« 10kmの大会 | トップページ | 気持ちよい痛み »

2012年10月21日 (日)

トイレトレーニング

 まさか39になって、トイレトレーニングをするとは。というのも、今週、人間ドックがあるのですが、便を採取してもっていく必要があります。いわゆる検便というやつですね。で、その便の取り方なのですが、トイレの水がたまっている部分に便を水没させてはいけないのです。和式トイレならば難なしですが、洋式は難ありです。マニュアルには洋式でも和式のように逆向きに座ります。で、水がたまっていない部分にティッシュを敷き、そこにうまく便を落とすというようです。

 我が家のトイレは2つ有るのですが、1つはトイレそのものの機能上、水がたまっていない部分がありません。だからこれではできません。もう1つの方は、かろうじて水没していない部分があります。しかし、左サイドにウォシュレットのボタンとかを押すものがあるので、逆向きに座る場合、それをまたいで座るようになります。しかし、またがないと水没しない部分に便ができないので、かなり股を開いた状態で、用を足すようになります。実に不思議な格好です。

 実際にやってみると、まあできるのはできるのですが、さらに難はこの後です。どうやっておしりを拭くのかとか、どうやって便を採取するのかとか、さまざまな諸問題が発生するわけです。

 他の人もこんなに苦労しているのかなぁ。

|

« 10kmの大会 | トップページ | 気持ちよい痛み »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

とりあえず成功しました。ただ、採取した便を入れる位置を間違えてしまい、かなり困りましたが・・・。

投稿: パパ | 2012年10月23日 (火) 07時53分

ウォシュレットの操作ボタンがあると逆向きはかなり困難です。便器のもっとも前の方部分に水溜めがない部分があるので便座の最前部に座り便座すれすれの位置に発射口を持っていき用を足します。うまいことしないと便が斜面部分を下って水没します。また、大物が出ると重みで水没するのでなるべく」可能な限り小さい状態で排出する努力をしています。

投稿: とーる | 2012年10月22日 (月) 06時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 10kmの大会 | トップページ | 気持ちよい痛み »