 本番まであと一週間です。

| | コメント (0)

2012年10月25日 (木)

171

 そういえば、昨日までの人間ドックで、やや衝撃的なことがありました。身長です。僕の身長は170cmと思い込んでいます。ただ、正確に言えば四捨五入をするとです。もちろん四捨の方ではなく、五入のほうですが。で、今回、病院での身長測定です。病院というネームヴァリューが付くので、ある程度、正確な身長が測られると思われます。まあ、ある程度ですが。

 身長を測る測定器は自動で上からストッパーが落ちてくるシステムです。そのストッパーが不意に落ちてきて、頭にガンって当たるから、思わず「痛て!」と声が漏れました。測定担当の方がいかにも「この人、大袈裟だなぁ」って感じで見ています。確かに大袈裟でした。で、測定された数値が何と「170.6cm」でした。ビックリです。確実に170cm未満と思っていたのに、かなりのオーバーです。というか、四捨五入すれば171cmになります。

 これから身長を尋ねられたら、171cmって言おうっと。

| | コメント (0)

2012年10月24日 (水)

人間ドック

 初「人間ドック」を経験してきました。まあ、1年生が生活科で学校探検をしますが、その病院版とでもいった感じでしょうか。様々な検査場所で検査します。いろいろありすぎて、何をしたのかすべてが思い出せません。とりあえず大量に血を採られました。その他といえば・・・。

 目の検査では、お医者さんに「目をしっかり開けないと」って怒られてしまいました。こんなに目を見開いているのに。僕の目はこれ以上開きません。腹部のエコー検査もしました。お医者さんが謎の道具でおなかをぐりぐりしながら、「息を大きく吸ってぇ~、そこで止めて」の台詞を繰り返します。こそばくて笑うのを必死に耐えていたので、なかなか息が吸えません。途中、吸ってんだか、吐いてんだか、わからなくなってしまいました。そして最後の最後に胃の検査です。過去に受けた検査は移動車内での検査でした。ここは病院なので、バリウムを飲まなくてもよい最新の検査があるのではないかって勝手に期待していたのですが、普通通り、ゲップを我慢するものを飲んだ後、バリウムを飲むいつものパターンでした。何であんなにバリウムの量って多いんだろう。

 それにしても貴重な経験でした。健康第一ですからね。 次は10年後です。

| | コメント (0)

2012年10月22日 (月)

気持ちよい痛み

 だいたい慢性的な筋肉痛なのですが、今はちょっぴり刺激的な筋肉痛です。土曜日のマラソンが応えた感じです。とはいえ、昨日も16km走ったのですが。筋肉痛の場合、同じことをすれば治るという勝手に信じています。がしかし、変化なし。痛いままです。

 まあ、そのうち治るんでしょうが。でも、最近、筋肉痛が気持ちよくなっているところもあります。

| | コメント (0)

2012年10月21日 (日)

トイレトレーニング

 まさか39になって、トイレトレーニングをするとは。というのも、今週、人間ドックがあるのですが、便を採取してもっていく必要があります。いわゆる検便というやつですね。で、その便の取り方なのですが、トイレの水がたまっている部分に便を水没させてはいけないのです。和式トイレならば難なしですが、洋式は難ありです。マニュアルには洋式でも和式のように逆向きに座ります。で、水がたまっていない部分にティッシュを敷き、そこにうまく便を落とすというようです。

 我が家のトイレは2つ有るのですが、1つはトイレそのものの機能上、水がたまっていない部分がありません。だからこれではできません。もう1つの方は、かろうじて水没していない部分があります。しかし、左サイドにウォシュレットのボタンとかを押すものがあるので、逆向きに座る場合、それをまたいで座るようになります。しかし、またがないと水没しない部分に便ができないので、かなり股を開いた状態で、用を足すようになります。実に不思議な格好です。

 実際にやってみると、まあできるのはできるのですが、さらに難はこの後です。どうやっておしりを拭くのかとか、どうやって便を採取するのかとか、さまざまな諸問題が発生するわけです。

 他の人もこんなに苦労しているのかなぁ。

| | コメント (2)

2012年10月20日 (土)

10kmの大会

 5ヶ月ぶりにマラソンの大会に。10kmです。2週間後のフルに向けての調整とでもいいましょうか。そこそこ人気のある大会のようで1200人がスタート地点に並びました。ということで、号砲からなかなか前に出ることができません。インベーダーゲームのインベーダーのように右へ左へと動きながら進路を探します。最初の2kmまでこんな感じでした。だから走っているという感覚がありませんでした。2kmを過ぎて、ようやくばらけ始めてきました。3kmの地点で時計を見ると14分50秒台。かなり遅いです。少しペースを上げることに。

 このコースは初めてなのですが、ほとんどがアップダウンで上っているか下っているかです。調子に乗ってペースを上げてしまったモノだから、坂を上りきった後、ガクンと疲労がやってきました。早くも燃え尽き気味。まだ半分近くあるのに。そのまましばらく粘っているとそこそこ体が回復してきました。で、最後はギアを上げることができました。やけに走る気になってしまい、ターゲットを決めて、絶対にこの人を抜いてやるって気持ちで走っていました。ということで最後は良い感じでゴール。ただ45分49秒と、過去に出た10kmの大会では最低の記録です。でも、順位はそこそこ良い感じでした。

 今回は誰かに付いていくといった行動を全くすることなく、ひたすら自分のペースで走りました。だから前を走る人をガンガン抜いていきました。だから逆に途中ガンガン抜かされたのでしょうが。何だか浮き沈みの激しい人生模様そのものです。まあ10kmだからこういう方法がとれたのでしょうが。2週間後のフルに向けて、とにかく「ゆったりゆったり」を意識して走るようにしないといけません。でないと後半ギアを上げるどころか、ガス欠になります。

 とはいえ、やっぱり普段1人で走る練習と違って、大会はおもしろいです。実に刺激的です。

| | コメント (0)

2012年10月19日 (金)

飲みを抑える理由

 週末です。飲んだくれたいところです。がしかし、飲みを抑えなければならない事情が2つ。
 ①来週、人間ドックがある。
 ②明日、マラソン大会がある。
 ①に関しては、まあ、普段通り(?)というわけにもいかず、一応、暴飲は避けなくてはならないところです。曲がりなりにも検査ですからね。②に関しては、スタートは15時過ぎだし、10kmなので、大した影響はないのでしょうが、やはり万全の体調で臨みたいですからね。

 ということで、350ml1本とものすごく小さなコップで焼酎の水割り1杯で金曜日にかかわらず抑えました。まあ、ある意味常識的なことなのでしょうが、この常識を受け入れるには、結構勇気がいります。大人なのに、情けない。

| | コメント (0)

2012年10月18日 (木)

まとめる準備運動

 授業を終えてしまったので、研究をまとめる段階に入っています。がしかし、まとめるといっても何をまとめりゃいいのか、ちんぷんかんぷんです。過去の長研の方のまとめたものを見ているのですが、実にお見事です。こんな感じにどうすればよいのやら。

 とりあえず集計したアンケートを1人ずつ個別に見ていきました。全体で見るのと個別に見るのとでは違うモノです。だいたいアンケートというモノは全体の傾向を見ることが多いですが、大切なのは個別です。最近のいじめ問題で学校でもやたらとアンケートをとるようですが、このアンケートは特に個別重視でないと。傾向を知ったところで役に立ちませんから。

 1学期の分と2学期の分と、アンケートやらノートやらワークシートやらビデオ映像やらとまとめるのに必要な資料はそこそこあります。でも一番必要なのは、「よし、こうやってまとめていこう!」というひらめきなんでしょうけどね。ひらめく運を待つよりかは、ひらめくように努力した方が速いのかな。

| | コメント (0)

2012年10月17日 (水)

人口が増えるインド

 インドで96歳の方に第2子が誕生し、世界最高齢の父親になったそうです。最近、海外から届く話題は暗いものが多かったので、ある意味、明るいニュースなのかなぁ。それにしても、この子が4歳になったときに100歳を迎えるんだから、一般的なら曾祖父のさらに上の曾々祖父くらいの存在なのかもしれないけれども。

 インドは中国の次いで世界で2番目に人口が多い国です。約12億人います。人口増加率がかなり高く、毎年1000~1500万人ずつ人口が増えているようです。この勢いなら2030年代には一人っ子政策の中国を抜いて世界一人口の多い国になる可能性が高いです。

 その頃、今日ニュースで話題になった赤ちゃんは20代に。そしてお父さんは120歳くらいになっていますね。そして、その子に新たな命が誕生したら、120歳で孫誕生ってことになりますね。

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

もう最後の授業

 勤務校へ。授業をしに行きました。今日で流水の働きの授業は最後です。つまり、今回の授業で何とビックリ今年度最後の授業になってしまうのです。何か感慨深いものがありつつ、結局、ごく普通の理科の授業をしました。

 僕が今年度行った授業数は1学期に6回、今回が8回の合わせて14回だけです。まるで教育実習生のようです。まあ、授業にかけるエネルギーから考えれば、実習生と似たような面がありますが。

 次に授業をするのは、もう来年度の4月です。4月を良い形で迎えるためにも、今から研究をしっかりとまとめていかないと。 

| | コメント (2)

2012年10月15日 (月)

個人情報

 一家団欒中に電話が。おそらく何らかのセールスです。10秒くらい手短な説明の後、「お宅は一戸建てでしょうか?」って。なぜゆえ、あなたに個人情報を教えなくてはならないのかと思わず「それって答えないといけないのでしょうか?」って語気を荒めて言ってしまいました。そういう言い方をしちゃいけないのは分かっているのに。反省。穏やかさをなくしているときは、心が病んでいるのです。それを表に出してはいけません。

 それにしても、電話をかけてきた人は、どこかから我が家の電話番号を仕入れたわけです。どこで仕入れるんだろう。そういえば、最近、「当選しました」というベタな謎のメールがめったに活用されない僕の携帯にやたらやってくるし。どこかに個人情報が落ちているのかなぁ。

| | コメント (0)

2012年10月14日 (日)

モチベーション

 日曜日なので朝から16km走りました。心地良い疲労です。その後、あるお祭りで娘たちのダンスがあるので会場まで連れて行きます。娘たちのダンスは12時からの予定でした。がしかし、なぜかプログラムがいろいろと入れ替わって、12時20分くらいから行うことに。このプログラムの変更は、おそらく“大人の都合”です。とはいえ、子どもたちは12時開始ということでモチベーションをその時間に合わせていました。だから、時間が経つごとにモチベーションが下がり始めるわけです。だんだんダラ~っとしてくるわけです。

 だいたいのことがそうですが、開始時刻に合わせてモチベーションを高めていくモノです。その時間に「よしっ!」という気持ちがMAXになるようにするものです。それがズレると、MAXの状況を維持するのが難しく、下がる一方です。変更が事前に分かっていれば立て直しはききますが、その場で言われても困るわけです。まあ、突然の変更なんてよくあることですがね。それに対応できる心も必要なんでしょうけど。

 というわけでもないですが、昼からビールを飲むことに。昼ビールってものすごく至福です。何だかよく分からないモチベーションが一気に高まります。

| | コメント (0)

2012年10月13日 (土)

便意

 ここ最近、休みの日は16km走っています。長すぎず、でも1時間以上は走りたいということでこの距離を。キロ5分だったら80分間走ることになりますから。ということで、本日も走ります。今日は昨日授業が終わったせいか、思いの外快調です。10km地点で47分台でした。今までの最高記録が出そうなくらいのペースです。

 そのペースのまま残り3km位まできました。このあたりから、どうもお腹の調子が変に。明らかな便意です。まあ、この方が早く家に戻らないといけないので、かえってペースが速くなるんじゃないかって呑気に構えていました。そして残り2km位になって、便意レベルが一気に上昇。危険領域に達しました。さっきコンビニがあったのにって後悔。かなりまずい状況です。おしりの筋肉を締めながら走っていたのですが、限界に達しました。そろりそろりと歩くことに。すると目の前にパチンコ屋さんが。ありがたきパチンコ屋さん。でもあと100mくらいあります。そろりそろりとパチンコ屋さんへ。この姿、明らかに不審な動きだったでしょう。

 ようやくパチンコ屋さんにたどり着き、そろりそろりとトイレへ。何とかセーフでした。何だかトイレだけ借りて申し訳なく、少しくらいパチンコをしていこうかとも思ったのですが、だいたいお金を持っていないので、そのまま退散。

 でも走っていて便意を感じるのは初経験です。本番も長い時間走るわけで、こういうことがあるかもしれません。こういう場合は、変にタイムを気にするよりも、まずはきちんとした場所で出すもの出さないと。という経験ができたという意味でも今日の走りは良かったです。

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

本番

 本番の日です。にもかかわらず、独特の緊張感というモノがありません。不思議な感じです。そして、授業スタート。ギャラリーは50人といったところでしょうか。狭い理科室を埋めつくしていました。前任校でお世話になった先生方もいました。何だか、ちょっぴり嬉しかったです。

 不思議な感じでした。1年前まで参観日ですら理科の授業をしたことがなく、人前で見せる理科の授業をしたことがないのに、今、こうやって市内の先生方や県・市教委の先生方の前で理科の授業をしているのです。過去に何度か、人に見せる授業はしてきました。見せるには見せるなりのそこそこの自信があったわけですが、そういう自信なんてモノはありません。でも、今年度は理科の研究員という立場です。おもしろいくらい不思議です。そして、この立場にさせていただいたことに本当に感謝です。

 反省すべきところは山ほどあるのですが、とりあえず終わってしまいました。やっぱり授業っておもしろいです。願わくば、自分のクラスで授業がしたかったです。授業って、結局のところ、学級経営が大きく左右するように思うので。今回、授業をさせていただいているクラスの先生はかなり立派な方々なので、授業はしやすいです。でも、僕は担任ではないので、やはり距離を感じます。

 いろいろと思うことはありますが、一仕事終わったので、めでだしめでたし。ビールをたらふく飲もうって思っていたのですが、何だか少し飲んだだけで満足してしまいました。まあ、少しといっても、そこそこは飲んだのですが。

| | コメント (0)

2012年10月11日 (木)

不思議な気分

 いよいよ明日が本番です。そこそこたくさん人が来られます。比較的狭い理科室の人口密度はかなり高くなるでしょう。でも、何だかものすごく緊張しているというわけでもありません。むしろ、平常です。これは自信があるとか、そういうモノでもありません。何だろう、不思議な気分です。まあ、明日の授業が近づけば、そこそこ胸の鼓動が速くなるのかもしれませんが。

 「明日飲むビールは美味しいだろうなぁ」とか、「土曜日走るのは気持ちよいだろうなぁ」とか、そんなくだらないことばかり考えています。ある意味現実逃避なのかなぁ。とはいえ、明日授業を公開するのが現実です。

 さあ、どうなるのだろうって、客観的に自分を見ている自分が不思議なことにニタニタと喜んでいます。

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

さあ、

 久々に研修所へ。まあ、久々というか、3連休があって、昨日勤務校に行ったので、4日ぶりですが。いつものように朝はローカルFMのラジオを聞きながらの出勤です。ローカルなので、エリアから離れると聞けなくなります。だいたい聞けなくなる場所は決まっています。聞けなくなったら、ちょっぴり心のスイッチが入ります。「さあ、がんばるぞ!」って。

 次に研修所に行くときは、一大イベントが終わっています。いよいよです。「さあ、がんばるぞ!」って、ちょっぴりではなく、全開でスイッチ入れないと。

| | コメント (0)

2012年10月 9日 (火)

特殊な生もの

 勤務校へ。授業をしに行きました。今回も5年生の2クラスで授業をします。同じ内容です。しかし、子どもの反応は違います。反応によって発問や指示を変える必要があります。授業はある意味、「生もの」です。ある程度の想定は必要ですが、想定外のことが起こることもあります。どういう手法で今日の授業のめあてに導くかが鍵なんでしょうね。

 ただ担任しているクラスではないので、イマイチ読めないところがあります。それがかえって良いという面もあるかもしれません。まあ、置かれた状況下で最高のパフォーマンスをすることを心がけるごとなんでしょうね。

 授業や楽しいですが、やはりこういう「特殊な」授業はエネルギーを使います。まだ8時半なのに、すでに眠いです。

| | コメント (0)

2012年10月 8日 (月)

どうでもよい思考

 3日連続で16.1kmを走ることに。そういえば昨年のこの3連休も3日連続で走っていました。ただ、昨年は膝痛のリハビリ走でしたが。

 基本的にキロ5分のペースで考えて走りました。1日目が81分3秒、2日目が80分21秒でした。となると、密かなもくろみとして、今日は80分切りを目指すわけです。とはいえ、あんまりガンガン行くと(ガンガンは行けませんが)後半ヘロヘロになります。ここ2日は、後半しっかり走れたので、今日も後半しっかり走ること意識して。

 最初の5kmがここ2日より30秒速いタイムでした。多少ペースを上げた感はありましたが、このままペースを維持できれば80分切りが見えます。10kmのタイムも昨日より30秒速いタイム。つまり、この5kmはここ2日と同じペースということです。そして最後の6kmです。

 走っていると、いろいろなことを考えます。あと何kmとか、今は坂だとか、走っていることに関わることを考えているとしんどいのですが、走っていることと全く関係のないどうでもよい思考をしているときは、気づいたら結構前に進んでいたということが多いです。だから、走るきつさを感じていません。このどうでもよい思考というのは、なかなか大事なことで、これが心のリフレッシュになっているのではないかと感じています。普段の生活で、どうでもよいことなんてあんまり考えられるほどゆとりがないですからね。がしかし、そのどうでもよい思考をしていたということに気づいてしまってからはきつくなるのですが。

 結局、79分35秒でゴール。80分切れました。多分、どうでもよい思考の時間が長かったのでしょう。

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

昨日に引き続き

 今、走ることによって心の安定を図っているところがあります。走っている最中、走り終わったあと、かなりスッキリします。走っている間は、モヤモヤしたことを考える余裕が生まれないし、走り終わったあとは、達成感で満たされるからです。

 ということで、本日も走ることに。昨日と同じ16kmを。昨日走ったので、若干脚に疲労が残っていますが、まあ問題のない範囲です。最初の5kmと10kmのタイムが昨日とほぼ同じ。見事なほどのペース配分です。そして最後の6km。ここからしばらくだらだらと上り坂が続きます。上り坂なので苦しくなるのですが、苦しくなったときこそ、踏み出す足を強くって念じながら走ります。結果的に昨日よりも40秒速くゴール。後半しっかり走れました。

 しなくてはならないことがたくさんあるのですが、とりあえず走っています。心が安定しないと、何をやっても中途半端になりそうなので。

| | コメント (0)

2012年10月 6日 (土)

1ヶ月切る

 とうとうフルマラソンまで1ヶ月を切りました。本当は長い距離を走って慣れるべきなのでしょうが、ケガが怖いのでいつも通り16kmを。最近は、走り始めて30~40分経った頃から太ももの裏の膝に近い部分が痛み始めます。ここが痛むのは諸説あって、スピードに乗った走りができているというのもあるし、筋力不足というのもあるし。まあ、そんなものでしょう。

 痛みはそのうちひいていくというか、その痛みに慣れていきます。ここ最近、走るときに心がけているのは一定のペースで走ることです。今はキロ5分でずっと走ることを心がけています。最初の5kmが25分ちょうど。10kmが49分30秒と理想的です。でも、だいたいここから崩れるパターンが多いです。でも、今日はわりと後半しっかりと走れました。結果的に81分だったので、ほぼキロ5分ペースというところです。でも、実際にはこの2.6倍くらい走るわけです。5分20秒くらいのペースになるのかなぁ。

 ちなみに、長研としての公開授業が1ヶ月どころか1週間を切りました。こんなにお気楽でよいのだろうか。

| | コメント (0)

2012年10月 5日 (金)

久々

 電話から聞こえる最初の声にビビッとしました。新採の頃、お世話になった先生からです。もう16,7年前のことなんだけれども、一瞬によみがえりました。同窓会の件でした。それにしても、ものすごく久々です。

 今の僕がいるのは、新採の時にお世話になった先生方にお陰です。これはかなり間違いのないことです。僕はかなり運が良いです。かなりすてきな方々と同学年を組むことができましたから。

 あの頃、お世話になった先生方の年齢よりも、現在の僕は年をとっています。ん?今のままで良いのだろうか。

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

独特

 久々に授業をしました。3ヶ月ぶりです。独特の緊張感があります。というのも、自分が担任しているクラスではないからです。しかも、ずっと学校現場にいて、学校という独特の流れに乗っている状態で授業に入っていくわけではないので、独特の“カン”のようなものが完全に薄れています。だから笑いをとろうとか、テンポとリズムとか、何だか普段の授業なら当たり前に取り入れるだろうなというところが抜けています。悲しい・・・。

 授業って、指導案通りに流すというよりも、独特の学ぶ雰囲気を作り上げて、その中に子どもたちを巻き込んでいくといった感じがあります。そこには先生と子どもたちが築き上げてきた人間関係が必要です。だから、僕の場合、限られた時間の中でどれだけ人間関係を築けるかがポイントなんですがね。でも、そこまで頭が回らず、やるべきことをこなすことで精一杯で。だからゆとりがなくて。

 でも、授業をしているときは楽しいです。学校の先生という独特の仕事をしている感じがします。

| | コメント (0)

2012年10月 3日 (水)

実験セット完成

 明日から勤務校へ度々行くことになるので、予備実験も終了することに。現時点で考えられるすべての要素を盛り込んだ増水実験セットが完成しました。研修所の中庭に積み上げられた砂がちょっと誇らしげです。こういう場所に来ない限り、ここまでの予備実験は絶対にしなかったことです。

 今までの僕なら、他の人から、こうしたらと言われても、あまり聞く耳を持ちませんでした。人の考えを受け入れる度量がなさ過ぎたのです。ただ、今、勤務している場所柄もあるのでしょうが、とりあえずいただいたアイデアは取り入れてみるようにしています。取り入れた結果、納得のいくものができました。

 狭い考えでは見えないことがたくさんあります。見えないままではもったいないです。

| | コメント (0)

2012年10月 2日 (火)

脳の勘違い

 メルマガ「夢を実現する今日の一言」の本日分、
 『限界と思ったら、まだできる
  だって脳が勘違いしているだけだから』

 ちょっと耳が痛い・・・。核心を突かれてしまった感じです。限界と感じて、諦めてしまったいるんですね。本当はもっとできるのに。脳を勘違いさせているのは、自分の心の弱さ。

 本当は脳も分かったいるんだろうけど。分からないふりをしてくれているだけなんだろうけど。情けないなぁ。

| | コメント (0)

2012年10月 1日 (月)

護岸工事

 ここ最近、研修所に行くたびに予備実験をしています。おそらくもう100回はやっています。少しずつバージョンをアップして実験します。今日は護岸工事(?)を加えました。ホースで作ったS字の川をA4トレーに置きます。これはいつものパターン。そのあとホースに沿って、細ぉ~くした粘土を置いていきます。ホースに沿っておくだけなので、重労働ではありません。汎用性OKです。そしてその上に砂をかぶせます。ここからの工程はいつもと同じです。

 実際に水を流してみると、さすが護岸工事です。平常時の水の量では、土が削られる量が格段に減りました。そして増水すると上の土が削られるので、侵食される様子や浸水する様子がよく分かります。なかなかのヒットです。

 未だかつで、教材(教具?)研究に、ここまで情熱を注いだことはありません。まあ、研修という立場だからできることかもしれませんが。逆にいえば、この機会にできることはどんどんやらないともったいないということですかね。

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »