« コメディードラマ | トップページ | ゴミ忘れ »

2012年11月22日 (木)

絵に描いた餅

 新聞やニュースでの報道で衆議院選に関するモノが増えだしてきました。もう3週間後には選挙ですからね。各党、いろいろな意味で必死でしょう。とはいえ、その各党の各が多すぎて、何のこっちゃよくわかりませんが。それに、くっついたり、離れたり、芸能人のゴシップ記事のようで滑稽です。まあ、当の本人たちは至って普通(?)の感覚なのでしょうが。

 脱原発やら、消費税やら、TPPやら、様々な解決すべき事案があります。僕も今イチよく分からないのですが、3年前の政権交代のときに有権者は分かったはずです。口で言うのは簡単であることを。確かに原発はない方が良いに決まっています。では、電力はどうするのか。確かに消費税は増えない方が良いに決まっています。では、財源はどうするのか。そこを説明しないと。そういえば、政権交代の時も、事業仕分けとかすれば、財源は確保できるなんていっておきながら、結局、確保できずでした。26000円の子ども手当をかなり期待した家庭も多かったでしょう。我が家も2人いるから52000円も1月に入るなんてって、夢心地だったのに。きれいごとは誰だって言えます。それが絵に描いた餅では、詭弁になります。

 少子高齢化社会から目を背けてはいけません。根本的にお金がないのです。今だけではなく、これから先もないのです。では、どうやって財源を生み出すかを現実的な問題として考えないと。何だか、今より、娘たちが大人になった時が心配だから。

|

« コメディードラマ | トップページ | ゴミ忘れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コメディードラマ | トップページ | ゴミ忘れ »