« 冬の空 | トップページ | 冬至 »

2012年12月20日 (木)

10円事件

 お地蔵さんの前に供えられた賽銭10円を盗んだとして、窃盗罪に問われた方に対する控訴審の判決公判が開かれました。控訴審です。何と10円で高裁です。そこで、地裁の判決は懲役1年8ヶ月だったのですが、量刑が重すぎると破棄。まあそうだろうと思ったのですが、その上で、10円とはいえ現金、刑事責任は軽視できないと、改めて懲役1年の実刑判決が言い渡されたそうです。執行猶予なしです。

 この裁判官のおっしゃることは間違いないです。その通りです。がしかし、10円の窃盗罪で1年の実刑となれば、かなりの日本人が刑務所に入らなければならないことになるのではないでしょうか。最近話題のペニオクの詐欺事件に関与した芸能人なんて、無期懲役くらいの扱いになってしまいそうな勢いです。

 「踊る大捜査線」で、「事件に大きいも小さいもない!」という台詞がありました。まあ、10円の事件も10件は事件です。犯罪です。でもねぇ・・・。

 ただ、こういうネタは、朝の会でのクラスの子どもたちに語る話としては、格好のネタですけどね。

|

« 冬の空 | トップページ | 冬至 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冬の空 | トップページ | 冬至 »