« 見通し | トップページ | 安堵 »

2013年3月 5日 (火)

幸せの時間とBPOと私と

 「幸せの時間」という昼ドラがBPOからやり玉に挙げられているようです。要は性表現が過激すぎるとのこと。このドラマ自体見たことがないので、どの程度のものか分かりませんが、BPOに所属するある程度放送倫理に目の肥えた人たちがそう判断したのでしょう。視聴者からは「子どもが見る可能性がある」との批判があったようですが、この時間、子どもは学校だろうなとも思うのですが。

 そういえば、昔(?)と比べてテレビで濡れ場のようなシーンを見ることがなくなったような気がします。まあ、そんなにテレビをガッツリ見ているわけではないので、もしかしたらそこそこあるのかもしれませんが。こういう性的シーンの類はBPOの「青少年委員会」という部署が担当しますが、この類には結構厳しくなったように思います。やはりテレビは映画を見るとかDVDを借りてきて見るといったお金を払って見るというものではなく、ただ垂れ流されているモノですからね。

 でも、流す方にも問題はあるのでしょうが、見る側にも責任はあると思います。見たくなければ見なければいいし、子どもに見せたくなかったら、見させなければよいだけのことです。テレビで見なくたって、インターネットを活用すれば、ボタン1つでBPOがたまげるような性表現は至るところに転がっているのですから。

 情報化社会に私たちは生きています。そこには必要な情報以外のモノの方が明らかに多いです。そして、害になる情報も山ほどあります。だからこそ、その情報を選ぶ側の私たちが、正しい選択をする力をつけなくてはならないと思います。

|

« 見通し | トップページ | 安堵 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 見通し | トップページ | 安堵 »