« 胸が痛い | トップページ | ししゃものお腹 »

2012年12月14日 (金)

客観的

 長研の最後のまとめは研究論文を書くことです。まあ、この1年、とにかく文章を書いてきました。そして、ひたすら訂正してきました。ただ、39年生きてきた人生の中で、書いたことのない質の文章です。何と言いますか、没個性とでも言いましょうか。そりゃそうです。論文ですから、主観ではなく、客観が求められますから。

 客観的な文章なので、客観的なデータが必要になります。そのデータから客観的に分析をして、客観的な結果を示す必要があります。個人的な主観は、特殊な存在で、一般的ではないのです。

 長い人生の中で考えれば、こういう文章の書き方に触れるということも、多少なりともプラスに働くのだと思います。でも、自分自身の持ち味を出すエッセイのような文を書くことが好きだし、教える子どもにも、そのように書くように求めてきたのに。

 とりあえず、目を閉じよう。

|

« 胸が痛い | トップページ | ししゃものお腹 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 胸が痛い | トップページ | ししゃものお腹 »