« エビスロング缶 | トップページ | 梅の花 »

2013年3月29日 (金)

中学生も脱法ハーブ

 厚生労働省が発表した「脱法ハーブ」などの薬物に関する中学生の使用状況。無作為に選んだ全国235の中学校にアンケート用紙を配布したところ、回答した5万4486人のうち脱法ハーブなどの薬物を使用したことがあると答えた生徒が120人。これは正直に答えた人の割合なので、実際にはもっと多いのかもしれません。ただ、少なくとも言えるのは、中学生にも蔓延しているということです。

 おそらく入手経路は、インターネットか友人でしょう。興味本位というか、何となく背伸びしたい年頃でもあります。そして、善悪の判断がきちんとできていない年頃でもあります。なのに、情報だけは猛烈に氾濫しています。手を出してしまいそうな状況が整っています。

 情報を遮断しようとしても、大人よりも子どもの方が情報機器の操作に長けています。だからこそ、子どもたちにやっていいことといけないことをきちんと教えないといけなんだと思います。そのためにも大人は子どもよりも一歩前を歩まなければなりません。

 負けるな大人! 

|

« エビスロング缶 | トップページ | 梅の花 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« エビスロング缶 | トップページ | 梅の花 »